スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神ファンの皆様、遅ればせながらおめでとうございます

獅子ファンからのお祝いです。大阪の盛り上がりすごかったですね。



今年は獅子のチームも赤菱もなんか元気がなくて、つい先日まではNFLが始まるのを待つしかないかなぁなどと思っていました。まあ、何とか3位になりましたが、勝率5割に満たないのにプレーオフに出るのも何かねぇ~



今日の『ライオンズナイター』(関東ローカルの番組です)のサブタイトルは「祝プレーオフ進出。ルールはルール、こうなりゃ連続日本一!!」だそうです。そういえば、日本シリーズで阪神には勝っていないんですよね…



今朝のラジオ(これも関東ローカルです)で阪神ファンのダンカンさんと鳥越俊太郎さんが「プレーオフでライオンズが勝ち上がってきたら、日本シリーズはキャンセルしよう」みたいなことを言っていました。この気持ち、よくわかります… もし、万が一、まったくありえないと思うけど、間違って勝ち上がったりしたら、20年以上ファンしている私でも納得できないと思うなぁ~ ま、ルールはルールですけど…
スポンサーサイト

労働時間… 国勢調査 その2

手持ちの仕事、先が見えてきて、次の仕事は明日の午後まで(金曜日だもんね♪)入ってこないことがわかっているから朝からまったりしております。こういう余裕のある時期に1週間の仕事時間なんか報告すると、まー楽しているのねとか言われそう。今年の1月なんか、連日、1日10時間以上仕事してたのよ(なんたって最高6社の仕事が横並びに入ってたもんで… 仕事のログを見ると…1月は新規だけで7万5000ワードもやってるぅ~おまけにライティングもしてるぅ。よく生きてたなぁ ( ̄▽ ̄)うへへへぇ~)。



さて、今朝4:30、あまりの寒さに目が覚め、布団を追加しようと起き上がると…旦那はまだ帰ってきていなかった。寝る前に電話したら「遅くなるよ」とは言ってたけど、遅いというより、朝早いじゃない。うつらうつらしていたら、玄関で鍵が開く音がして、旦那帰宅。5:00でした。お風呂に入って、バタンキュー。でも、9:00から海外諸国と電話会議だと言って、いつものとおり7:10に家を出て行きました。



そーんなに長く働いて、効率いいのかなぁ~ お腹もすくだろうし(お腹がすくと旦那は人格が変わります)。それにしても、うちで1時間ちょっとしか寝られないなら、会社に泊まってきたほうがいいと思うけど。てなわけで、小鳥が夏のキャンプで使った寝袋を会社に持っていくことを提案。小鳥は笑ったけど、私が2回目に勤めた会社では、女性でも机の下に寝袋入れている人いたのよ。ブースの中にソファベッドを置いている人もいたし。旦那は「考えておく」といってましたが、泊まれる環境にしてしまうと、際限なく、会社に居続けてしまうのではないかと思っているのではないかな。



旦那を家に連れてきてくれたタクシーの運転手さんもお疲れ様です。

絵本の紹介:A is for Angry

《ブックレビューに画像がないのさ!!》まあ、仕方ないんですけどね、Amazonで品切れでも。小鳥が2歳とか3歳とかの時に読んでいたということは10年近く前の本なんですから… でも、私としては大好きなBoyntonさんの本がないがしろにされているような気になってしまう…
9/30追加:すみません、Amazonで買えます!!ブックレビューで画像が出ないのでてっきりAmazon取り扱い終了かと思いました。表紙のイメージをご覧になりたい方は[HOME]を見てください。しかし、どうして「ブクログ」では出るのに、こっちでは出ないんだろう…
とにかく、この本はアルファベットブックなんですが副題「an animal and adjective alphabet」にあるとおり、よくあるABCブックではなくて、動物と形容詞をペアにしてBoyntonさんのかわいいイラストつきで説明している絵本です。形容詞の絵本って、珍しくないですか?たしかに、Big-SmallとかTall-Shortってのはありますけど、ABC…XYZまで形容詞ですよ。一見の価値ありと思います。



ちょっと引用しますね。青いBをBearが支えています。それを見ているのはBunny(Boyntonさんのウサギさんは特にかわいい♪)。で、Bの形容詞はB is for Bashful。7人の小人さんの中にいましたね。Bashful。Gは緑色。Gorilla is for Grumpy。お、ここにも小人がいた。ぱらぱらめくると…お、Oだ。Opposum is for Outraged。Oの上からぶら下がっているオポッサムは怒ってます(わーい、日本語でも「お」で揃ったぁ)。



Sandra Boyntonさんの絵本は各種出ておりますが、どれも子供にとっては(中には大人にとっても)とてもおもしろいし、日本人受けするセンスにあふれていると思います。私は『Chocolate - The Consuming Passion』というのが大好きです(大人向け)。ちなみに、うちではどんな本でも小鳥の手の届くところにおいてありますが、萩尾望都全集(1期・2期)と、手塚治虫のレア本と、Boyntonさんの本だけは小鳥は許可なくさわれないようにしてあります。
奥付を確認しましたら、初版は1983年ですね。うーん、20年以上経過しているとなると、その他の新しい本に押されて、市場から追い出されても仕方ないかも。悲しい…

国勢調査

国勢調査の紙が来た。説明を読んだところ、24~30日の1週間で働いた時間を記入しなければならないそうだ。てなわけで、24日から働いた時間を記録している。



前からうすうす、そーじゃないかなーとは思っていたけれど、私、家に自分以外の人がいるときはぷつぷつと細切れで仕事してる。特に、今週は月曜日、火曜日となぜか家族がいたり、家族の用事で外出したりしなければならなかったので、30分とか45分とかそんな短い単位で仕事をしている。家族がいないときでもぶっ続けで仕事したのは最長5時間30分。ふむ。それでも1日平均5.8時間か。おいおい、でもこれには土日も含まれているぞ!!



berylさんも書いていたけど、翻訳という仕事は長いことぶっ続けでしているのが効率的かといえばそうでもない。あまり根を詰めると頭が飽和状態になってなーんも降りてこなくなるから。私のように英文和訳でも同じです。調子がよければ、どんなに長い英文でも一度読んだだけできっちり構文が把握でき、一発で日本語が浮かびますが、乗りが悪いときは、たとえ、SVOの構文だって「???」となってしまいます。だから、『ながら作業』を余儀なくされる在宅ワークには翻訳は適しているのかも。



とはいえ、乗っているときには邪魔されたくないのは人の常。小鳥や旦那がいるときは相手の都合でぶつぶつに切られてしまうから、休みの日に仕事をするのは能率が悪い。でも、クライアントさんは休み明けの朝一番から仕事をしたいので、私らフリーには休みの日に働いてもらいたい… こっちとしては、休みの日でも仕事があるのはありがたいけど、家の用事も片付けねばならぬ… これを悪循環といわず、なんと言おう。世の中、ままならないものです。



まあ、仕事の合間に洗濯し、仕事の合間に買い物し、仕事の合間に子供の世話し…で10年近く暮らしていて、特に不都合はありませんから、うちはうまくいっているのでしょう。てゆーか、旦那が"こまかい人"でなくてよかったのかも…

否定疑問文への答え方~小鳥の場合

ドイツのケーキ屋で、熱々のパイにアイスクリームを乗せてもらっていたとき店員さんが

  Don't you need more?

と聞くので「もういらない?」「はい(いりません)」ってつもりで

  Yes

と答えた私… アイスクリームはおいしかったんですが、やはり、量が多すぎると苦痛です。店員さんの質問の前に、すでに日本人の許容量を超すバニラの山ができてましたので…



さて、小鳥は帰国直後、英語しか話せなかったので、Don't/Aren't you~?という質問にも英語式に正しく答えていましたが、日本語が入ってくるに従って、両方がごちゃごちゃになり、Yes/Noですませると、誤解が生じるようになって来ました。私は小鳥が混乱していることを知っているので真意を確認しますが、他人(特に子供たち)はそうはいきません。そこで、Yes, I want ...とかNo, I don't want... (日本語なら「はい、必要です」、「いいえ、必要ではありません」) のように文章で答えさせるようにしました。こうすると、たとえば、

   Don't you need more?

という質問に対して、「はい、もう必要ありません」と答えたいときに

   Yes, I don't need any more.

と言ってしまうと、「don't」と言った時点で自分の間違いに気づき、

   No, I don't need …

と言いなおせるからです…と、あまり文法的な根拠もわからぬまま、経験的に小鳥に教えていますが、これでいいのかな? 書いていて不安になってきた。コーディさんの方法も教えていただきたいです♪

小鳥の読書記録~9月!!

同じ本が2度登場しているとしたら、面白いから読み直したとか、シリーズ物の続きを借りたんだけど、前の巻を読んでから時間がたってしまったから、も一度読むとか、そんな理由です。



[Elementary]

★The Boxcar Children Series

The Castle Mystery

#44 : The Dinosaur Mystery

#46 : The Chocolate Sundae Mystery

Gertrude Chandler Warner



★Unmistakably Cooper Ellis 1

Tripping Over Skyscrapers

Wendy Lee Nentwig



★The American Adventure Series

#5 : Queen Anne's War

#6 : Danger in the Harbor



★A Daring Adventure

#2 : Trapped in Pharaoh's Tomb

#3 : Stalked in the Catacombs

Peter Reese Doyle



★Christian Heritage Series: The Chicago Years 4

The Stunt

Nancy Rue



[Middle]

World's Greatest Puzzles

Charles Barry Townsend



The Gift of the Magi and Other Stories

O. Henry



★The Lost Years of Merlin

#3 : The Fires of Merlin

#4 : The Mirror of Merlin

#5 : The Wings of Merlin

T. A. Barron



Departures (Three Books in One)』

Robin Jones Gunn & Wendy Lee Nentwig

   1 Now Boarding at Gate 10

   2 Please Pick Up the White Courtesy Phone

   3 In the Event of a Water Landing



★brio girls

Double Exposure

Good-Bye to All That

Opportunity Knocks Twice

Lissa Halls Johnson



★Bonnets and Bugles Series 1

Drummer Boy at Bull Run

Gilbert Morris



★The Daystart Voyages 3

#2 : Wizards of the Galaxy

#3 : Escape from the Red Comet

Gilbert Morris and Dan Meeks



日本語の本も読んでます。詳しくは[HOME]で♪

仕上げ→納品

今日は例の1万ワードのお仕事を仕上げ。あ、飛び込みの1000ワードは午前中にえいっとやっつけて、納品しちゃいました。訳しながら煮詰まってしまったところには印がつけてあるので、そこに戻って、もう一度考え直す。同じところにとどまってずーっと眺めていてもあんまりいいことがないから、天から何も降りてこないときは、直訳して、印をつけてさっさと次に進むことにしているのです。こんなことができるのも、芸術性を要求されない技術翻訳だからかもしれませんが。



ニュアンスがよくわからない口語表現については、ネイティブの友人に確認し、適切に意訳して、どーしてそういう訳になったかをクライアントに説明するためにメモにまとめる。意訳になったときはこーすることにしています。あー、あとちょっとで終わるよぉ~



明日は週末にあった学校行事の代休でお休みの小鳥のお付き合いでインターの図書館に行きます。明日を境に、小鳥自身は当分、インターに行けなくなるのでちょっと気の毒。だからといって、そんなにたくさん借りてはいけませんよ、てなわけで、しっかり監視してきます。借りた本を持って歩くのは私だしぃ~(過保護)。



[2時間経過しました]



…って、納品しようと思ったら!!今頃になって、翻訳上の注意事項を送ってくるなっちゅーの!!もう一度、確認しないと… 号(┳◇┳)泣

終わった…

1万ワード終わりました…といっても、見直しは残っていますが。とりあえず、日本語になっていればあとは早いです、たぶん。

とはいえ、昨晩、なじみのクライアントに泣きつかれて1000ワード追加が入りました。明日の朝からはこちらをやっつけなければいけません。ははは。結局、3連休はなんだったの?!ってな感じでございます。



しかし、小鳥のお付き合いでつぶした4時間のうちにできた仕事は有効だったといえば有効ですが、きつかったです。行きなれないファストフードのお店を2軒もはしごしました。平均すれば1軒当たり2時間ですが、お店とお店の間で古本屋をみつけてしまいまして… また買っちゃった。いつ読むんでしょう?



お付き合いは午前中ですんだので、お昼の後、超久しぶりに教会に顔を出しました。勉強があるんだから、すぐに帰るんだよと小鳥に言っておきながら、話し込んだのは私でありました。ははは~

半分終わったぞー!!

半分終わったぞぉ~ あと半分だぁ~



何が困るって口語表現とジョーク。そーゆーセンスがないから技術翻訳をやっているのに、小難しい技術を一般ユーザ向けに解説したWebページなんかだと、取り付きやすくするためか、ジョークがふんだんに盛り込まれていたりする。英語だと「つかみはOK」になっているのに、日本語にしたら「なんだこりゃ」とは言わせたくないけど… えーん。私は生きていること自体、冗談みたいな人間ですから、これ以上はないという適訳が降りてきたりすることもあるんですが、今日は不調だぁ~(っていうか、元々、才能ないんだよな…)。



こんなことしていられません、明日は小鳥のお付き合いで半日以上、仕事ができないから、さっさと残りの仕事を片付けないと…

アシタ ノ シタク

明日は小鳥の付き添いで早朝から外出。小鳥を待って、午前中いっぱいぼーっと過ごす…わけにも行かないので、手持ちのノートPCのうち、最も軽く、最もバッテリー駆動時間の長いものに、仕事に必要なファイルをぶちこみ、作業環境が整っていること(ソフトが動作し、ファイルが読み込め、作業ができること)を確認し充電。いつもはEcoモードで80%充電で済ますけど、今回は100%チャージする。



天気予報によると、明日は台風の接近により、風雨が強まるそうだから、タオルを多めに持たないとね。まさか、替えのジーンズとか靴下はいらないよなぁ~ でも、ぬれたジーンズが張り付いているのを我慢するのは嫌だよね。明日の朝、小鳥に確認しよう。とりあえず、準備。



後は、万が一、仕事が終わってしまった、または仕事に集中できないときのために読みかけの本を持つ。あ、この本は電車の中でも読むのよん。こんなとこかな?



小鳥自身の用事に必要なものは自分で整えたようだから、あとは、寝坊しないようにするだけです。目覚ましのセットを忘れずに。



しかし、こーやって私がパタパタしている間に、ネットワークウォークマンでベイシーを聞きながら、ソリティアをやっているやつは何なんだろう。蹴飛ばしてやろうかしら…
あー。そーだ、最近買ったばかりのこのPCには英辞郎が入っていないんだ!! いつもネットワークにつないで使っているから… 思い出してよかったぁ~ さ、インストールしなきゃ

仕事が終わらないぞ~

確か、学校関係の行事で忙しいから、3連休は休みになるように仕事を設定したはずなんだけど、どーして手元に休み明け納品の仕事が1万ワード分(それも全部新規、口語表現やらスラングやらいっぱい…コンピュータの解説書なのにどして…(゜◇゜)~ガーン)も残っているんだぁ~ やはり虫退治が尾を引いているのかな… ブログなんか書いてないで仕事しよっと。



とかいってて、仕事に行き詰まるとここに戻ってきそうだけど…現に、今、ここに逃避している自分がいる…

ペット・アーキテクチャー・ガイドブック

(虫は出てきません)



最初はペット(愛玩動物)の小屋をいろいろ紹介している本だと思って借りたんですよ。でも、実は、ペットみたいにかわいい「建物」の紹介本でした。間口2.1m、奥行き9m、高さ7.5mのすし屋とかね、交差点の角、三角形に残った土地に立っている弁当屋(奥行きは最も浅いところで40cmだってさ)とか。首都圏や大都市周辺ならどこでも見られるような隙間建築を集めています。
今はホーム拡張工事のために撤去されてしまいましたが、つい数ヶ月前まで、隣町の駅のホームから見えるところに、おおよそ90×90×180cmの細長い建物が建っていました。たぶん、物置かなんかだったんでしょうけど、小鳥は小さいとき「あれは"Chitty Chitty Bang Bang"のPottsさん(おじいさんの方)の家だ」と言ってました。
実際の建物の写真の他、この建物がどのような土地に、どのような形で立っているかの図面もついているのが興味深いです。英語のキャプション入り(時間がないので読まなかったけど…)。



ペット・アーキテクチャー・ガイドブック ISBN:4846523276 東京工業大学建築学科塚本研究室アトリエ・ワン ワールドフォトプレス 2001/08 ¥1,600 

短くまとめますが…

昨日、例のお掃除の後、夕食の支度をしていたら、無農薬キャベツに小さな穴が… はーい、青虫でてきました。



今日、夕食に小鳥の大好きな豚肉と糸こんにゃくとピーマンのきんぴらを作ろうと、ピーマンに包丁を入れたら… はーい、黒い虫でした。



祟られているとしか言いようがない… これも乗り越えなければならない試練でしょうか?!

屋外に潜む悪夢… +追補

買い物から帰ってきて、我が家の塀の角にたつ桜の木下を見ると、直径5mmほどの黒いものが点々と… いや、ぽろぽろと…



いやーな予感



見上げれば、大人の人差し指ほどもある巨大なアメリカシロヒトリにも似た毛虫がうじゃうじゃうじゃ…



((;゚Д゚)ガクガクブルブル



もう秋だろうが!!季節外れの奴らめ!!

急いで、いつもお願いしている庭屋さんに連絡。すぐに来てくれるそうで、ほっ。さわっちゃだめよと念を押される。頼まれたって触りませんってば。
庭屋さんがきてくださいました。消毒終了。明日の朝、桜の木下には毛虫の屍が累々と横たわっている可能性があると、またまた背筋がぞくぞくするような一言を残し、お帰りになりました。



さて、うちの桜の木についたのはアメリカシロヒトリの亜種ということです。サイズは通常のアメリカシロヒトリの2倍ほどありますが、外来種(アメリカシロヒトリ自体が外来種ですが)ということで、輸入した植物にでもくっついてきたのかなぁ~ この毛虫めは帰巣性があるので、来年もまたやってくるかもとまたも余計なお言葉が… あまり花の付きの良くない桜なので切っちまおうかと思っております。あーやっぱり、猫の額ほどでも庭付きの家は手がかかる…

後片付け…気の弱い方は読まないでください

(下の続きです)明日の朝なんてことはありませんでした。かねてからの約束どおり友達の家を訪問し、帰宅したら、桜の木の下には毛虫の屍が山をなしていました。殺虫剤散布後、約4時間です。



ゴム引きのレインコートを着て、フードをかぶり、軍手をはめて掃除をしました。桜の木は公道に面した角に立っているので、塀には「害虫駆除しました。木の下は通らないでください」と書いておいたのですが、自動車やバイクはそうもいかなかったらしく、かなりつぶされて、アスファルトにへばりついておりました。そいつらを道からはがしながら、ちりとりで集め、小鳥に持たせたゴミ袋の中に(できるだけ)機械的にぽいぽいと捨てていきました。でも、まだ、うごうごしているやつもいれば、上からぽとっと落ちてくるやつなどもいまして…



通りがかりのおじいさんが「女の人のする仕事じゃないねぇ~」と同情してくれたのがせめてもの救いでした。



薬剤が完全に効くまではまだ時間がかかりそうです。早く日が暮れてくれると見えなくなるといいなと思ってます。しかし、明日の朝一番につぶれた毛虫の片づけをすると思うと…。
しかしぃ~ ゴミ袋の中をのぞいては、「ぎゃーつぶれてるぅ」とか「中身が出てる」とか「まだ動いている」とか言っていた小鳥は、虫が怖いのでしょうか、そうじゃないのでしょうか。大騒ぎしながらも、結構、喜んでたような気がしました。

休日の悪夢

昨日に引き続いて…というわけではないけど悪夢シリーズ。



(1) 土曜日限定の悪夢

海外のクライアントとお仕事をし始めたころ、休みくらいは…と、PCをつけないでいたら、このクライアントから仕事の依頼が来ていたことに土曜日の夜(クライアントはすでに帰宅済み)とか月曜日の朝(クライアントはまだお休み)に気づいたことが数回あった。これで、昨日のエントリに書いたようなトラブルがあるとジェイソンとフレディーが手をつないでやってきたような気分になる。



(2) 休みの日なのに…という悪夢…というか「へこむ」

上記の海外クライアントとはなんか自然消滅的におつきあいがなくなったんだけど、(1)のようなことがあってから、土日もきちんとPCをつけて仕事用のアカウントを確認するようになった。念のため、ってやつなんだけど、受信箱に添付ファイルつきのメールが来ていると…ドキっ。でも、引き受けるんだけどね。小鳥が忙しくなってきて、土日に出かけられなくなったから時間があるので。でも、今朝のようなさわやかな朝、一番に届いたメールがお仕事だと… クライアントさんも土日にがんばっているということで。



土日に仕事があるということは… 景気がいいってことかな?

週末の悪夢

金曜日の夜はこまめにメールをチェック。かけこみでお仕事のファイルが受信箱に届いていることがあるから。気づかないでいたり、あとで開けばいいやなんて思っているとberylさんのような目に遭う。



これまでに私が見た金曜日の悪夢を列挙してみると…

(1) パスワードがわからない!! (berylさんと同じ)

そんでもって、納期が月曜日だったりするとパニックになる。パスワード不明・月曜納品というのは1回だけ経験。幸い、小さな仕事だったので、土曜日、日曜日とパスワードがわかんないよぉというメールを送っておいたら、月曜日朝一番に返事がもらえて、夕方納品。事なきを得た。でも、これは結構、ラッキーなほうで、この業界、会社によってはフレックスで、担当者の出社時間は午後♪なんてこともある。こうなったら…



(2) ファイルが間違っていた!!

「お願いします」と言われたファイルの名前と、届いた作業対象ファイルの名前が違う。困るのは「お願い」されたファイルの名前が間違っているのか、作業対象のファイルが間違っているのかわからないところ。悩む。



(3) ファイルが壊れていた!!

翻訳支援ツールを使った仕事の場合、このツール以外では読み込めない形式で作業対象ファイルが届くことがある。これが読み込めなかった場合は、自分(ソフトやPCの環境)が悪いのか、ファイルが壊れているのか…これも悩む。が、とりあえず、SOSを発信しておいて、手を変え、品を変え読み込む努力をする。



(4) ファイルが届いていることに気づかないでいた!!

長いほんやくやさん人生の中で、1度だけあります。納品日に「あのー、ファイルが届いていないんですけど」という電話が来て、メールの山の中にうずもれているのに気づきました。体中から血の気が引いていきました。



というわけで、金曜日の夕方は何も用事をいれずに、メールをちょくちょくチェックして、届いたら、即、作業環境を作り、仕事ができることを確かめることにしている。意外に変なところで気をつかうんですよ、はい。

坊ちゃんかぼちゃ

「八月朔日」さんの作った坊ちゃんかぼちゃ(9/12のエントリ見てね)。成人男性の握りこぶしほどのミニサイズ。日本かぼちゃの深い緑色をしています。さて、どのように食べようか。



旦那はかぼちゃが苦手。戦争中に毎日食べさせられた…のは旦那ではなくてお義母さん。そういった理由でかぼちゃとかサツマイモは旦那の実家では食卓に上らなかったそうだ。てなわけで、このおぢさんはかぼちゃを食べない。坊ちゃんかぼちゃも旦那のいないときに食べなければ。



皮は柔らかくて食べられるし、1個でちょうど一人分のサイズだから、これは丸ごと使いましょう。緑黄色野菜は体にいいしね。とゆーわけで、手抜きグラタンに。へたを落として、中をくりぬく。これ、グラタンのケースね。へたの周りの食べられるところを5mm角に切る。これはグラタンの具の1つ。その他の具はベーコン、ズッキーニ、にんじん、たまねぎ。これも5mm角に切って、全部一緒にフライパンに入れて炒めて塩コショウ。はい、具のできあがり。鍋に牛乳とバターと小麦粉をぶちこんでぐるぐるかき回せばホワイトソースに早変わり。具をてきとーにかぼちゃの穴に入れて、ホワイトソースをかけて、ちょっとかき混ぜて、とろけるチーズを乗せれば準備完了。あとは食べる直前にラップをかけて、電子レンジで5~6分チンするだけです。



サイズは小さいのですが、さすがかぼちゃ。1個で結構なボリュームがありました。インテリアにもいいサイズですよ。緑色のほか、オレンジ色のもあるようなので、ハロウィンやサンクスギビングに向けてお部屋に飾ってもいいのではないでしょうか。

おかしい…おかしかった…

[お気に入り]に登録してある"アルクブログ"からアクセスしようとすると、「データベースに接続できません」ってでるのに、"ブクログ"の[SITE]からだとアクセスできるし、[日記を書く]もできた。どうしたんですか?私、何か悪いことしたかなぁ~



不具合があってエントリが消えると困るので今日はこれまで。あ、バックアップとればいいのか、ま、いいや。



☆5分後☆

今、試してみたら、[お気に入り]からもアクセスできました。タイミングが悪かったみたいですね。よかった、よかった。



手持ちの仕事を全部納品してすっきり。例の長期プロジェクトが終わったあと、仕事をする気があまり起こらない。ま、控えなければいけない時期だからちょうどいいけど。でも、このまま、小鳥の受験にあわせてお仕事を2ヶ月も休んだら、きっと社会復帰できないだろうな~それよりも、仕事もらえるかしら。ちょっと不安。数ヶ月、母親の介護で仕事断っただけで、仕事を回してくれなくなった会社もあったもんなぁ~ ま、いいや、また履歴書書いて、トライアル受ければいいんだから。変なところで楽天家♪

高をくくっていたら…

800ワードです~♪っていうんで、楽勝って引き受け、ファイルを開いてあらびっくり。法律がらみの文書じゃなぁい!! それも四角四面の契約書ならまだパターンだからなんとかなるのに、びみょーに要点をぼかして、遠まわしに書いてある文書。おまけにWebページのリンク先か何かで、前後の文脈がわからん。探さなきゃ… こーゆーの苦手だって前に言っておいたよぉな気がするんだけど… えーん。



実は、ずっと体がだるくて、たぶん、肉体的には健康なんだろうけど、精神的に動こうという気が起こらなくて、やっとのことで仕事を引き受ける気になったら、このざまです。



更年期かしら???

読めない名前…

有機野菜には生産者の名前がついてくる。今回、2個入っていた坊ちゃんかぼちゃの生産者さんの苗字は「八月朔日」さんだそうだ … 「はちがつついたち」さん?んな、アホな。



インターネットで調べたら、「ほずみ」、「ほそみ」、「ほそみち」、「ほつむ」、「はっさく」、「やふみ」、「やぶみ」、「わたぬき」などと読むそうな。これだけでも全国に8世帯は「八月朔日」さんがいることになる。やはり、みんな親戚なんだろうか。



面白半分に「日本の姓の全国順位データベース」( www.ipc.shizuoka.ac.jp/~jjksiro/kensaku.html )で調べたら、「八月朔日」さんは全国の電話帳にあわせて43件登録されているそうだ。意外にいるのね。

ばりあんと

隣の部屋でついているテレビ。どうやら映画の紹介をしているようだ。ふーん、「ばりあんと」という映画か… 字幕付きで予告編を流しているのか、音声は英語である。ちょいと覗きに行ってみる。ほぉ、伝書鳩が主役のアニメなんだ。みにくいアヒルの子みたいに、はずれものの小鳩が最後は立派な伝書鳩になる話なのかなぁ~



と、ここで日本語ボキャブラリの少ない小鳥をからかいたくなった。



「小鳥ちゃん、"ばりあんと"ってどういう意味?」

「"勇気がある"って意味だよ」



意外な答え。



「え、"標準とは違う"じゃないの?variantにそんな意味あったっけ?」

「何いってんの、valiantって言っているじゃない」



と、そこに映画のタイトルが!! Valiantでした。小鳥は私がLとRに苦労しているのを知っているから笑っているだけ。文脈がないからわかんないんだよぉと悪あがきもしてみる。試しに、両方を発音してもらいましたが、やっぱ区別つかねーよ。書き文字専門で仕事をしているとこーゆーとこで恥をかきます。最近、忙しくて、駅前留学もしてないしなぁ~

仕事もしてます

最近、仕事をセーブして、新規で1日1000ワード程度に抑えているので、仕事ネタも減っています。もともと、守秘義務の厳しいこの業界、書けることは限られていて、ブログのタイトル「ほんやくやさん」は看板倒れなんですが ( ̄▽ ̄;)。



セーブの理由は小鳥の受験関係がいろいろ忙しくてね。受験したいと言い出したのは小鳥だから、ほっといてもいいのですが、頑固でもまだまだ小学生、要領が悪いのですよ。で、あと5ヶ月くらいだから、手をかけてやろうかと重い腰を上げたのです(私も要領が悪いから、要領が悪い同士、ぶつかり合って収拾がつかなくなることがあるため、できるだけ距離を置きたいいのでした)。それでなくとも、学校説明会(一昨年または昨年、下見も兼ねて参加している学校がほとんどだが、直接、学校に行かなければ願書が買えないところが多い)だの、模試の付き添いだの、いろいろあるんで。おまけに9月は小学校の行事も多くてねぇ~ 仕事なら仕事だけ「がーっ」とやってしまいたい私には注意を分散しなければならないのはつらいんですわ。



しかし、会社勤めの人はいーなー。忙しければ家に帰ってこなければいいんだからなー。「忙しかったからご飯食べられなかった」っていって、夜中に他人に作らせればいいんだからなー。今週は忙しかったからって言って、土日に寝てればいいんだからなー。ぶつぶつ。


糠床

実家から持ってきた年代物の糠床のおかげで、うちの糠床が大幅に改善されました。おいしい♪ これまで1年近く、若い糠床を育てようと、あれこれ手を加えてもどーにもならなかったというのに。まったく、ビニール袋半分の古い糠床でこのおいしさかよ。
ショック療法?! これは、ある程度、人間社会にも言えるかな?
おやぢの嗜好で多少塩辛いが、そこにさえ目をつぶればとてもおいしい。実家のだから、食べなれた味なんだといえばそれまでだけどね。おいしくなったら漬けるのが面白くなって、インターネットで調べてはいろんなものを漬けている。特においしかったのはゴーヤとオクラ。ただし、オクラはすぐに出来上がります。時間に注意。実家は同じ埼玉県内とはいえ我が家と比べて冬の寒さが厳しいところにあるので、冬の間はぬか漬けはお休み(そのかわり、塩漬けの樽が…)だけど、1年中なんとなく暖かい我が家では冬もおいしいぬか漬けが食べられそうです。にんじんとか、カブとか、根菜類をつけるのが楽しみ♪

有機野菜セットを買っていると…

旬の野菜が届くことが多い。特に、盛りのものは毎週入っている。7月のはじめは毎週、7~8本づつきゅうりが届いた。8月は大量のナス。8月の終わりからはピーマンの大袋が届くようになった。毎週1個、大人の頭ほどもあるキャベツも届く。供給が需要を上回り、冷蔵庫の野菜室で溶け出すことも。旦那が出張がちだった8月はさすがにお休みした週もあった。



野菜好き一家でもさすがに飽きるよぉ~ というか、ナス、ピーマンという一癖ある野菜は売れ行きが悪い。小鳥は子どもだから仕方ないにしても、旦那まで… インターネットのレシピサイトと首っ引きで献立を考える。



しかし、考えてみれば、実家にいたときは旬のものが毎日食卓に並ぶのは当たり前だった。ずいぶん前にも書いたけど、サラリーマンの割には農作業の得意な父親が家庭菜園で育てた野菜が旬を迎えると、そればーっかり、毎日食べさせられる。でも、当時は食事に文句は言えない時代だったけどね(うちだけかな?)



てなわけで、今はピーマンの大量消費方法を考えている。お弁当には、塩味、しょうゆ味、カレー味と日替わりで、ピーマンの千切りともやしを炒めたのが付け合せに入る。それでも使えるのは1日1個に満たない。そこで思いついたのがピーマンの肉詰め。これまで作ったことなかった。こんなしゃれたもの、ディープ埼玉育ちの母親は作ってくれなかったもん。
旦那は小さいとき、野菜、特にピーマンが嫌いだったそうで。そんな息子に何とかピーマンを食べさせようと、お母さんはピーマンの肉詰めを作ったそうです。息子はピーマンをきれーにはがして、お肉だけ食べましたとさ。
このアイディアは大当たり。豚ひき肉300グラムで大人のこぶしほどもあるピーマン8個を消費できました!!昨日の夕食と、今日のお弁当、それからあと1~2回分、冷凍庫に(ひき肉だから早く食べないとね)。小鳥もこれならOKとのこと(贅沢なやつぢゃ)。この手はあと1回は使えるな。



これから寒くなると、イモ類が毎週入ってきます。旦那と小鳥の嫌いなサトイモの消費方法を考えなければ…

また腰痛…

原因は昨日片付けたプランター。水をかぶったせいで、土は3分の1ほど流出していたのだが、残りはたっぷりと水を吸い込んでいた。それに気づかず、いつものとおり、えいと持ち上げる… 「ぐき」だってさ。またやっちゃった。



ありがたいことに、ぎっくり腰にはならなかったが、床にまともに座ることができず(夏場、私は居間の座卓で仕事をしている)、変な姿勢で斜め座りをして、とりあえず今日のノルマをこなす。まいったな。



小鳥が夏休みの1ヶ月間、筋トレを休んでいたのもいけないのかもしれないが…当面の間、腰をいたわりながら、有酸素運動(陸上+水中)を続けることにする。あーあ。
昨日の日記で書き忘れましたが、インターネットは無事に復旧しました。ま、無事といっても、あちこちたらいまわしにされた揚げ句、「不具合の原因は?」という私の問いに「業者から報告を受けていないのでわかりません」という答え。ま、直ったからよかったようなものの、この次、こんなことがあったら、旦那に怒ってもらおう…あぁ、なんて気弱な私…

たたり目…

インターネットが不通になった夜、こちら赤菱のお膝元は大雨でした。巨大台風14号、九州上陸か?!というニュースと、東京都水没?!というニュースにかき消されてしまいましたが、こちらもここ数年、まれに見る土砂降り。見る見るうちに家の前は川と化し、あわや浸水かと思われましたが、我が家は階段3段分、高いところに立っているので、すんでのところで難を免れました(とはいえ、家の基礎に通気口があったら、完全に床下浸水でしたが)。でも、ひざまで届く水の中、ぷかぷか浮いているムラサキシキブやブラックベリーの鉢植え、プランターを助けられない切なさよ。日曜日の晩ということで、テレビはもとより、ラジオまでもが情報をほとんど提供してくれず…いや、台風のほうが大切だったんでしょうね、とにかく、インターネットにさえアクセスできれば、Yahoo!天気かなんかでローカルな概況と今後の見通しが確認できたと思うんですが…



てなわけで、月曜日の朝。すっかり水は引いていましたが、旦那と小鳥を送り出した後、ご近所さんと一緒に後片付けです。幸い、我が家の周りは早起きの高齢の方が多いので、あらかた片付いていましたが、倒れた鉢植え、プランターを片付け、水をまいて、落ち葉を集め、家の前の泥を落とし… 大雪の日もそうですが、なぜか、こういう力仕事は私がする羽目になる…だから一軒家なんかキライだ…



お隣の奥さんに聞いたところ、下水道が整備されてからあまり水は出なかったけど、10数年前まではこのあたりはよく洪水になったそうです。「飼っていた亀が泳いで逃げちゃったのよ」って笑ってました。あー、これからまだ、台風来るよね…ゆーつ。

弱り目に…

朝、いつものようにPCの電源をオンにし、いつものようにインターネットにアクセスする…



遅い…



やっと、HOMEのトップページが開いた。興味が引かれるニュースがあったのでクリック…出ない…あ、出た、DNSエラーが。



あれぇ、おかしいなと他のサイトに行ってみるが、どうも変だ。別のPCを試してみるが、やっぱり同じ。ルータの具合が悪いのかと思って、モデムにPCを直結するがやっぱりだめ。そうこうしているうちに、ただでさえ遅いアクセスが、どんどん遅くなり、最後はどこをクリックしてもDNSエラーしか出なくなった。あーん!!



日曜日に不具合を起こすネットワークサービスなんてキライだぁ!!



とりあえず、サポートに連絡するが、休日受付窓口で「伝言は承りますが、詳しくは明日…」とのこと。えーん。



インターネットにつなげないと仕事ができないんだよぉ~納品もあるんだよぉ~と泣きつき、月曜日朝一で連絡をもらう約束を取り付ける。あっちこっちにインターネットにアクセスできないから、連絡は電話または携帯メールでお願いしますと携帯からメールを送付(携帯メールは普段使わないからアドレス入力だけで体力を使い果たす)。納品は旦那に頼んで送ってもらうことに。でもな~客先のサーバにつなげないとなぁ~

( ´Д`)=3



★教訓★

こういうときのために、ダイアルアップでも接続できるようにしておくべきでした。反省。


小鳥の読書記録~8月その2

あまりの散らかりように切れて、片付けて、はたと気づいた。あ…つけてなかった。てなわけで、わかるものだけです。

[HOME]に記録してこちらに記録しなかった本もあります♪借り物HOMEですがこちらもごらんください。



[Elementary]

Mrs. Frisby and the Rats of NIMH

Robert C. O’Brien



★Beyond the Western Seaシリーズ

1:The Escape from Home

2:Lord Kirkle’s Money

Avi



★A Daring Adventureシリーズ

1:Ambushed in Africa

Peter Reese Doyle



[Middle]

The Magic Circle

Donna Jo Napoli

Christmas Stalkings

Charlotte MacLeod



★Redwallシリーズ

Rakkety Tam

Brian Jacques



[不明]

The Curious Incident of the Dog in the Night-Time. A Novel.

Mark Haddon

    これは私も読みました。感想はHOMEに書いてあります。

The Wars of the Worlds

H. G. Wells
カレンダー
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。