スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄関から入ってくる泥棒…

と、旦那には言われている。実家に帰ったときの私。別に、合意の下でもらっているんだから、泥棒じゃないんだけどね…たしかに、ほとんど手ぶらで訪ねていって、これでもかってくらいいろいろもらって帰ってくるからなぁ~



夏休み中、一度くらいは小鳥の顔を見せに行かなければいけないなと思いつつ、気がついたら夏休み最後の日。お昼だけ食べに行くね、と連絡して出かける。別に行ったところで小鳥はなーんもすることないんだけど、まあ、じじばばと話をするのも一人孫の義務と悟っているようで。



今日の収穫は、自家製のオクラ、たまねぎ、じゃがいも、みょうが、きゅうりの古漬け(塩出しをして、生姜の千切りを混ぜて食べるとうまい)、小鳥の好きな魚の干物とスモークサーモン、鶏モモ肉のロースト、ヤクルト6本、ヨーグルト2種類。別に頼んでもいないのにぃ~親心ってやつですか?



あ、あと糠床ももらった。うちの糠床がどうしてもおいしくならないので、熟成した実家の糠床と混ぜたらいいかなと思い、こちらは私がリクエスト。



てなわけで、半日にも満たない滞在でしたが、いろいろもらってしまいました。次は正月かなぁ~
スポンサーサイト

冷凍食品オンパレードだもん!!

昨日、さーて、夕飯の支度をしようかなと思ったところに旦那からメール。

「夕飯食べられませんでした。よろしく」



夏休み中でも、文明から離れたところに勤務する旦那は弁当を持って行く。夕食は会社の食堂で食べるから。2食、社員食堂で食べるというのはどう考えてもかわいそうなんで、お昼は弁当。でも、ミーティングだ、来客だ、緊急事態の発生だってな具合で食べ損なうことがある。文明からかけ離れたところで働いているため、5時30分に夕食を食べ損なうと(病院ではない、念のため)、周りに食事をする場所はないから、結果として、家に帰ってくるまで何も食べられないことになる。そうすると、いきなり「夕飯作ってください」メールが来る。



というか、メールが来ればいいほうで、帰ってきていきなり、何か食べるものない?!ということがほとんど。だいたい、そういう時は日付変更線に近い時間で、空腹の絶頂だから始末が悪い。というわけで、旦那が日本にいるときは私は朝から夜中まで食事の支度をしているという次第です。ストレスいっぱい。



閑話休題。仕方ないので、次の日(つまり今日)のお弁当用に取り分ける予定だった豚肉を夕食にまわすことにした。う、こうすると、弁当のおかずがなくなる。実は、この日、冷蔵庫に2人分の夕食+1人分のお弁当に間に合うくらいの肉があったので、買い物に行っていなかったのだ。しかし…今は夕食が優先。



というわけで、今日のお弁当の主菜は冷凍食品のシューマイとから揚げになりました。やっぱり、平日の夕飯を冷蔵庫掃除にあててはいけないということだな。

小鳥の読書記録~8月その1

今月もいっぱい読みました。やれやれ。

本の画像とAmazonへのリンクについては[Home]をご覧ください(開くまでに時間がかかります)。



[Junior]

American Adventureシリーズ

3 : Dream Seekers

4 : Fire by Night

Loree Lough



Adventures in South America

Jeanette Windle

Book 1: Cave of the Inca Re、Book 2: The Jungle Hideout、Book 3: Captured in Colombiaが1冊にまとまっててお得♪



[Middle]

brio girlsシリーズ

Fast Forward to Normal

Stuck in the Sky

Lissa Halls Johnson



Lion Boy : The Chase

Zizou Corder



Tales of the Kingシリーズ

1 : The Quest for the Silver Castle

2 : The Journey with the Golden Book

Lela Gilbert



The Daystar Voyagesシリーズ

1 : Secret of the Planet Makon

Gilbert Morris and Dan Meeks



The Enchanted Forest Chronicles

1 : Dealing with Dragons

Patricia C. Wrede



Trailblazer Books

The Betrayer's Fortune

The Warrior's Challenge

Kidnapped by River Rats

Dave & Jeta Jackson



The Graveyard Gang

James Duffy



St. George For England

G. A. Henry



[High]

The Fiction of J.R.R. Tolkien : Master of Middle-Earth

Paul H. Kocher

ツリーハウスをつくる

図書館で衝動借りした本。日本を含め、世界中のいろいろな国のツリーハウスを紹介している。とにかく写真が美しい。木々に囲まれたツリーハウスはどれも人工物でありながら自然に溶け込んでいる。春夏秋冬、写真によって季節は違うし、ツリーハウスの形状も千差万別だけれど、どれとして不自然なものがないのが不思議。写真を見ているだけで癒される本です。



実は、借りてきたのは私だけど、最初に読んだのは小鳥です。アメリカの子供向けのお話の舞台として、「attic」と「tree house」は常連で、どちらも(4歳以降)日本育ちの小鳥には憧れの的。これがいい、あ、これもいい、作ってぇ~と言いながら読んでおりました。



ただ、この本の一番最初のページに載っている「ツリーハウスの原点」、地上46メートルのところにあるパプア・ニューギニアのツリーハウスは「いらない」といってましたけど(^^;)



『ツリーハウスをつくる』ISBN:457605127X

ピーター・ネルソン/日本ツリーハウス協会

二見書房 2005/07 ¥1,890

やっとおわった…

500個近いのXMLファイルの翻訳終了。あとは「朝令暮改」の指示の反映をかけるだけ。「だけ」って、これが一番大変…なんですが。なんていっても仕事を始めてから約2週間分の指示がたまっている。指示がでるたびに直せばよさそうなものだけど、そうもいかない。いちいち反映していると、修正指示に該当する箇所が含まれるファイルを探して、これを開いて、直して、また閉じて…で、新規ファイルを翻訳してなんてことをやっていると、頭がごちゃごちゃになってしまうのである。あー年はとりたくない。



とにかく、タグがごっちゃり入ったXMLファイルの翻訳はめんどー。特に、今回のように実際のイメージを表示できない場合は悪夢。タグだらけの文章の中から本文らしきものを見つけてつなげるのは英語を読んでいるというよりもパズルであります。年々、集中力が落ちてくのがわかる…意味もなく左肩は痛いし(四十肩かなぁ~)ほんと、このままではいかん。年をとってもできる仕事を見つけなければ。

こんなのみっけたぁ~

タイプ別性格判断だって

http://www32.ocn.ne.jp/~emina/



私は[INFJ型:人に感化を与える]だそうだ。あたってるよーな、うそーって感じなような。お試しください。

胸毛占い~やってみた

私はジョージ・マイケルだそうだ。
● ジョージ・マイケルの胸毛さんは、感受性が鋭く、子供のように素直で純真な胸毛です。胸毛を疑うことをしないため、時には騙されて傷つくこともあるのですが、そんな経験がアナタをより強く優しい胸毛にしていきます。また、子供のような胸毛を持っているということは、既成概念にとらわれない、自由で自然体な生きかたができるということでもあります。どんな場所でも素直に周囲の意見を受け入れるので、無理なくその場に溶け込んでいけるでしょう。ただし、自然体という気質が悪い方向に出てしまうと、ワガママで気まぐれだというレッテルを貼られてしまうかも。自分勝手な胸毛を慎むことが、開運の大きな鍵になりそうです。恋愛面では、胸毛の素直さを大事にしてみて。
うーん、あたっているかもしれない…いや、私は自然体だけど、石と同じで、場に溶け込むというよりも、どんな場所でも「無視される」または「気に留められない」だと思うんだけどなぁ~

● ××さんの本当の名前は、ナンシーです!
すーじーだってば!!



あ、あたしもトラバればよかったんだ…とKootoyさんのを見て気づき、トラックバックしてみました♪…あ、なんか間違ってダブっちゃいました。ごめんなさい。編集したのがいけなかったかな?


2人分しかないの ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

トイレの工事が入っています。まずは2階から。台風前で涼しいとはいえ、やっぱり、半畳にも満たない密室での作業は大変そうでした。



閑話休題



旦那が海外出張中に買っておいて、食べ損なっていた白熊。小鳥が食べたいというので、急いで食べる。なんたって、2人分しかないから。あと、2口、3口で食べ終わる…というところで、玄関を開ける音。あらー帰ってきちゃった。



「パパの分ないのぉ~」

と、明るい小鳥。蒸し暑い中、重いかばんを抱えて帰ってきた旦那は…(-_-メ;)

「はい、どーぞー」

小鳥が旦那の口の中に白熊のかき氷部分を入れてあげる。



これですべて解決。あー、これだから、ひとり娘のおやぢは甘いって言われるのよね~

と、自分の分はすべて一人で食べた私であった

工事が入るので…

明日からトイレの工事が入るので、その前に大掃除。トイレは外して捨てるだけ…ということはわかっているけど、とりあえず、見栄があるのできれーにします。あわせて、洗面所やトイレの床を磨いたり、窓を掃除したり、工事の人が通るであろう場所もあわせてきれーに。プチ大掃除です。



汗かいてやってたら、小鳥がやってきて、眠くて勉強に集中できないから手伝うとのこと。おーそれならやってくれと、小鳥(娘)のコレクションの小鳥(ひよことか、ふくろうとか、空を飛ぶもの)の置物が飾られている玄関の飾り棚兼下駄箱をきれいにしてもらいました。



掃除後、小鳥の一言。

「きれいになりすぎて落ち着かない」

…うん、私もそう思う… あー親子だなぁ~(自己嫌悪)

書籍の予約

インターネット経由で市立図書館の本を予約できるようになった。めでたい。



図書館の蔵書データベースから検索して、欲しい本が見つかったら[予約]ボタンをクリックし、貸し出しカード番号と受け取り図書館を入力すれば、その本が予約できる。今までは図書館まで出向き、図書館のPCでデータベースを検索して、当該書籍を見つけ、その情報を紙に書き写して、この紙をカウンターまで持っていかなければならなかった(正確に言うと、検索は自宅のPCからオンラインでできたけど、結局、その情報を紙に書いて、図書館に行き、図書館の専用申し込み用紙に書き写すという手間があった。これがいやなんで、申し込み用紙をうちに常備しておいたんだけど、ある日、この用紙に記入して図書館に持っていったら、予告もなしにフォームが変わっていたということもある。ま、しらばっくれてそのまま出したら、通用したけど)。それに比べるとこの楽さよ!!あまりにもうれしくて、7冊も予約してしまいました。ま、人気のある本は数十人の待ち行列ができているので、7冊まとめてくるわけではないから、読めないかもしれないという不安はないですが。
しかし、私がアメリカに住んでいたのは10年近く前になるけど、そのときにはすでに同じシステムがあったぞい。

子供の作文の翻訳

ボランティアで、子供の作文の翻訳をしている。英語で書かれてはいるが、おそらくは、東南アジアのどこかの国の言語で書かれたものを、英語に訳したものだろう。タイトルが「私の夢」というものだから、ほとんどの作文が「I wish…」で始まっていて、おまけに、ほとんどの作文のほとんどの文章が「I wish…」で始まっているものだから困ってしまう。



作文を書いたのはほとんどが9~11歳の子供。国から見て(それから、作文の内容から見て)あまり、高度な作文教育は受けていないと思われる。だから、「~だといいな」的な文章の羅列。日本の子供の作文を添削なしに見たのと同じだ、これ。



こーゆー場合、プロの翻訳家の人はどうするのだろう?ほんやくやさんとしては、あまりにも見苦しい文章は日本語訳のときに適宜、読みやすくするのだけれど、それはほんやくやさんとしての目的が、わかりやすいマニュアルを作ることだからであって、ポイントが伝えられれば、文学的な面やリアリティにはいっさいこだわらなくていいから。



でも、これは、東南アジアの子供たちが書いた文章を日本語にするわけである。だから、文学的な文章である必要はないし、読みやすくする必要はないわけ…だよね?一番大切なのは「子供が書いた日本語みたいな文章にすること」でしょ?



たまに、一味違った文章を翻訳すると、ささいなことで悩むほんやくやさんでありました。ボランティアでも真剣にやっているということで。

わらわらと、どこからか…

仕事がやってきて、細かいのをこちらから1件、あちらから1件と引き受けていたら、塵も積もれば何とやら状態になってしまった。ここんとこまったりと悠長に仕事をしていたので、1日に新規で3000ワードとか4000ワードとかゆーのはどのペースでやっていたのか、体が忘れてしまっている。
絶好調のときは1日最高6000ワードってのもあったんだけどね。もっとも、この調子でのお仕事は連続3日が限度です。体力的に持ちません
あー困った。おまけに、塾があるとはいえ、小鳥が家にいるから、3食支度しなければならないし、形だけでも「主婦業」しているところを見せなければいけないから余計ペースが乱れる。うーん、早く社会復帰しなければ。

私はぼちぼち引っ越します

なんか、みなさん、こぞって新ブログに移行されるみたいですが、8月末まで仕事がびしーっと入ってしまいましたので、暇をみてこそこそ移動します。今後とも、よろしくお願いします。



とはいえ、新しいブログの編集ツールに「お知らせ」として「データが消失するかもしれないよん」という恐ろしい警告が書かれていたので、当分、両方とも更新します。念には念を入れてということで…

夏休みの宿題に思うこと…

小鳥は今日まで塾の夏休み。計画の甘さで自由研究すべてのまとめを今日やらねばならぬ(むぅりぃ~)。黙々となにやらやっているが、別に助けを求められているわけではないので、無視。かといって、隣で本を読んだり、ビーズ細工をしたりしているわけにもいかないので、かなり先の納期の仕事をする。



しかし、学校ってのも非効率的なところだ。学校では、PowerPointとかWordとかで文書を作らせているくせに(私から見れば余計なお世話…だって、表面的な使い方を教えているだけで、応用力が身につく教え方ではないんだもん)、夏休みの宿題は模造紙に手書きだと。何考えているのだか。コンピュータなんてものは道具に過ぎないんだから、別に子供の頃から教える必要はぜーんぜんなくて、むしろ、手で書く場合の段取りを根気よく教えるほうが大事だろと思う(きっと面倒なんだろうな…)。おかげさまで、小鳥は1年に1度、夏休みにしか模造紙を使わないもんだから、私は昨年も、一昨年も言ったことをまた繰り返している。あーストレスたまる!!
       私はWindows アプリケーションの使い方を教えるほうが得意だぁ~
これって、小鳥の学校だけですかね?



極端な意見かもしれないけど、英語にしても、コンピュータにしても、大人になってできない人が、今の自分が努力しないのを棚に上げて、これは子供の頃からやっていなかったからできないんだって、自分の子供には小さいうちからって思い込んでいるんではないか?悪いけど、できる、できないは年齢ではなく、やる気の問題で、英語もコンピュータも、やる気や興味のない子は子供の頃からやってもできてないんだよね。それよりも、子供のうちにもーっとやらないといけないことがあると思うけど。なんて、それはアナログな時代に育ったからいえることかなぁ~



時代は変わってきたかもしれませんが、矛盾ない指導を学校にはお願いしたいですね。あー夏休みは疲れる。

地震…

調子が出なくて、2階の寝室で布団にひっくり返って居眠りしていたら、どかんと来た。あまりの揺れに、びっくりするよりも先に、階下で勉強しているはずの小鳥が気になって呼んだが返事がない。もう一度、呼ぶと、2階の子供部屋から「ここだよー」とくぐもった声。机の下にもぐっているようだ。私が寝ている間に勉強場所を変えたらしい。家の中にあるウィンドベルが大きな音を立て、屋外の電線も大きく上下していたのに、震度3とは。うーん、やっぱり「浦」だけあって、地盤がゆるいのかな、この辺は。



実は、今朝、大きな地震が来た夢を見て変な時間に起きちゃったんだよね。それに夏バテ、どでかいプロジェクトが終わったという開放感、その他もろもろが重なって、昼寝ならぬ朝寝をしていたんだけど… 正夢かぁ~



お盆で東北地方に帰省しているはずの友人の安否をメールで確認すると、本人はすでに帰京し会社で仕事中。中学生のお子さん2人だけ、新幹線に閉じ込められている模様だという。小鳥と仲良しの姉妹で、いつも遊んでもらっているだけに心配。でも、当のおかあさんは「2人だし、食べ物も飲み物もおばあちゃんが十分持たせてくれているから大丈夫」というんですが。



地球がエネルギーを少しずつ放出しているのだと思い込みたいです。
新ブログへの移行ですが…アクセスするたびに、バグが減ったり、増えたりしていて、まだ安定していないみたいなんで、もうちょっと様子を見ます。おばあちゃんの遺言で「初期ロットには手を出すな」といわれているので ヘ(..、ヘ)☆ヽo( ̄∇ ̄ ) ベシッ。

夏休みの宿題

昨年の夏休み終了間際の大騒ぎに懲りず、8月に入ってものほほーんとしている小鳥に、「今年は塾の夏期講習後期が始まる前に宿題が終わっていなかったら、一切協力しない(金も出さない、手も出さない、買い物も一人で行けぇ~)」と宣言したら、仕事の谷間でぼーっとしていたいのに、宿題の手伝いを頼まれた。小鳥の学校は夏休みの宿題が山のように出る(親が手伝わないとできないようなものもある…)。ほんとうはひとりでやってほしいんだけど、火を使いたいというのでお手伝いする私。でも、結局、口も出してしまう。あーん。



だいたい、ひとりで仕事をしているのだって、人にものを任せるとか、下の人を育てるとかゆーのが苦手だからなのに、超不器用で段取りの悪い小鳥が理科の実験をもたもたやるのを黙ってみていられるかぁ~…いや、黙ってられないのはわかっていたから、私がいないときにやって欲しかったのにぃ (つд⊂)エーン



まあ、口は最小限に抑えましたが…あとは模造紙へのまとめが残っているのよね。これも見たくないなぁ~
ちまきさま

おやおや、ここにもエロイカファンが… 残念ながら、私が持っているのは、エロイカのLPではなく、LPをカセットに録音したものです。高校時代はお金がなかったもんで…

セレブって…+エロイカ続き

「セレブって、今の日本語ではどういう意味で使われているの?」



とアメリカ在住の日本人に聞かれたのはつい最近。



私もよくわからなかったんだよね。「白金のセレブなマダム」とかってよく雑誌に載っているけど、見ればこんな人知らないよってな感じで。セレブリティというのは有名人のことで、別に金持ちである必要はないと思ってたんだけど、私、間違ってますか?



間違っていたよぉですぅ~



「セレブ」っていうのはお金に不自由のない方のようですよね、厚生労働省も認めている。
杉田かおる、厚労省にも捨てられる!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050814-00000012-nks-ent

杉田は同省所管の財団法人が作製した禁煙ポスターに登場、「セレブは、吸わない。」と訴えていたけどイメージが悪いからどーしよーかなーなんだって。
いや、確かに、離婚騒動でこの人の印象がかなり悪くなった(最初からよくない気もするが)のは認めるけど、金持ちと離婚したから「セレブではなくなり…」っていってたり、「セレブの意味は単なる金持ちの女性ではなく…(以下略)」って言っている人がいたりって、うーん、やっぱり、「セレブ」ってのは外来語の省略形じゃないのね。それも女性だけみたいだし。



ま、誰も「セレブリティ」とは言っていませんから、「せれぶ」という日本語があるということで。間違っても、「セレブ【名詞】英語の「celebrity」から来た言葉」と定義してはなりませぬ。
berylさん

エロイカ仲間(?)がいてうれしゅーございます。私は高校時代から、つまり、リアルタイムで読んでおりまして、その割には社会情勢に疎いもんだから、国家間の力関係など、エロイカから学んでおりました(おります…かな?)昔は、エロイカのレコード(CDではない)もでていたんですよぉ~ ちなみに、声の出演は、伯爵・野沢那智、少佐・中田浩二(サッカー選手ではない)、小熊のミーシャ・森山周一郎でした。あ、またこーふんしてしまった。自省します。

欲しいぃぃー!!!

欲しいぃぃぃ~ 日本語版は全巻持っててもこっちも欲しいぃ~ 英語を話す少佐が見たい~ (本当はドイツ語を話す少佐、英語を話す伯爵とジェームス君だろうけど、私はドイツ語は理解できない)中国語版も読みたいよぉ~



でも、高いよね… 日本語のコミックスが約2冊半買える値段だよね… おかーちゃんが漫画なんかにお金を浪費していたらいけないよね… くすん ( p_q)エ-ン



小鳥には、"エロイカ"の日本語は難しすぎるだろうから、英語版を買う…って口実は使えないね。世界情勢について知らないのは英語でも日本語でも同じだし、第一に、エロイカの1巻は1970年代終わりごろの世の中だから、1993年生まれの小鳥にとっては「歴史の教科書」に書かれているようなことだから… いや、これは冗談ではなくて「1972年、日中国交正常化を成功させた総理大臣は誰ですか?」ってのがテストの問題になっちゃってんですよ、小鳥の世代では。
知らない人にはなんのこっちゃって感じですが、「エロイカより愛をこめて」という漫画がありまして、1970年代後半から現在まで、ドイツ人のNATOの少佐(30年近く昇進していない…)が最初は東側(ソビエト)とスパイ合戦、ベルリンの壁崩壊後は中国とかアラブとかと一触即発の諜報合戦を繰り広げる中、イギリス人の怪盗「エロイカ」(伯爵)がちゃちゃを入れる(というか重要な役割を担うのですが)…説明は難しいんですが、とにかく、ハードボイルドだど。日本語版は31巻まで出てますので、興味のある方は、漫画喫茶ででも読んでください。あ、31巻はちょっとマニア向けです。
ああ、エロイカから、己の年齢を思い知るのであった…



ISBN:1401205194 ペーパーバック AOIKE YASUKO Dc Comics 2004/11/30 ¥1,159

嘘はついていません

ピンポーンと、呼び鈴が鳴ったので見るとモニターに普段着の初老の男性が映っている。ネクタイを締めてたり、作業着を着ていたりしたら、何かのセールスだなって思って出ないんだけど、旦那が自治会の役員なんかやってたりするから、すでに引退されて、昼間でも活動できる別の役員さんかもしれないので、応対する。



私「はーい」

おじさん「あ、××牛乳ですが、今、無料サンプルを配っているんですが…」



はずれー。セールスでした。



私「申し訳ないんですが、うちの子はアトピーなんで…」

おじさん「…あ、それは失礼しました」(おじさん退場)



小鳥はアトピー&喘息持ちだけど、牛乳大好きで、2日で1リットルは飲んじゃいます。もちろん、牛乳はおろか、食物によるアレルギーは一切ありません。ほこりと動物の毛皮と、一部の花粉だけ。



宅配の牛乳は子供のとき親が取っていたけど、たまってしまって、傷み、無駄になるのを何回も見ていたから、取る気はない。生協で週1回届けてもらい、足りなかったらスーパーで2本いくらの日に買えば十分。でも、そーゆーとなかなか帰ってくれないのよ、セールスの人。しかし、「子供がアトピーで」とか「娘はアレルギーで」っていうと素直に帰ってくれるんだな、これが。



私は嘘ついていませんよぉ~

あ…(・o・)

仕事に追われていて、気がついたら、8月ももう3分の1過ぎた。

梅を漬けるの忘れてた… って、もう梅の季節からは2ヶ月近くたつぞ…



梅干ではなくて、梅を氷砂糖と共に酢で漬けるんですけどね、メーカーのホームページでは「梅サワー」とか呼ばれていますが、これがおいしいのですよ。自分で作れば砂糖の加減ができるし…



おかーちゃん、梅干は漬けたって言ったけど、酢漬けは作ったかなぁ…作ってても梅酒だろうなぁ… ちょっとショック。



もう少ししたら、りんごかミカンでも漬けて間に合わすか。

え…

ジムに行ったら、今日からお盆休みって…いつもの年より早いじゃん!!…あ、館内修復ね。多少老朽化しているところがあるからなぁ~でも、2週間も休みかよぉ~ 太らないように気をつけねば… しかし、ビールがうまい天気だなぁ~ (と、扇風機で生き抜く私であった。あぢぃ)

早い者勝ち…かな?

このごろ、クライアントの所にあるサーバに直接アクセスして、そこにあるTM(トランスレーション・メモリ:簡単に言うと、いろいろな英文とそれに対する訳文および付随するデータが集まったデータベース)で直接作業する仕事が増えてきた。私は直訳でも日本語になっていなくてもいいから、とりあえず、全体をがーっと翻訳して、内容を把握してから、1文1文、ゆっくりと見直していくのが好き。でも、このやり方だと、TMに、とっても間抜けな日本語やおばかな誤訳も登録されることになるので、どきどきしてしまう。ただ、最初から丁寧に翻訳しても、全体を見終えたところで、やはり間違いやより適切な表現を見つけることになるから同じこと。てなわけで、ちょっとひと手間かかるが、あまりにも自信がないときは、データベースで他の訳だけ見て、訳文を登録しないという反則技を使うこともある。クライアントのサーバにあるTMを他の翻訳者さんと共有することにはいい点もあって、ちょっと遅れて作業を開始すると、他の人が似た構文の文章を私よりもうまく訳してくれていたりするので、それをそのまま拝借し、ちょこちょこと変えておしまい♪なんてことができる。まったく同じ文章が他の人の担当範囲にあったりすると(マニュアルではよくあることです)、その訳をコピペするだけでいい。文章は一致しないまでも、他の人が特定の単語をどのように訳しているかを調べることもできるので、作業効率アップ♪反面、まったく同じ文章が先に翻訳されていた場合、この訳が自分の好みではなかったりすると悲しい。誤訳でない限り、そのまま使うのが礼儀というか、TMを共有する最大の目的であるから。その点では早い者勝ちなんです。あと、オフラインでは仕事ができないから、実家に帰って子供をじじばばと遊ばせておいて、上げ膳据え膳で仕事をやっつけるという技が使えないのも難点です。あ、当然ですが、インターネットへの常時接続は必須ですね。話がずるずるとずれてきましたが、一口に「翻訳」といいましても、いろんな方法があるということで。

わけのわからんキーワード…

「砂禁止」と「マージャン」の2つのキーワードで私のブログにアクセスしてきた人がいる… このキーワードから何が知りたかったのだろう… マージャンに詳しい人はマージャンの本家に出張中で聞けない…
いまだに「ハリーポッター ネタばれ」でアクセスされる方がいます。最近多いのは「○○の自由研究」、「青茄子」。季語みたいなもんですね。「部隊鍋」と「グッチ裕三」はコンスタントに使われています。以上、役に立たないご報告でした。

いつまでやっているかわかりませんが…

Was the U.S. right to drop nuclear bombs on Hiroshima and Nagasaki? というアンケートをCNNのサイトでやってます。

http://edition.cnn.com/SPECIALS/2005/hiroshima/

「View Results」を見るたびに、結果が違うので、複雑な気持ちです。

ほらほら…

金曜日の駆け込みお仕事依頼がやってきたよん。それも2件。今週末もお仕事ね…と思ったら、意外に量が少なくて金曜日のうちに終わってしまいました。週末はReadingと見直しでまったりと過ごすことにします。

来週はお盆休み前の駆け込み依頼が来るでしょうか?! ま、旦那はまたもや出張(2週間…)、小鳥は林間学校明けで、休んでいた間の塾の課題+学校の宿題+おまけに塾のお盆課題ってなわけで、忙しい日々を送りそうなので、おかーちゃんだけ暇するわけにも行きませんから駆け込み歓迎でございます♪

本を読むのもお仕事です

今のお仕事はReading。Readingというのは簡単に言うと、原書を読んで、その内容を簡単にまとめたレポートを作成すること。このレポートを出版社さんが読んで翻訳するかどうかを決める−まあ、責任重大って言えば重大かな。

本当は、小鳥が勉強しているときにはPCに入力する仕事をしたいのだけど(キーボードを触っていると仕事しているっぽいでしょ?)、レポートをまとめるにはまず、本を読まなければならないので、仕方なしに読んでいるのだが、小鳥の前でReadingのお仕事をするのは初めて。彼女には「読書」がお仕事には結びつかないらしい。おかーちゃんは遊んでいるのではないかといぶかしげ。

本を読むのも仕事よと説明すると、「へーいいんだぁ」。
でも、その後で感想文みたいなレポートを書くんだよというと、「じゃーいやだ」。

小鳥にとって感想文書きは拷問に等しいのです。

「でも、小鳥は本を読むのが早いから、あとはレポートがきちんとまとめられるようになれば、若者向けの本のReadingができるようになるよ」といって、1冊あたりの報酬を言うと「♪」とちょっと嬉しそうな返事が返ってきた 私にとっては勉強にはなりますが、読むのにかかる時間と、レポートをまとめる時間を考えると超安価な報酬ですが…。これを目標に長文の記述に身を入れてくれるといいのですが〜。

体が資本です

まじめにフリーで仕事をしだしてからかれこれ8年ほどたつが、その間、病気らしい病気はまったくしていないし、仕事に支障をきたすような怪我もしていない。介護で仕事を休んだこととか、風邪で声が出ないときに電話で受けた仕事の依頼を断った(とゆーか、クライアントさんが私の声を聞いて、"これは無理"と判断した感じ)ことはあったけど、仕事の途中で体調を崩して納期に遅れたとか、未完のままお返ししたとか、そういうことはなかったから、つくづく私、丈夫にできているもんだ。

フリーでお仕事する条件にはいろいろあると思うが、自分で体調が管理できるというのもその1つに挙げられるかな。有給休暇もないし、生理休暇もないし(忌引きもないし←健康管理とは関係ないけど、プロジェクトの真っ最中に身内に不幸があると結構大変です)。まあ、フリーなんだから、体調が悪ければ仕事取らなければいいじゃないと言われるかもしれないが、それは仕事が途切れているときのこと(まあ、確かに生理休暇はある程度、スケジューリング可能ですが)。仕事の真っ只中、たとえば、例の腐れ縁の仕事のように1年以上の長きにわたりだらだらとプロジェクトが進行している場合は、途中で病気にでもなったら全体のスケジュールにかなりの影響がある。会社なら、代役を立てるとか、プロジェクトのほかのメンバーに兼務させるとかできるけど、別のところから新しいフリーランサーを連れてきて、プロジェクトを引き継げるように教育するのは大変なことよ。そういった意味で、体調管理も業務内容のひとつかも。

今、請けているお仕事は幸い、あまりキーボードを使わないですむので、左手がこんな具合でもなんとかこなせております、はい。でも、来週からはそうはいかないんで、早く治さなきゃ…と思いながら、食事の支度中にまたひねってしまった。左手をかばいすぎたが故のアクシデント。えーん。
berylさん、janeさん、お気遣いいただきまして、ありがとうございました。なんとかがんばってます。ほんと、左手でよかったです。

活字好きもここまで来ると…+震災時マップ続報

我が家のトイレの前、本棚のちょっと空いているところにアリ退治の薬剤ボトルがおいてあります。この季節、アリが不法侵入してくるもので、散布した後、片付けるのを忘れておりました。

ある日、トイレに入ろうとしている小鳥の手にこの薬剤ボトルが…

私:なにすんの、そんなもの持って。
小鳥:いや、裏の注意書きでも読もうかと思って。

つまり、トイレにいる時間が長くなりそうなので、"使用上の注意"ってやつでも読みながら用を足そうと、手近に合った薬剤ボトルを持ち込もうとしたそうな。

そういえば、私、この本棚の上にある収納庫に掃除用の洗剤とか、殺虫剤とかいろいろな薬剤を入れていて、使った後、今回のアリ退治薬と同じようにおきっぱなしにすることがよくあるんです。後で、そういった薬剤を使おうと使用説明を読んでいると、小鳥が横から口出してくるんですが、これがまたよく知っているんだな、注意事項を。そうか、そういった事情だったか。

まあ、本を持ち込むと、用が済んでも本に没頭してずーっと出てきませんから、適度な長さの"使用説明書"を読んでいてもらったほうがいいんですけどね…
『震災時帰宅支援マップ』、実物を書店で見てきました。意外に小さく、学生カバン(死語?)に入れても問題ないサイズでした。わかりやすく書かれているとはいえ、やはり地図は地図ですので、地図を読みなれていない方、普段はカーナビに頼っている方などは、平時に予習をしておく必要はあると思います。

こけました…

駅前でこけてしまいました。つまづいたとかそんなヤワなもんじゃなくて、完全に転びました。とっさに肩から受身。こーゆー日に限って、ノースリーブなんか着てたもんだから、右肩、ひじ、二の腕に擦り傷。車の邪魔になるので、歩行者信号が青のうちにさっさと人目のないところへ。あー恥ずかしぃ…

1年に一度くらい、派手にこけるのです、私。いきなり足元から地面がなくなって、気がつくと横たわっております。あー年は取りたくない。平地でつまづくなんてのは日常茶飯事。階段を上っている途中で段がなくなることもあります。

しばらくしたら左手が痛いことに気づきました。外傷はなし。でも、手を握れない。あれぇ〜と手に目を落とした視野に入った赤いものは…右足の親指の爪、先端から血がにじんでる…幸いはがれてはいないみたいだけど、縦に5ミリほどの裂け目が…

念のため、近所の外科で見てもらったところ、左手の骨には異常なし、おそらく打撲または筋をちがえたのだろうから、湿布してしばらく様子をみましょう、足の爪は伸びればなおるけど、割れたところを引っ掛けると今度こそ爪がはがれるから要注意ね、とのこと。

とりあえず、キーボードを打つのには支障ありません。左手の親指でスペースバーを押すことはできませんが、これは右手で代用できる。でも、ものをつかむことができないので、家事には結構苦労しています。先日、左手の親指をざっくり切ったとき以来の不自由さ。今年は左手受難の年でしょうか…

湿布してジムに行くと、当然、トレーナーさんから「どーしたの?」と聞かれました。事情を話しますと、大笑いされます。その後必ず、「トレーニングをしているから打撲ですんだんですよ。してなかったら骨折ですよ」と言われました。年を取ると、転んで骨折というのが増えますからね私、骨密度だけは高いんです♪。義母も15年ほど前、家の中で転んで利き手を骨折してますし。気をつけないといけません。
カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。