スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★1つですっ。

渡辺由佳里さんのブログ“勘違い? 読解力不足? ズレすぎていて大爆笑の「一つ星読者レビュー」クイズ”を読んで、日本の密林ではどうなのかなと思って仕事の合間にちょこちょこっと調べてみました。ついでだから、私も真似してクイズ形式で。ほんと、人の考え方っていろいろですね…

Q1. 「この本が一番売れている絵本ということで読んでみた。(大ヒントなので省略)で始まる、この文にだれも疑問を持たないのだろうか?食べることがこの世で一番といっているのです。なるほど日本の子供が肥満になり欲望のまま自由を謳歌して生きていることになんの疑問ももたないわけです。かわいい、おいしそうにしか目がいかない大人が問題か!こどもが喜んでるんだからいいではないかといわれそうですね。売れていることが印籠になっている見本のようです。」

答えはこちら

Q2. 「ジャンクフードはよくない、野菜を食べましょう、食べたものが貴方の身体になります、等というメッセージを受け取ることもできる。しかしいっそう強調されているのは、このカラフルな色彩であろう。この色彩感覚は、外国、とくに欧米のものである。アフリカともアジアとも違う。ラストの蝶もまた極めて派手だ。目がチカチカする。本書はカラフル=よい、地味=わるいという価値観を含む。しかし風や温度や音や質感などは捨象されている。日本人はもっと地味で落ち着いていて、しかも自然の美しさや風情を感じる存在だと思う。…きれいでよいのか?」

答えはこちら

Q3. 「いつの翻訳かわかりませんが、本文が昭和な感じで、ストーリー性もなく、娘に読ませたいと思えません。」

答えはこちら

Q4. これは意外にも16個も🌟1つレビューがある…
「赤ちゃん向けだからか内容が少ないです。なにより絵が不気味です。ヒット作らしくて期待しましたが、我が家では不評でした。」
「1歳の息子は、絵本大好きなのですが、この絵本は絵が怖いみたいで嫌がります。夫の実家にもあった昔からの絵本なのですが、正直、私が今読んでも怖いような。。。」
「どうしてもオカルトチックなイラストに見えます。他のお子さんは怖くないのでしょうか。」
「残念ながら、うちの娘は表紙を見ただけで『絵がコワイ! きもちワルイ!』と言って、まったく手にとってくれませんでした。」

答えはこちら

Q5. 「恋愛と恋愛結婚を賛美する絵本。当事者の気持ちはこんなものかもしれないが、人生観、人間関係、風景、世界観、葛藤や迷いなど恋愛以外の要素が一切描かれていない。好きになった理由、人物の魅力すら描かれていない。ストレートすぎて婉曲表現もない。ここでの祈りとは未来の変化を禁止するものだ。迷いも不安も否定され、スキという感情だけを強調する。恋愛結婚の徹底的な美化で、読んでいて息苦しい。むしろ怖い。恋愛を夢見る読者は癒されるかもしれないが、作品としての深みや感動はない。逆にみんな恋愛に飢えているのかも。」

答えはこちら

それにしても、絵本を中古で買っておいて、汚れているだの、破けているだのって🌟1つとしている人が多いのにびっくりしました。それはレビューではないでしょ。マーケットプレイス業者の評価は別のところでするんだよーと言いたいです。
スポンサーサイト

#bookfacefriday。

#bookfacefridayというタグがあります。本と人間が一体になった写真につけられたタグです。金曜日になるとついったやら、Instagramやらにわらわらと出てきます。


8月26日はアメリカでは犬の日(National Dog Day)だったそうで、こんなのも投稿されてました。

#BookfaceFriday belongs to our fave furry friend @walterthewolfhound! #NationalDogDay

fossilさん(@fossil)が投稿した写真 -



髪の毛の具合までよくあっている…w

図書館のアカウントから投稿されている写真が多いかな。日本の図書館もやればいいのに。

最後に…これ、好き💚

送料。

ちょいと欲しい本があって、古い本だから密林のマーケットプレイスで…と見たんだけど、送料がねぇ…1冊につき257円ずつ加算しなければならないからなぁ…んで、オンライン中古本屋ならまとめて買えば送料無料よねとそっちを見たら…合計すると送料払っても密林の方が安かったっつー…

(。-`ω-)ンー

なんかもやもやするんだが…とりあえず、密林でぽちりますか…

タイポ?。

『エベレスト3D』という映画の原作、『Into Thin Air』という本のページでこの作者の他の著作ってところを見てたらちょいと興味深い本を見つけまして。

Into the Wild
Into the Wild
posted with amazlet at 15.11.08
Jon Krakauer
Anchor (1997-01-20)
売り上げランキング: 2,001


1992年夏、アラスカの奥地で遺体で発見された若者がそこに至るまでの2年間を取材してまとめた本だそうで…読みたいなと思って図書館のデータベースで調べました。『Into Thin Air』も当市の図書館で借りましたので、これもあるんじゃないかと思ったのですよ。

しかし、タイトルで調べても出てきません。作者名で調べたら…出てきましたが、書名は『Into the Wind』。そんな本も出しているのかしら?と検索してみましたが、確かにそういうタイトルの本は世の中には出ているのですが、この作者の作品ではない…とりあえず、借りてみることにして、予約してみました。当市の図書館のデータベース、以前も仕事で戦争関係の本を探してて、「戦場」で検索していたら、バッハのCDがヒットしたことあったんですよね。『G戦場のアリア』がヒットした次第で… (^ω^;)

人間のやっていることですから、間違いはしょうがないと思います。私もやらかすし。人の振り見て我が振り直します。

You know who。

J.K. Rowling Confirms You’ve Been Saying This Harry Potter Character’s Name Wrong

Harry PotterのVoldemortは最後のtを発音しないんですと。

Harry Potterを読み聞かせしていたころに困ったのは人名と呪文の発音で。Hermioneなんて、数人のネイティブに聞いたけどみんな違うこと言うんだもん。そこで使ったのがアメリカでHarry Potterのシリーズを出版しているScholastic社のサイトにあった発音ガイド。名前やら呪文やらを読んでくれたんですよねぇ~。

でですね、そのサイトでVoldemort をクリックすると、最初は「You know who」と言ってたんですよ。「He-Who-Must-Not-Be-Named」ですからね。で、そのあと発音してくれたような気がしたんだけど…そこで最後のtを発音してたかどうか…昔の話なので覚えてないから発音ガイドを探したら…アメリカのでは見つからなくて、カナダのScholasticサイトにあって…でもって…tを発音してませんでした

Harry.jpg
発音ガイドはここ

ほんとかなぁ~あとからそっと直したんじゃないかなぁ…カナダはフランス語も公用語だしさぁ…まあ、いいや…これからはtなしで。

そういえば日本語では「ヴォルデモート」なんですね…まあ、最後の「ト」がないとなんか間抜けだからいいのか。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。