ビアフライト。

「おうちでビアフライトセットはいかがですか?」という宣伝メールが来た。ビアフライトってなんだ?Flightか?Frightか?そもそもほんとに英語なのか?と思って「Beer F」まで入力したら、ブラウザが勝手に「Beer Flight」ってコンプリートしてくれた(´・_・`)チェッ…
In a nutshell, a beer flight is a number of small beer glasses each holding a different beer. These small samples allow you to try multiple styles/brands of beer in one sitting and in moderate quantities.
ふーん、つまりサンプラーなのね。なんでサンプラーじゃなくってフライトなのだろう…

英辞郎様にお伺いを立ててみましたが…それらしい定義はなし。Kenkyusha Online Dictionary(KOD:有料なのでリンク貼りません)のリーダーズプラスと研究社ビジネス英和辞典には「フライト 《ワイン品評会で試飲される一連のワイン銘柄; 一定数ずつまとめられている》」という定義あり。ワインじゃなくてビールだからビアフライトなのね。ふむふむ。

ちなみに英英辞典でよろしければ無料で定義出てきましたよ。The Free DictionaryにあるFlightの定義には最後に「A set of small samples, as of different kinds of wine or beer, that are served at the same time for comparative tasting.」とありました。というか、この定義によるとわざわざ「ビア」をつけなくてもいいということですね…まあ、先にワインで「フライト」が定着しちゃったんじゃしょうがないのかと。

暇ができたらなぜサンプラーがflightなのかを調べてみたいと思いますが。いつになることやら。
スポンサーサイト

英米語。

2015年7月31日8:00現在無料のKindle本。

British English for Americans: On the Go (English Edition)

タイトルからもわかるとおりアメリカ人向けのイギリス英語の本なんですけどね。アメリカ人とイギリス人の英語の先生が書いてます(英語の先生…米語と英語の先生…(。-`ω-)ンーややこしや)。「House and Home」、「Brand Names」、「Food and Drink」など19の分野に分けて、それぞれの分野についてイギリス人の視点で見た簡単なエッセイに続けてイギリスとアメリカで異なる単語を列挙してます。たとえば、「bathroom - bathroom (but only if it has a bath, otherwise it's just a toilet!)」、「power point - electric socket/electrical outlet」、「Elastoplast - bandaid (usually referred to simply as a "plaster")」てな感じ。

大昔に、なにを血迷ったか和英翻訳の通信教育を受講したことがありまして。最初の添削にかかれていたコメントが"British EnglishとAmerican Englishを混同しないように"だったんですよ。こっちはそんなことまったく意識したことがなくて普段、見聞きしている言葉を使っただけなのに~とびっくりしましたが、ネイティブから見ると異様なのでしょうね。結局、その辺の問題を解決できなかったのと、自分に英訳の才能がないことがわかったのとで英和に絞りました。

で、この本を読んで英語と米語を混同した理由がちょいとわかった気がします。原因はカタカナ英語です。たとえば、日本語でもこじゃれたインテリア雑誌などで見られる「カトラリー(食卓用のナイフ・フォーク・スプーン)」、「cutlery」ですが、こいつは英語なんです。米語では「flatware」とか「silverware」。もちろん、アメリカのサイトにもcutleryという語は登場しますけど、メインは先の2つのようで、「America cutlery」でぐぐると気を利かせてcutleryとともにflatwareやsilverwareも検索してきてくれます。で、もし、私が「カトラリー」というカタカナ語の含まれる和文を与えられたらおそらくそのまま「cutlery」と訳してしまうでしょう。そういう意味でもこういう本は貴重なのではないかと。Kindle本ですから検索もできる…はずですし。

まあ、英語と米語で異なる単語を網羅しているわけではありませんが、読み物としても面白いので無料のうちにぜひどうぞ。著者前書きに"(He) wants you to buy this book so he can take his girlfriend to expensive Chinese restaurants"と書いてありますので、いつかは有料になるでしょうから…(値段によっては(。-`ω-)ンー)

かーびー。

A Running Magazine Put A Plus-Size Model On Its Cover And People Are Into It

ランナー向け雑誌の表紙にちょっと太めのモデルさんを使ったら大好評だったという話。

“Some women believe that since they have curves they can't run or shouldn't run,” Schenk said.

このcurveという言葉なんですけどね…ムスメが高校生の時、父親に出張ついでに買ってきてもらった『Seventeen』という雑誌を読んでまして。ちょいとのぞくと、ファッション雑誌によくある体形別ファッション特集。TinyとかTallとかの中にCurvyというのがありました。私の感覚でいうとCurvyというのは"ぼんっきゅっぼんっ"という、私とは真逆のグラマーな人ってイメージなんですが、グラビア写真に出てたのは"ぼんぼんどかーんっ"という感じのどちらかといえば太めのお嬢さんたち。あれ、Curvyってデ○って意味?と聞くと「そーだよ、知らないの?」と。

辞書を引くと「【形】曲がりくねった、曲線美の(英辞郎様)」とか「《口》 〈女性が〉曲線の美しい; 曲がった(リーダースプラス)」とか「〈女性が〉曲線美の(新英和中)」とか良い定義ばかりで…やはり、英語で書いてある辞書を引かなければなりません。スラングっぽいなと思ったときにはUrban Dictionaryにご相談。新旧2つの定義が書いてありました。

curvy
Used most commonly in teen magazines as a euphemism for "fat" or "chubby." It works brilliantly as a marketing ploy for these companies, and it keeps from damaging the self-esteem of their overweight American adolescent consumers.

Curvy, in the traditional sense, means having an ample bosom, trim waist, and round butt.

Tyra Banks, Gisele Bundchen, and Scarlett Johansson are truly curvy. They have meat in all the right places!

Seventeen dresses all of their size 16 "curvy" girls in outfits from Torrid.

ご使用の際はくれぐれもお気をつけて。私はたぶん、会話では使わないけど。"urv"の発音は難しすぎます。

客室乗務員を英語では。

British Airways stewardess dies after contracting malaria following flight from Heathrow to Ghana
(London Evening Standardの記事)

英語("イギリスの"いんぐりっしゅの意味)ではまだstewardessという言葉を使っているんだなと…
あまりPolitical correctnessを気にしない?

英辞郎様には
"Are you a stewardess? I'm sorry. I mean, Flight attendant."

という例文に続けて

《旅/機内》(あなたは)スチュワーデスですか?あっすみません。客室乗務員さんですか?
◆言ってしまってから差別語ではないかと気になって言い直すときの表現。

という注釈が… (^ω^;)

マラリアといえば…デング熱のウィルスを持った蚊が生き残るのどうのと去年いわれてたけど、今年はあんまり話題にならないのはまだ患者が出ないからってだけなのかしら…

マンハッタンヘンジ。

ニューヨーク、現地時間29日金曜日にマンハッタンヘンジというのが見られるんですって。ストーンヘンジで夏至と冬至の日に太陽と巨石が並ぶのと同じようにマンハッタンの通りと太陽が並ぶそうです。ただ、マンハッタンを通る道は正確に東西南北に走っているのではないんで、マンハッタンヘンジは夏至や冬至とはちょいとずれてしまうということで。

New Yorkers, get ready for Manhattanhenge! Just before sunset, tomorrow, the sun will line up with Manhattan’s cross...

Posted by The New York Times - Science on 2015年5月28日
検索してみたら他にも写真が出てきました。どれもきれいです。写真を写す人の群れも。どこでもこういう現象には人が集まるんですね。

あと、こんなのも見つかりましたw
 新潟版マンハッタンヘンジ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR