犬が欲しいが…

娘は犬を飼いたがっている。一人っ子だし、おかーちゃんは年だからもう妹も弟もできそうもないから、犬ぐらい飼ってもいいじゃないという理屈。私は「やっとあなたの下の世話がいらなくなったのに、今度は犬のお尻をおっかけるのかい!?」と冗談で返す。

しかし、一番の問題というのは娘のアレルギーである。年齢が高くなるにしたがって、喘息の発作の回数は減少したが、それでも何がきっかけで "ぜこぜこ" しだすかはわからない。悪いことに、喘息が出ない年はアトピー性皮膚炎がでる。赤ちゃんのときにしたきりだが、アレルギー反応テストでは「動物の毛皮はダメ」と出ている。喘息の持病がある人がハムスターにかまれて亡くなっているしなぁ…

これだけ悪い条件がそろっているのに無理して飼い始めたら、やっぱりダメでしたっていうのではしゃれにならない。

そんなときに聞いたのが「レンタルペット」。都内のおしゃれなところだけかと思ったら、うちの近所にあるペットショップでもこのサービスがあるそうだ。試してみようかな…

でも、待てよ、いろいろな家を日替わりでたらいまわしにされているのってかわいそうだよね。かわいい、かわいいでいじくりまわされて、おもちゃにされて、2 ~ 3 日でペットショップの狭い檻に戻されるの。ストレスたまるだろうな~

うーん… てな具合で、話はまったく進行しないのでありました。何かいい方法はないだろうか… やっぱ金魚を飼うしかないかなぁ~ ほえないし、アレルギーの原因にはならないし… あ、でも水を替えるのが大変だなぁ~ ぎっくり腰 2 回もやっているもんなぁ~
スポンサーサイト

犬が欲しいが…

(写真はウェストハイランドテリア。これが欲しい!)
娘は犬を飼いたがっている。一人っ子だし、おかーちゃんは年だからもう妹も弟もできそうもないから、犬ぐらい飼ってもいいじゃないという理屈。私は「やっとあなたの下の世話がいらなくなったのに、今度は犬のお尻をおっかけるのかい!?」と冗談で返す。

しかし、一番の問題というのは娘のアレルギーである。年齢が高くなるにしたがって、喘息の発作の回数は減少したが、それでも何がきっかけで "ぜこぜこ" しだすかはわからない。悪いことに、喘息が出ない年はアトピー性皮膚炎がでる。赤ちゃんのときにしたきりだが、アレルギー反応テストでは「動物の毛皮はダメ」と出ている。喘息の持病がある人がハムスターにかまれて亡くなっているしなぁ…

これだけ悪い条件がそろっているのに無理して飼い始めたら、やっぱりダメでしたっていうのではしゃれにならない。

そんなときに聞いたのが「レンタルペット」。都内のおしゃれなところだけかと思ったら、うちの近所にあるペットショップでもこのサービスがあるそうだ。試してみようかな…

でも、待てよ、いろいろな家を日替わりでたらいまわしにされているのってかわいそうだよね。かわいい、かわいいでいじくりまわされて、おもちゃにされて、2 〜 3 日でペットショップの狭い檻に戻されるの。ストレスたまるだろうな〜

うーん… てな具合で、話はまったく進行しないのでありました。何かいい方法はないだろうか… やっぱ金魚を飼うしかないかなぁ〜 ほえないし、アレルギーの原因にはならないし… あ、でも水を替えるのが大変だなぁ〜 ぎっくり腰 2 回もやっているもんなぁ〜

個人情報の漏洩って…

9月の始めに数週間、「通勤」していたことは前にも申し上げた。「子供がいるから絶対に通勤はいやじゃ~(出不精を子供のせいにしている)」といってたのを「そこを何とか」と頼まれたもんで、「じゃ、午前中だけね」となり、朝は早いが、帰りはお昼前後の空いた時間。ラクラク座って気兼ねなしに本が読める… で気づいたこと。

携帯電話で大きな声をあげてお話している方が多いのね。

まあ、空いているから邪魔にはならないといえばならないが、人が少ない分、線路を走る電車の音が外から車内に入り込み、響き渡ってうるさいのだろう、おぢさんたちの声の大きいこと。いやでも耳に入ってくる。

で、またまた気がついた。

個人情報をおおっぴらに話している人が多い!

自分の電話番号はもとより、郵便番号から住所、名前まで全部しゃべってるの! おじさんなのに、女性の名前を言っている人もいた。それって、他人のびみょーな情報じゃないの? おおおい、みんなに聞こえてるよぉ~

電話、特に騒々しいところでの通話って、受話器を当てている耳に神経を集中してしまうことが多いから、ついつい、周りのことを考えずに話してしまうんだろうか? ううう、頼むから、私のことは話題にしないでねぇ~

ちなみに… 自分の名前を入れてGoogleすると、ヒットすることがあると聞いた。私は平凡な名前だから大丈夫 (ヒットしても自分ぢゃない) とやっていないが、実は恐ろしいからできない。非常に珍しい名前の友人が試しにやってみたら、お父さんの名前がヒットしたそうだ(もっとも、このお父さんは "地元の名士" なのだが)。何も秘密にはできないのかもしれませんね。
[小鳥の読書記録]
『Mallory and the Trouble With Twins: The Baby-Sitters Club #21』
今日は塾で、帰ってきてからはOlsen Twinsの昔の映画 (It Takes Two) をビデオで見てたのに… いつどこで読んでたんぢゃ! 次の月例テストでクラス落ちしても知らないから…

個人情報の漏洩って…

9月の始めに数週間、「通勤」していたことは前にも申し上げた。「子供がいるから絶対に通勤はいやじゃ〜(出不精を子供のせいにしている)」といってたのを「そこを何とか」と頼まれたもんで、「じゃ、午前中だけね」となり、朝は早いが、帰りはお昼前後の空いた時間。ラクラク座って気兼ねなしに本が読める… で気づいたこと。

携帯電話で大きな声をあげてお話している方が多いのね。

まあ、空いているから邪魔にはならないといえばならないが、人が少ない分、線路を走る電車の音が外から車内に入り込み、響き渡ってうるさいのだろう、おぢさんたちの声の大きいこと。いやでも耳に入ってくる。

で、またまた気がついた。

個人情報をおおっぴらに話している人が多い!

自分の電話番号はもとより、郵便番号から住所、名前まで全部しゃべってるの! おじさんなのに、女性の名前を言っている人もいた。それって、他人のびみょーな情報じゃないの? おおおい、みんなに聞こえてるよぉ〜

電話、特に騒々しいところでの通話って、受話器を当てている耳に神経を集中してしまうことが多いから、ついつい、周りのことを考えずに話してしまうんだろうか? ううう、頼むから、私のことは話題にしないでねぇ〜

ちなみに… 自分の名前を入れてGoogleすると、ヒットすることがあると聞いた。私は平凡な名前だから大丈夫 (ヒットしても自分ぢゃない) とやっていないが、実は恐ろしいからできない。非常に珍しい名前の友人が試しにやってみたら、お父さんの名前がヒットしたそうだ(もっとも、このお父さんは "地元の名士" なのだが)。何も秘密にはできないのかもしれませんね。
[小鳥の読書記録]
Mallory and the Trouble With Twins: The Baby-Sitters Club #21
今日は塾で、帰ってきてからはOlsen Twinsの昔の映画 (It Takes Two) をビデオで見てたのに… いつどこで読んでたんぢゃ! 次の月例テストでクラス落ちしても知らないから…

C D B ! (by William Steig)

C D B!
C D B!
posted with amazlet at 12.12.31
William Steig
Aladdin (1987-04-02)
売り上げランキング: 1,435,209


さて、これは何でしょう?これは本のタイトルです。表紙の絵では男の子が花に止まろうとしているハチを指差しながら、女の子に話しかけています。
「C D B!」
アルファベットをそのまま読んでください。
「See Dee Bee = See the Bee!」

こんな感じで、シンプルなイラストと、暗号ともなんともつかない大文字と少しの数字の羅列が続きます。
たとえば、
  I C U (I see you)
  D N S 5 X (The hen has five eggs)
  S M-T (It’s empty)
てな具合。
アルファベットが読めれば読めるともいえる本ですが、ちょっと知恵をしぼる必要もあるかも。少なくとも私は頭を使いました。ちなみに、5~9歳向けだそうです。
[小鳥の読書記録]
『The Iron Sceptre: The Archives of Anthropos 4』
昨日借りてきました。こないだから読んでるシリーズの第4巻です。分厚いです。こんなの読んでて、勉強大丈夫かぁという感じです(塾では英語の本を読んでるところを国語の先生に見つかると怒られるそうです。まあ、勉強に関係ないものを持ってきてはいけないという規則があるので当然といえば当然… ま、高望みはしていないので、自分のペースでやってください)

C D B ! (by William Steig)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0689831609/momlittlebird-22
さて、これは何でしょう?これは本のタイトルです。表紙の絵では男の子が花に止まろうとしているハチを指差しながら、女の子に話しかけています。
「C D B!」
アルファベットをそのまま読んでください。
「See Dee Bee = See the Bee!」

こんな感じで、シンプルなイラストと、暗号ともなんともつかない大文字と少しの数字の羅列が続きます。
たとえば、
  I C U (I see you)
  D N S 5 X (The hen has five eggs)
  S M-T (It’s empty)
てな具合。
アルファベットが読めれば読めるともいえる本ですが、ちょっと知恵をしぼる必要もあるかも。少なくとも私は頭を使いました。ちなみに、5〜9歳向けだそうです。

[小鳥の読書記録]
The Iron Sceptre: The Archives of Anthropos 4
昨日借りてきました。こないだから読んでるシリーズの第4巻です。分厚いです。こんなの読んでて、勉強大丈夫かぁという感じです(塾では英語の本を読んでるところを国語の先生に見つかると怒られるそうです。まあ、勉強に関係ないものを持ってきてはいけないという規則があるので当然といえば当然… ま、高望みはしていないので、自分のペースでやってください)

日本びいき?親日家?

あるブログにあった質問『極端に「日本人」と限定した好みを持つ人のことをなんて言うんでしたっけ???』というのが気になったので調べてみた(その日記はもう削除されているのですが、とりあえず調べたので結果だけ…)。

まず、「~好き」というのは「-phile」だよね、では…英辞郎。接頭語に「Japano」をつけて「Japanophile」にして調べてみる。ピンポーン!「Japanophile:親日家」という訳がありました。ついでに、「~嫌い」という意味の「-phobia」をつけて調べたら…あらら、こんな言葉もあるんですね「Japanophobia:日本恐怖症、日本嫌い」。接頭語と接尾語というのは面白いです。友人に「日本びいき:Japonism」というのも教えてもらいました。英辞郎によると「Japonism」には「日本風、日本式、日本研究」などの意味もあるようです。ふーん。

さて、質問者のお目当ての単語はどれだったのでしょうか?なんか質問には「偏っている」みたいなちょっとネガティブな雰囲気がありますが…
[小鳥の読書記録]
今日は学校が週末に行われた行事の代休だったので、またまたいつものインターに行って本をしこたま借りてきました。
帰りの車の中で読み終わってしまったのは、Three Cousins Devective Clubというシリーズから次の3冊 (しかし、よくもまあ、これだけいろいろなシリーズがあるもんです)
『7 The Mystery of the Hounted Lighthouse』
『8 The Mystery of the Dolphin Detective』
『9 The Mystery of the Eagle Feather』
3人の10歳のいとこたちがわくわくするような冒険いっぱいのミステリーを解決しながら、"霊の結ぶ実(The Fruits of the Spirit:愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制)" を学ぶと、裏表紙に書いてあります。だから全9巻。ちなみに7巻はFaithfulness、8巻はGentleness、9巻はSelf-Controlがテーマとしてあげられています。ふーん、こういう教え方もあるのかという感じです。そういえば、子供のころ「お釈迦さま」とか「良寛さま」とか道徳的なマンガをお寺でもらったっけなぁ…
「霊の結ぶ実」に興味のある方は新約聖書のガラテヤの信徒への手紙5:22あたりをご覧ください。

↓これは昨日、電車の中で読んだ本です。
『Wishbone Mysteries: Case of the Unsolved Case』
Wishboneは一部のケーブルTVで放映されていますよね? (NHKでもやってたと聞いていますが) そのノベライズ版です。

日本びいき?親日家?

あるブログにあった質問『極端に「日本人」と限定した好みを持つ人のことをなんて言うんでしたっけ???』というのが気になったので調べてみた(その日記はもう削除されているのですが、とりあえず調べたので結果だけ…)。

まず、「〜好き」というのは「-phile」だよね、では…英辞郎。接頭語に「Japano」をつけて「Japanophile」にして調べてみる。ピンポーン!「Japanophile:親日家」という訳がありました。ついでに、「〜嫌い」という意味の「-phobia」をつけて調べたら…あらら、こんな言葉もあるんですね「Japanophobia:日本恐怖症、日本嫌い」。接頭語と接尾語というのは面白いです。友人に「日本びいき:Japonism」というのも教えてもらいました。英辞郎によると「Japonism」には「日本風、日本式、日本研究」などの意味もあるようです。ふーん。

さて、質問者のお目当ての単語はどれだったのでしょうか?なんか質問には「偏っている」みたいなちょっとネガティブな雰囲気がありますが…

[小鳥の読書記録]
今日は学校が週末に行われた行事の代休だったので、またまたいつものインターに行って本をしこたま借りてきました。
帰りの車の中で読み終わってしまったのは、Three Cousins Devective Clubというシリーズから次の3冊 (しかし、よくもまあ、これだけいろいろなシリーズがあるもんです)
7 The Mystery of the Hounted Lighthouse
8 The Mystery of the Dolphin Detective
9 The Mystery of the Eagle Feather
3人の10歳のいとこたちがわくわくするような冒険いっぱいのミステリーを解決しながら、"霊の結ぶ実(The Fruits of the Spirit:愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制)" を学ぶと、裏表紙に書いてあります。だから全9巻。ちなみに7巻はFaithfulness、8巻はGentleness、9巻はSelf-Controlがテーマとしてあげられています。ふーん、こういう教え方もあるのかという感じです。そういえば、子供のころ「お釈迦さま」とか「良寛さま」とか道徳的なマンガをお寺でもらったっけなぁ…
「霊の結ぶ実」に興味のある方は新約聖書のガラテヤの信徒への手紙5:22あたりをご覧ください。

↓これは昨日、電車の中で読んだ本です。
Wishbone Mysteries: Case of the Unsolved Case
Wishboneは一部のケーブルTVで放映されていますよね? (NHKでもやってたと聞いていますが) そのノベライズ版です。

本屋はカタログだぁ

しょぼしょぼ降り続く雨の中、またまた学校(文化祭)見学をした帰り、娘と2人で神田の古本屋街へ。今日は日曜でいつもの古本屋(洋書を扱っている)はみな休みというのはわかっているので、洋書の品揃えの多い大型書店へ直行。

うちの周りで洋書を扱っている本屋が少ないのと、生来の出不精とが重なって、洋書はもっぱらAmazonで購入しているが、やはり、娘も本物を見て、内容をざっとみてから買いたいというし、お金を出す側としてはそうやって中身を確認してから買って欲しいとも思うわけ。Amazonは「なんだ、書評と違うじゃん」ということがごくまれにあるわけで、できればこれは避けたいのだ。

というわけで、私と娘にとって本屋はカタログ。めぼしい本を見つけてタイトルと著者名を書き写し、家に帰ってからAmazonで注文する。だってその方が安いんだもん。今日もまあ、いろいろ候補を見つけてくれました。今ちょっとAmazonで調べたんだけど… ちょっと値が張るのばかりだね。クリスマスまで待ってなさいということにします。
[小鳥と母鳥の読書記録]
『The Book of Bunny Suicides』by Andy Riley
The Book of Bunny Suicides
The Book of Bunny Suicides
posted with amazlet at 12.12.31
Andy Riley
Plume
売り上げランキング: 15,661

神田の某書店にある洋書売場の絵本コーナーで見つけました。でも、これタイトルからもわかるとおり、子供向きではありません(うちの娘は大笑いしていましたが…)。

要するに、うさぎさんが何が悲しいのか自らの命を絶とうといろいろな方法を試みるのですが、その方法が200ページ近くにもわたってかわいらしいイラストでつづられているのです。文字はほとんどありません。ぱらぱらと見ただけでは、あーかわいいうさぎさんの絵本ね~って見えるかもしれませんが、内容はかなりブラックです。中に1つ、2つ、日本ではしゃれにならないものもありました。私や娘のように悩みを笑いっとばせる人が読む本です。

Amazonで見たら、続編が2005年、続々編が2006年にでるそうです。なんだかなぁ~

神田の本屋さんで心当たりのある方、この本は絵本コーナーからユーモア本のコーナーに移したほうがいいと思いますよ… もっとも、小さい子には何のことやらわからないとは思いますが…

本屋はカタログだぁ

しょぼしょぼ降り続く雨の中、またまた学校(文化祭)見学をした帰り、娘と2人で神田の古本屋街へ。今日は日曜でいつもの古本屋(洋書を扱っている)はみな休みというのはわかっているので、洋書の品揃えの多い大型書店へ直行。

うちの周りで洋書を扱っている本屋が少ないのと、生来の出不精とが重なって、洋書はもっぱらAmazonで購入しているが、やはり、娘も本物を見て、内容をざっとみてから買いたいというし、お金を出す側としてはそうやって中身を確認してから買って欲しいとも思うわけ。Amazonは「なんだ、書評と違うじゃん」ということがごくまれにあるわけで、できればこれは避けたいのだ。

というわけで、私と娘にとって本屋はカタログ。めぼしい本を見つけてタイトルと著者名を書き写し、家に帰ってからAmazonで注文する。だってその方が安いんだもん。今日もまあ、いろいろ候補を見つけてくれました。今ちょっとAmazonで調べたんだけど… ちょっと値が張るのばかりだね。クリスマスまで待ってなさいということにします。
[小鳥と母鳥の読書記録]
The Book of Bunny Suicides』by Andy Riley
神田の某書店にある洋書売場の絵本コーナーで見つけました。でも、これタイトルからもわかるとおり、子供向きではありません(うちの娘は大笑いしていましたが…)。

要するに、うさぎさんが何が悲しいのか自らの命を絶とうといろいろな方法を試みるのですが、その方法が200ページ近くにもわたってかわいらしいイラストでつづられているのです。文字はほとんどありません。ぱらぱらと見ただけでは、あーかわいいうさぎさんの絵本ね〜って見えるかもしれませんが、内容はかなりブラックです。中に1つ、2つ、日本ではしゃれにならないものもありました。私や娘のように悩みを笑いっとばせる人が読む本です。

Amazonで見たら、続編が2005年、続々編が2006年にでるそうです。なんだかなぁ〜

神田の本屋さんで心当たりのある方、この本は絵本コーナーからユーモア本のコーナーに移したほうがいいと思いますよ… もっとも、小さい子には何のことやらわからないとは思いますが…

Five Minutes’ Peace (by Jill Murphy)

あまりこれといって書くことがない日は、うちの本棚から絵本を選んで、ご紹介したいと思います。

Five Minutes' Peace
Five Minutes' Peace
posted with amazlet at 12.12.31
Jill Murphy
Putnam Juvenile (2012-03-20)

『Five Minutes' Peace』は3頭のやんちゃな子供を持つおかあさんゾウのお話です。お話は「The children were having breakfast. This was not a pleasant sight.」と始まります。挿絵の中では、子供たちがそこらじゅうを散らかしながら、朝ごはんを食べています。床に散らばるシリアルやおもちゃ、テーブルの上には倒れた蜂蜜のビンや食べかけのトーストが… 末っ子はシリアルボールを頭からかぶっています。

おかあさんはそっと自分の朝食を用意し、朝刊をポケットに入れて、こそこそとドアの方へ向かいます。

おかあさんはお風呂に行こうとしていました。"5分間の平和" が欲しかったのです。

しかし、目ざとい子供たちはおかあさんを見つけてしまいます。さて、おかあさんは "5分間の平和" を手にすることができるでしょうか…?

この本を手に入れたとき、娘は「後追い」はもう卒業していましたが、けっこう、私の後をつきまとっていました。一人っ子でも鬱陶しいものは鬱陶しい。まして子供が3人もいたら! 子育てをした事のある人なら、おかあさんゾウの気持ちがよぉぉぉぉぉぉくわかると思います。絵はきれいですし、字も大きくて読みやすいですよ。
[小鳥の読書記録]
『The Clue in the Jewel Box: Nancy Drew Mystery Stories』by Carolyn Keene
またミステリーだぜぃ。これはCopyrightが1943年になってますね。なんでもとても人気があるシリーズなんだそうです。これは少女探偵モノですが、少年探偵モノのシリーズといえばHardy Boysですね。こちらも面白いって言ってます。

Five Minutes’ Peace (by Jill Murphy)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0698117875/momlittlebird-22

あまりこれといって書くことがない日は、うちの本棚から絵本を選んで、ご紹介したいと思います。

『Five Minutes’ Peace』は3頭のやんちゃな子供を持つおかあさんゾウのお話です。お話は「The children were having breakfast. This was not a pleasant sight.」と始まります。挿絵の中では、子供たちがそこらじゅうを散らかしながら、朝ごはんを食べています。床に散らばるシリアルやおもちゃ、テーブルの上には倒れた蜂蜜のビンや食べかけのトーストが… 末っ子はシリアルボールを頭からかぶっています。

おかあさんはそっと自分の朝食を用意し、朝刊をポケットに入れて、こそこそとドアの方へ向かいます。

おかあさんはお風呂に行こうとしていました。"5分間の平和" が欲しかったのです。

しかし、目ざとい子供たちはおかあさんを見つけてしまいます。さて、おかあさんは "5分間の平和" を手にすることができるでしょうか…?

この本を手に入れたとき、娘は「後追い」はもう卒業していましたが、けっこう、私の後をつきまとっていました。一人っ子でも鬱陶しいものは鬱陶しい。まして子供が3人もいたら! 子育てをした事のある人なら、おかあさんゾウの気持ちがよぉぉぉぉぉぉくわかると思います。絵はきれいですし、字も大きくて読みやすいですよ。
[小鳥の読書記録]
The Clue in the Jewel Box: Nancy Drew Mystery Stories』by Carolyn Keene
またミステリーだぜぃ。これはCopyrightが1943年になってますね。なんでもとても人気があるシリーズなんだそうです。これは少女探偵モノですが、少年探偵モノのシリーズといえばHardy Boysですね。こちらも面白いって言ってます。

週の半ばの祝日だというのに…

うちの連中は出勤&登校日。何の因果で、世間がまだ起きていないうちからごそごそと台所に立って弁当作らなきゃいけないんだか… まあ、月曜日が今日の代休になるからいいんだけどでも、やっぱり、週の半ばの休みがうれしいなぁ~

一人っきりの祝日は平日と同じ。今日もVOAを聞きながらPCとにらめっこしています。
[小鳥の読書記録]
『Surronded by the Cross Fire: A Daring Adventure 4』by Peter Reese Doyle
『Room with a Boo: Blood Hounds, Inc. 12』by Bill Myers
Bill Myersはいろいろなシリーズを書いています。娘が図書館を利用させていただいているインターでも人気があるそうです。

週の半ばの祝日だというのに…

うちの連中は出勤&登校日。何の因果で、世間がまだ起きていないうちからごそごそと台所に立って弁当作らなきゃいけないんだか… まあ、月曜日が今日の代休になるからいいんだけどでも、やっぱり、週の半ばの休みがうれしいなぁ〜

一人っきりの祝日は平日と同じ。今日もVOAを聞きながらPCとにらめっこしています。
[小鳥の読書記録]
Surronded by the Cross Fire: A Daring Adventure 4』by Peter Reese Doyle
Room with a Boo: Blood Hounds, Inc. 12』by Bill Myers
Bill Myersはいろいろなシリーズを書いています。娘が図書館を利用させていただいているインターでも人気があるそうです。

Willy the Wisher and Other Thinking Stories

これは考えながら読む(Think-along)お話"Thinking Story"を集めたもので、私と娘の間ではちょっとしたブームになっています。大人が子供(幼稚園児)に読み聞かせることを前提に書かれた本ですが、子供はただ聞いて、面白がるだけではなく、お話の進行にしたがって、大人が投げかける質問(大人が読む部分には子供に対する質問が書かれていますが、大人は書かれている通りに読まなければならないという決まりがあります。つまり、アドリブで余計な話を付け加えたり、自分の考えを言ってはいけません)に対する答えを考えることにより、物語の登場人物よりも"先に"その登場人物のしたこと、言ったことのどこが悪かったのかとか、この先どんなことが起こるかとか、そのようになると思う理由とかを考えることになります。

たとえば、こんな感じ。

"I don’t have a coat," said Mr. Sleeby. "I guess I’ll have to go downtown and buy one." So he put on his coat and started out the door.
What is silly about what Mr. Sleeby did?

ここで子供が自分の考えた答えをいいます。この場合の模範的な答えとしては、He said he had no coat but then put one on.ということになるでしょう。子供が答えたら、次の段落に進みます。

Then Mr. Sleeby remembered that he didn’t have a shirt on, so he went back and put a shirt on over his coat.
Was that the right thing for Mr. Sleeby to do? Why not?

…といった具合でお話が続きます。A4サイズより少し大きな150ページほどの本の中に50近くのお話が入っています。質問と答えというやり方になれるにしたがって、徐々に難しくなっていくようですが、登場人物の行動は明らかにおかしくて、答えは明確にわかります。

この本はKindergartenの子供、または小学生で学習障害、行動障害のある子供を対象にしているそうです。つまり、自分で考えて問題を解決できない子供がターゲット。要するに、考える訓練なのです。

娘がアメリカのプレスクールに入って数ヶ月したとき、娘が英語を話すときにまず、結論を言って、次に「Because…」と理由を言うようになったということに旦那が気づきました(さすが理科系。理屈っぽいことには敏感)。娘は3歳児クラスに入っていましたが、そのほとんどが家では英語以外の言葉(主に中国語…とはいえ、中国語もいろいろ種類がありますから…日本語を話すのは2人、あとはインド人と韓国人)を話す子供でした。でも、そんな子供たちが数ヶ月のうちに先生や友達と意思疎通できるようになるまで成長します。これはすごいと思いました。先生にしてみれば、子供の英語のレベルが同等だから、かえって、教えやすかったのかもしれません。とにかく、私は家では英語を担当していましたが、Why-Becauseなんてのは意識していませんでしたから、これは先生方の努力の賜物です。
それに比べたら日本の幼稚園は… 娘は2年保育にまるまる2年通いましたが、最後まで日本語を満足に話せるようにはなりませんでした…幼稚園にまかせていた私がばかだった…

話が大きく脱線しました。m(_ _)m 日本の英語教育でこの本を使うには、この本がターゲットにしている子供の年齢と、この本を使用できる英語力を持つ人の実年齢に相当な差ができてしまいますが、こういった感じで「考えることとその方法」を教えているんだよという参考にはなると思います。

他にも考える方法を教えている本がありますが、その紹介はまた後日…
えーこの幼稚園児向けの本を私と娘が使っている理由ですが、仲良くしていただいていたアメリカ人ご一家が、お仕事の都合で1年ほどの予定で帰国してしまったため、娘が日常的に英語を話す相手が私だけになってしまったからです。でも、学校の話題や塾の話、特に勉強のことなどフクザツな話は英語では埒が明きません。というわけで、この本が登場した次第です。でも、結構、楽しい。

Willy the Wisher and Other Thinking Stories

これは考えながら読む(Think-along)お話"Thinking Story"を集めたもので、私と娘の間ではちょっとしたブームになっています。大人が子供(幼稚園児)に読み聞かせることを前提に書かれた本ですが、子供はただ聞いて、面白がるだけではなく、お話の進行にしたがって、大人が投げかける質問(大人が読む部分には子供に対する質問が書かれていますが、大人は書かれている通りに読まなければならないという決まりがあります。つまり、アドリブで余計な話を付け加えたり、自分の考えを言ってはいけません)に対する答えを考えることにより、物語の登場人物よりも"先に"その登場人物のしたこと、言ったことのどこが悪かったのかとか、この先どんなことが起こるかとか、そのようになると思う理由とかを考えることになります。

たとえば、こんな感じ。

"I don’t have a coat," said Mr. Sleeby. "I guess I’ll have to go downtown and buy one." So he put on his coat and started out the door.
What is silly about what Mr. Sleeby did?

ここで子供が自分の考えた答えをいいます。この場合の模範的な答えとしては、He said he had no coat but then put one on.ということになるでしょう。子供が答えたら、次の段落に進みます。

Then Mr. Sleeby remembered that he didn’t have a shirt on, so he went back and put a shirt on over his coat.
Was that the right thing for Mr. Sleeby to do? Why not?

…といった具合でお話が続きます。A4サイズより少し大きな150ページほどの本の中に50近くのお話が入っています。質問と答えというやり方になれるにしたがって、徐々に難しくなっていくようですが、登場人物の行動は明らかにおかしくて、答えは明確にわかります。

この本はKindergartenの子供、または小学生で学習障害、行動障害のある子供を対象にしているそうです。つまり、自分で考えて問題を解決できない子供がターゲット。要するに、考える訓練なのです。

娘がアメリカのプレスクールに入って数ヶ月したとき、娘が英語を話すときにまず、結論を言って、次に「Because…」と理由を言うようになったということに旦那が気づきました(さすが理科系。理屈っぽいことには敏感)。娘は3歳児クラスに入っていましたが、そのほとんどが家では英語以外の言葉(主に中国語…とはいえ、中国語もいろいろ種類がありますから…日本語を話すのは2人、あとはインド人と韓国人)を話す子供でした。でも、そんな子供たちが数ヶ月のうちに先生や友達と意思疎通できるようになるまで成長します。これはすごいと思いました。先生にしてみれば、子供の英語のレベルが同等だから、かえって、教えやすかったのかもしれません。とにかく、私は家では英語を担当していましたが、Why-Becauseなんてのは意識していませんでしたから、これは先生方の努力の賜物です。
それに比べたら日本の幼稚園は… 娘は2年保育にまるまる2年通いましたが、最後まで日本語を満足に話せるようにはなりませんでした…幼稚園にまかせていた私がばかだった…

話が大きく脱線しました。m(_ _)m 日本の英語教育でこの本を使うには、この本がターゲットにしている子供の年齢と、この本を使用できる英語力を持つ人の実年齢に相当な差ができてしまいますが、こういった感じで「考えることとその方法」を教えているんだよという参考にはなると思います。

他にも考える方法を教えている本がありますが、その紹介はまた後日…
えーこの幼稚園児向けの本を私と娘が使っている理由ですが、仲良くしていただいていたアメリカ人ご一家が、お仕事の都合で1年ほどの予定で帰国してしまったため、娘が日常的に英語を話す相手が私だけになってしまったからです。でも、学校の話題や塾の話、特に勉強のことなどフクザツな話は英語では埒が明きません。というわけで、この本が登場した次第です。でも、結構、楽しい。

Family Reunion: 久々に家族が集まると…

三連休の1日、バザーの献品強奪のために実家を襲撃した。久々に、妹夫婦といっしょになる。おそらく、正月以来。とはいえ、妹とはしょっちゅうメッセンジャーでチャットしていて、双方の由無し事を伝えているからあまり久しぶり感はなし。

働いているものが4人も集まれば、いつの間にか話題が仕事に行くのは仕方のないこと。妹の旦那はSEで、妹はソフトウェアメーカーのマーケティング部門で朝から晩まで働いている。私はこんな仕事、旦那もコンピュータ関係のハードウェアエンジニ屋。似たような業界に居るわけで共通の話題が多い。と、同時に機密事項も多い。

時間が経過し、話がだんだん盛り上がりの様相を呈してきて、仕事の話になり、愚痴や現在抱えている問題の核心に迫ってくると…「あぁぁぁぁ、ここから先は機密保持契約があるから話せない」私のブログといっしょじゃないかぁ!…これが何度か繰り返され、しゅるしゅるしゅると場が盛り下がる。

で、話はまたあたりさわりのない世間話に戻るのでありました。会社の人としか愚痴を言い合えないのもかわいそうですが(うーん、朝まで飲みたくなるわけだ)、私のよーにこの問題誰かにわかって欲しいのに、誰にも具体的には話せないのよぉ~という立場もあるということで。あーあ。
[小鳥の読書記録]
数日分です。
『Stalked in the Catacombs : A Daring Adventure 3』
3ということは1と2があるはずだが…いつ読んだのだろう? 大体、PBの子供向きシリーズものはどこから読んでもわかるようにできているんですが、娘は1から順番に読むのが好きです。その気持ち、なんとなくわかる…
『The Egypt Game』
背表紙のあらすじによると、エジプト好きの小学生が放課後に集まってエジプトごっこをしていると不思議なことが起こるようになった… "Has the Egypt Game gone too far?" と思わせぶりな終わり方。読みたくなるよね。ちなみに、娘はエジプト大好きで、吉村作治先生が憧れの人。吉村先生がTVに出ていると「かっこいいぃ」と目をきらきらさせる…ま、いいけど。
『the interesting thing that happend at PERFECT ACRES, INC.』
またまた冒険ファンタジーです。厳しい規則にしばられたPerfect Acresで暮らすPerfectaという少女が向かい側にある"the house"にしのびこみ不思議な体験をする話のようだ。
『Dawn’s Wicked Stepsister: The Baby-Sitters Club #31』
Baby-Sitters Clubは100巻を超えるシリーズものです。TVドラマにもなっているんですが、日本では見られるのかな?本は読んだことありませんが、ビデオでは見たことがあります。女の子が数人集まって運営しているベビーシッターサービスを提供するクラブを舞台に話が進むんですが、女の子それぞれに物語があって、糖尿病の子や、親が離婚した子、再婚した子、お姉ちゃんはものすごくできがいいのに、自分はいまいちな子(なぜか、Japanese Americanです)などなど、なかなか面白いです(ドラマの話)。

Family Reunion

三連休の1日、バザーの献品強奪のために実家を襲撃した。久々に、妹夫婦といっしょになる。おそらく、正月以来。とはいえ、妹とはしょっちゅうメッセンジャーでチャットしていて、双方の由無し事を伝えているからあまり久しぶり感はなし。

働いているものが4人も集まれば、いつの間にか話題が仕事に行くのは仕方のないこと。妹の旦那はSEで、妹はソフトウェアメーカーのマーケティング部門で朝から晩まで働いている。私はこんな仕事、旦那もコンピュータ関係のハードウェアエンジニ屋。似たような業界に居るわけで共通の話題が多い。と、同時に機密事項も多い。

時間が経過し、話がだんだん盛り上がりの様相を呈してきて、仕事の話になり、愚痴や現在抱えている問題の核心に迫ってくると…「あぁぁぁぁ、ここから先は機密保持契約があるから話せない私のブログといっしょじゃないかぁ!…これが何度か繰り返され、しゅるしゅるしゅると場が盛り下がる。

で、話はまたあたりさわりのない世間話に戻るのでありました。会社の人としか愚痴を言い合えないのもかわいそうですが(うーん、朝まで飲みたくなるわけだ)、私のよーにこの問題誰かにわかって欲しいのに、誰にも具体的には話せないのよぉ〜という立場もあるということで。あーあ。
[小鳥の読書記録]
数日分です。
Stalked in the Catacombs : A Daring Adventure 3
3ということは1と2があるはずだが…いつ読んだのだろう? 大体、PBの子供向きシリーズものはどこから読んでもわかるようにできているんですが、娘は1から順番に読むのが好きです。その気持ち、なんとなくわかる…
The Egypt Game
背表紙のあらすじによると、エジプト好きの小学生が放課後に集まってエジプトごっこをしていると不思議なことが起こるようになった… "Has the Egypt Game gone too far?" と思わせぶりな終わり方。読みたくなるよね。ちなみに、娘はエジプト大好きで、吉村作治先生が憧れの人。吉村先生がTVに出ていると「かっこいいぃ」と目をきらきらさせる…ま、いいけど。
the interesting thing that happend at PERFECT ACRES, INC.
またまた冒険ファンタジーです。厳しい規則にしばられたPerfect Acresで暮らすPerfectaという少女が向かい側にある"the house"にしのびこみ不思議な体験をする話のようだ。
Dawn’s Wicked Stepsister: The Baby-Sitters Club #31
Baby-Sitters Clubは100巻を超えるシリーズものです。TVドラマにもなっているんですが、日本では見られるのかな?本は読んだことありませんが、ビデオでは見たことがあります。女の子が数人集まって運営しているベビーシッターサービスを提供するクラブを舞台に話が進むんですが、女の子それぞれに物語があって、糖尿病の子や、親が離婚した子、再婚した子、お姉ちゃんはものすごくできがいいのに、自分はいまいちな子(なぜか、Japanese Americanです)などなど、なかなか面白いです(ドラマの話)。

SHINJOエライ!

プロフィールにもあるが、私は獅子のチームを高校生のときから応援している。まだ「がんばれタブチくん」でバカにされてた万年最下位の情けないころから。つまり20+α年以上のファン。でも、今年はSHINJOにちょっと注目。あれくらいエンターテイナーになれる野球選手はちょっといない。

今日もやってくれましたねぇ~ 私はほろよい気分でケーブルで見てたんだけど9回の裏、新庄が打ったときには過去の打席のリプレーが映されているのかと思いましたよ。だって、信じられないじゃないですか。9回の裏、2アウトで逆転サヨナラ満塁ホームランですよ。末次以来の感動(年がばれる?…あのころは巨人ファンだった…)。田中幸雄がしっかりしていればねぇ~満塁ホームランと数えてもらったものを…(スポーツニュースしか見ていなかった皆さん、新庄が悪いんじゃないんです、田中幸雄がうれしさのあまり、新庄に抱きついちゃったもんで、新庄のホームランがシングルヒットになっちゃったんです!)

野球は見ててだるいし、娘もあまり見たがらないもので、どうしてもサッカーかNFLに傾いてしまうんだけど、今日は五十嵐亮太の158kmピッチングといい(こっちはヤクルト-阪神戦)、なかなか楽しいゲームを見させていただきました。アリガタヤ、アリガタヤ(ケーブルでザッピングしているのがばれてしまう…これで中日が巨人を逆転していれば…イマハアンチキョジン)。

SHINJOエライ!

プロフィールにもあるが、私は獅子のチームを高校生のときから応援している。まだ「がんばれタブチくん」でバカにされてた万年最下位の情けないころから。つまり20+α年以上のファン。でも、今年はSHINJOにちょっと注目。あれくらいエンターテイナーになれる野球選手はちょっといない。

今日もやってくれましたねぇ〜 私はほろよい気分でケーブルで見てたんだけど9回の裏、新庄が打ったときには過去の打席のリプレーが映されているのかと思いましたよ。だって、信じられないじゃないですか。9回の裏、2アウトで逆転サヨナラ満塁ホームランですよ。末次以来の感動(年がばれる?…あのころは巨人ファンだった…)。田中幸雄がしっかりしていればねぇ〜満塁ホームランと数えてもらったものを…(スポーツニュースしか見ていなかった皆さん、新庄が悪いんじゃないんです、田中幸雄がうれしさのあまり、新庄に抱きついちゃったもんで、新庄のホームランがシングルヒットになっちゃったんです!)

野球は見ててだるいし、娘もあまり見たがらないもので、どうしてもサッカーかNFLに傾いてしまうんだけど、今日は五十嵐亮太の158kmピッチングといい(こっちはヤクルト−阪神戦)、なかなか楽しいゲームを見させていただきました。アリガタヤ、アリガタヤ(ケーブルでザッピングしているのがばれてしまう…これで中日が巨人を逆転していれば…イマハアンチキョジン)。

ちょっと変な仕事…

…に今、かかわっている。仕事自体は別に変でもなんでもない、マニュアル作成なんだけれど、自分で日本語のマニュアルを書き、それを英語に翻訳するという仕事。クライアントさんには日本語のマニュアルと、その英訳版マニュアルの両方を渡すことになる。つまり、久々のテクニカルライターの仕事と翻訳の仕事を並行していやっているというわけ。

クライアントさんは日本語版は英語のマニュアル完成後でいいから先に英語のマニュアルを書いてくださいと言ってきたんだけど、ネイティブジャパニーズの私にはそんな器用なことはできないので、こーゆー自分の首を絞めるような話になった。

テクニカルライターの仕事のほうは仕様書を見ながら書くわけで、実際のマシンやソフトウェアに触っていないから、クライアントさんから「ここをこう直してくださいね」とか「ここをちょっと詳しく」とか「ここはいらない」などという指示が来る。それを「はいはい」と直すだけならただのライターで、そのあと、修正内容を英訳の方にも反映することになるからややこしい。

そこで、翻訳支援ツールという原文と訳文をデータベースに登録し、後でそのデータベースを参照できるようにするソフトウェアを使っている。これだと、修正後の日本語版をツールにかければ、修正していないところについては既存の訳を引っ張ってきてくれるし、修正したところについてはどこがどう変わったかを教えてくれるから、いちいち、旧版を持ってきて見比べる必要がないので楽。

ただ自分の日本語を見ながら英語に訳しているといろいろ気づくところも多くて… またその話は後日。
[小鳥の読書記録]
あちこちにいろいろな本が散らかっていて、どれを読み終わったのかわからん。私が忙しいと必ずこうなる…本の散乱のこと。寝る前に子供用PBのシリーズ者をいろいろ読んでいるみたいだけど、確かなのはグインの5巻目『アルゴスの黒太子』を読んでいることだけです。いや、『アルゴスの明太子』といってからかったから覚えているんですが…

ちょっと変な仕事…

…に今、かかわっている。仕事自体は別に変でもなんでもない、マニュアル作成なんだけれど、自分で日本語のマニュアルを書き、それを英語に翻訳するという仕事。クライアントさんには日本語のマニュアルと、その英訳版マニュアルの両方を渡すことになる。つまり、久々のテクニカルライターの仕事と翻訳の仕事を並行していやっているというわけ。

クライアントさんは日本語版は英語のマニュアル完成後でいいから先に英語のマニュアルを書いてくださいと言ってきたんだけど、ネイティブジャパニーズの私にはそんな器用なことはできないので、こーゆー自分の首を絞めるような話になった。

テクニカルライターの仕事のほうは仕様書を見ながら書くわけで、実際のマシンやソフトウェアに触っていないから、クライアントさんから「ここをこう直してくださいね」とか「ここをちょっと詳しく」とか「ここはいらない」などという指示が来る。それを「はいはい」と直すだけならただのライターで、そのあと、修正内容を英訳の方にも反映することになるからややこしい。

そこで、翻訳支援ツールという原文と訳文をデータベースに登録し、後でそのデータベースを参照できるようにするソフトウェアを使っている。これだと、修正後の日本語版をツールにかければ、修正していないところについては既存の訳を引っ張ってきてくれるし、修正したところについてはどこがどう変わったかを教えてくれるから、いちいち、旧版を持ってきて見比べる必要がないので楽。

ただ自分の日本語を見ながら英語に訳しているといろいろ気づくところも多くて… またその話は後日。
[小鳥の読書記録]
あちこちにいろいろな本が散らかっていて、どれを読み終わったのかわからん。私が忙しいと必ずこうなる…本の散乱のこと。寝る前に子供用PBのシリーズ者をいろいろ読んでいるみたいだけど、確かなのはグインの5巻目『アルゴスの黒太子』を読んでいることだけです。いや、『アルゴスの明太子』といってからかったから覚えているんですが…

The Read-Aloud Handbook

読み聞かせ―この素晴らしい世界
亀井 よし子 ジム・トレリース Jim Trelease
高文研
売り上げランキング: 418,127

私がアメリカに居たころだからかれこれ7~8年前になりますが、日本と同じく、「読み聞かせ」の重要性が話題になっていました。そのときに勧められたのが『The Read-Aloud Handbook』(by Jim Trelease) です (左の写真は日本語版。著者名で検索していて、初めて日本語版が出ているのを知りました)。
初版は1985年ですが、何回も改版されています。私が持っているのは第4版です。
詳しい内容はAmazon.co.jpを見ていただきたいのですが、英語版で最も役に立ったところは、子供のレベルに応じた本を紹介しているセクション "Treasury of Read-Alouds" です (日本語版では、目次を見た限りでは、この部分が割愛されているかもしれません)。

このTreasuryでは、子供用の本(もちろん洋書です)をWordless Books、Predictable/Cumulative Books、Picture Reference Books、Picture Books、Short Novels、Novels、Poetry、Anthologies、Fairy and Folk Talesに分け、分類基準、本のタイトルと出版社、出版年、対象年齢、ページ数が明記されています。Picture Reference Books以降の本には簡単な説明も記載されています。日本でもおなじみの本もたくさんあります。シリーズものなら第1作が紹介されていて、このあとはこの順に読むといいよ~なんてのも書いてあって、とても親切。お子さんに洋書の読み聞かせをしたいという方、一度、洋書店でご覧になることをお勧めします。最新版は第5版で、インターネット関係のリファレンスがついているようですね。買い換えようかな… うちの娘はまだ読み聞かせを卒業していないしぃ…

The Read-Aloud Handbook: Sixth Edition
Jim Trelease
Penguin Books
売り上げランキング: 51,824

[小鳥の読書記録]
最近ひじょぉぉぉぉに忙しくて、小鳥が何を読んでいるか、わからない。ベッドサイドを見たときにしおりが入っていたのがこれ。
Enemy of God: A Novel of Arthur』(by Bernard Cornwell)
アーサー王の伝説を基にした全3巻の小説。はっきりいって、私は読む気にもならない字の小ささとボリューム。その下に残りの2冊もおいてあった (この2冊は以前、この読書記録に登場したと思う)。どうして同じ本を何回も読むのかと聞いたら「読むたびに新しいことが見つかるから」。面白い話は先へ先へとどんどん筋を追って読んでしまうから、繰り返し読めるんだそうです。そんなもんかね。

The Read-Aloud Handbook

私がアメリカに居たころだからかれこれ7〜8年前になりますが、日本と同じく、「読み聞かせ」の重要性が話題になっていました。そのときに勧められたのが『The Read-Aloud Handbook』(by Jim Trelease) です (左の写真は日本語版。著者名で検索していて、初めて日本語版が出ているのを知りました)。
初版は1985年ですが、何回も改版されています。私が持っているのは第4版です。
詳しい内容はAmazon.co.jpを見ていただきたいのですが、英語版で最も役に立ったところは、子供のレベルに応じた本を紹介しているセクション "Treasury of Read-Alouds" です (日本語版では、目次を見た限りでは、この部分が割愛されているかもしれません)。

このTreasuryでは、子供用の本(もちろん洋書です)をWordless Books、Predictable/Cumulative Books、Picture Reference Books、Picture Books、Short Novels、Novels、Poetry、Anthologies、Fairy and Folk Talesに分け、分類基準、本のタイトルと出版社、出版年、対象年齢、ページ数が明記されています。Picture Reference Books以降の本には簡単な説明も記載されています。日本でもおなじみの本もたくさんあります。シリーズものなら第1作が紹介されていて、このあとはこの順に読むといいよ〜なんてのも書いてあって、とても親切。お子さんに洋書の読み聞かせをしたいという方、一度、洋書店でご覧になることをお勧めします。最新版は第5版で、インターネット関係のリファレンスがついているようですね。買い換えようかな… うちの娘はまだ読み聞かせを卒業していないしぃ…

『The Read-Aloud Handbook』(by Jim Trelease)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0141001615/qid=1095397713/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-0189425-2694704

ISBN:4874980902 単行本 Jim Trelease 高文研 1987/12 ¥1,365
[小鳥の読書記録]
最近ひじょぉぉぉぉに忙しくて、小鳥が何を読んでいるか、わからない。ベッドサイドを見たときにしおりが入っていたのがこれ。
Enemy of God - A Novel of Arthur』(by Bernard Cornwell)
アーサー王の伝説を基にした全3巻の小説。はっきりいって、私は読む気にもならない字の小ささとボリューム。その下に残りの2冊もおいてあった (この2冊は以前、この読書記録に登場したと思う)。どうして同じ本を何回も読むのかと聞いたら「読むたびに新しいことが見つかるから」。面白い話は先へ先へとどんどん筋を追って読んでしまうから、繰り返し読めるんだそうです。そんなもんかね。

日本語の日本語訳

翻訳会社に勤める友人からSOS。英文法が不得意な私をいつも親切に助けてくれる彼女だ。クライアントからちょっと英訳してみてくれないか、よければお仕事あげるからと頼まれた(いわゆるトライアル)のだが、困ったことがあるという。書かれている日本語がさっぱりわからないというのだ。

「コンピュータ関連のことだと思うんだけどぉ~」

というので、軽い気持ちでみてあげた。

ひどっ!

専門知識とか何とか言う以前の問題で、日本語をなしていない。わー、エンジニ屋の日本語だぁ~

大学卒業後、すぐに勤めた会社では、(Job Discriptionsには書かれていなかった)庶務の傍ら、エンジニ屋が書く技術文書の英訳をやっていた。そこそこ名の知れた会社で、エンジニ屋さんたちも有名大学・大学院卒という人が多かったんだけど、その日本語ときたら…ひとりよがり、他人に読ませるということは何も考えていない。あまりにひどいときは書いた本人のところに質問に行くこともあったが、そんなとき、相手は自分の書いたものを読み、しばらく考えてから「後で答えるね」…この「後」は新しく書き直された(少しはましになった)文書が来るか、またはまったく来ないかのどちらかだった。

少し、ちゃんと作文の書き方教えてあげたほうがいいんじゃないかな~ 技術の発展のためにも。

話を元に戻す。てなわけで、私が英訳してしまうわけにはいかないから、日本語訳してあげた。必要なところに読点を打ち、主語を補い、係り受けをはっきりさせ… あらあら、A4 1ページにも満たない文章なのに30分もかかっちまった。

彼女はわかりやすくなったと喜んでいたけど、ほんとに、この仕事、引き受けることになったら大変じゃないかな~と思う私でありました。

日本語の日本語訳

翻訳会社に勤める友人からSOS。英文法が不得意な私をいつも親切に助けてくれる彼女だ。クライアントからちょっと英訳してみてくれないか、よければお仕事あげるからと頼まれた(いわゆるトライアル)のだが、困ったことがあるという。書かれている日本語がさっぱりわからないというのだ。

「コンピュータ関連のことだと思うんだけどぉ〜」

というので、軽い気持ちでみてあげた。

ひどっ!

専門知識とか何とか言う以前の問題で、日本語をなしていない。わー、エンジニ屋の日本語だぁ〜

大学卒業後、すぐに勤めた会社では、(Job Discriptionsには書かれていなかった)庶務の傍ら、エンジニ屋が書く技術文書の英訳をやっていた。そこそこ名の知れた会社で、エンジニ屋さんたちも有名大学・大学院卒という人が多かったんだけど、その日本語ときたら…ひとりよがり、他人に読ませるということは何も考えていない。あまりにひどいときは書いた本人のところに質問に行くこともあったが、そんなとき、相手は自分の書いたものを読み、しばらく考えてから「後で答えるね」…この「後」は新しく書き直された(少しはましになった)文書が来るか、またはまったく来ないかのどちらかだった。

少し、ちゃんと作文の書き方教えてあげたほうがいいんじゃないかな〜 技術の発展のためにも。

話を元に戻す。てなわけで、私が英訳してしまうわけにはいかないから、日本語訳してあげた。必要なところに読点を打ち、主語を補い、係り受けをはっきりさせ… あらあら、A4 1ページにも満たない文章なのに30分もかかっちまった。

彼女はわかりやすくなったと喜んでいたけど、ほんとに、この仕事、引き受けることになったら大変じゃないかな〜と思う私でありました。

本当は敬老の日なのに…

週の真ん中、水曜日とか木曜日に休みがあるとすごく嬉しい。フリーで自宅で働いているくせになぜと言われるかもしれないが、とにかく、朝早起きしなくていいだけでも嬉しい。

フリーとはいえ、とりあえず、主婦業ってやつはやらないといけないでしょ。すると、平日、学校や会社があればお弁当作りがついてくるのです。でも、休みの日にはそれがない。弁当作りは嫌いじゃないが、ちょっと嬉しい。

三連休のほうが遊べると下々の生活をご存じない政治家さんたちがお決めになられたハッピーマンデー。でも、この法律が制定されて以来、三連休にどこかに行ったという記憶がない。プチ引きこもり家族の私たちは「三連休ぅ~?どこに行っても人だらけだよぉ~うちにいようよぉ~」てな具合で、旦那と子供は2人でゲームしたり、将棋したり。私はSOHOには三連休はない!とお仕事。いくら仲良し家族でも、狭い家の中で3日連続、同じ顔を見続けていると飽きてくる。土日の2日くらいがいいなぁ~ というわけで、我が家には家で過ごす三連休はいらない。

あー、今日が休みだったらな~ あの仕事と、この仕事が終わったんだけどな~ 娘に部屋の掃除をさせたんだけどな~ などと思いながら、次の三連休の実家襲撃計画を立てるのでありました。

本当は敬老の日なのに…

週の真ん中、水曜日とか木曜日に休みがあるとすごく嬉しい。フリーで自宅で働いているくせになぜと言われるかもしれないが、とにかく、朝早起きしなくていいだけでも嬉しい。

フリーとはいえ、とりあえず、主婦業ってやつはやらないといけないでしょ。すると、平日、学校や会社があればお弁当作りがついてくるのです。でも、休みの日にはそれがない。弁当作りは嫌いじゃないが、ちょっと嬉しい。

三連休のほうが遊べると下々の生活をご存じない政治家さんたちがお決めになられたハッピーマンデー。でも、この法律が制定されて以来、三連休にどこかに行ったという記憶がない。プチ引きこもり家族の私たちは「三連休ぅ〜?どこに行っても人だらけだよぉ〜うちにいようよぉ〜」てな具合で、旦那と子供は2人でゲームしたり、将棋したり。私はSOHOには三連休はない!とお仕事。いくら仲良し家族でも、狭い家の中で3日連続、同じ顔を見続けていると飽きてくる。土日の2日くらいがいいなぁ〜 というわけで、我が家には家で過ごす三連休はいらない。

あー、今日が休みだったらな〜 あの仕事と、この仕事が終わったんだけどな〜 娘に部屋の掃除をさせたんだけどな〜 などと思いながら、次の三連休の実家襲撃計画を立てるのでありました。

またまた弁当の話から始まる…

今日の朝刊、婦人面に「中学2年生男子の弁当を調査した結果、主食、副食の割合、栄養のバランスが不適切なものが多く、そもそも弁当箱の大きさが子供の体格にあっていないものが87%もいた」という記事が載っていた。

ほーら、また、おかーさんを悩ませる記事だよん。

「弁当箱の売り場に年齢や体に合わせた容量やエネルギー表示があれば」いいのに…と記事はしめくくっている。"ほとんどの子供が体に合わない弁当箱を使っている"としながら、"年齢・体格にあった弁当箱とは"ということには言及していない。

もぉ、おかーさん悩むじゃない。

まー自分でGoogleでもして調べりゃいいんだけど、新聞なんだからさ、紙面に限界はあるにしても、せめて、参考サイトとか資料とか載せててくれてもいいんじゃない?と自分で調べるまもなく、朝刊を置き、駅へ走るおかーさんは思うのでありました。通勤もあと4日だ!!

またまた弁当の話から始まる…

今日の朝刊、婦人面に「中学2年生男子の弁当を調査した結果、主食、副食の割合、栄養のバランスが不適切なものが多く、そもそも弁当箱の大きさが子供の体格にあっていないものが87%もいた」という記事が載っていた。

ほーら、また、おかーさんを悩ませる記事だよん。

「弁当箱の売り場に年齢や体に合わせた容量やエネルギー表示があれば」いいのに…と記事はしめくくっている。"ほとんどの子供が体に合わない弁当箱を使っている"としながら、"年齢・体格にあった弁当箱とは"ということには言及していない。

もぉ、おかーさん悩むじゃない。

まー自分でGoogleでもして調べりゃいいんだけど、新聞なんだからさ、紙面に限界はあるにしても、せめて、参考サイトとか資料とか載せててくれてもいいんじゃない?と自分で調べるまもなく、朝刊を置き、駅へ走るおかーさんは思うのでありました。通勤もあと4日だ!!
カレンダー
08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR