70 Japanese Gestures

最初に断っておきますが、まだ読んでません。買うかどうかを悩んでいます。読むというより、"見て"みたいなと思っています。



ジュンク堂のサイトには次のような書評が載ってました。
日本の典型的なジェスチャー70を集めて紹介した本。

「その話はおいといて。」

「首になりました。」

といった、あまりジェスチャーつきで話されることのないものから、

「ブス」「妊娠」「逮捕」「えんがちょ」

と、昔に今に広く日本人に愛用されてきたジェスチャーがてんこ盛りです。写真のモデルにも独特の趣があり、またそのモデルの写真に惜しみなくボカシをかける編集など、見所も豊富。しかし、中にはこれは使わないでしょうというものもあり、この本を鵜呑みにされたら…と心配にもなります。

ご家族・お友達への贈りものに、日本をよくご存知の方の正しい解説をぜひ添えてどうぞ。
(ちょっとタイポとか変なところがあったので直しちゃいました。また、"70 Japanese Gestures"でぐぐりますと、いろいろヒットします)どなたか、すでにお読みに(ご覧に)なった方、ぜひ、感想をお聞かせください。買おうかなぁ…どうしようかなぁ…興味あるなぁ~…



70 Japanese Gestures: No Language Communication ISBN:1933330015 

Hamiru-aqui Aileen Chang Stone Bridge Pr 2005/10 ¥1,196 

スポンサーサイト

おもしろCM

ラジオのCMはテレビよりずっと面白いと思う。20秒くらいしか時間がないのに、出だしでいきなり聴取者の心をひきつけ、短い間に商品名を印象に残さなければいけない。でも、顔が出ないから声に特徴のないカワイイ・カッコイイだけのタレントには頼れない。映像がない分、難しいと思う。



で、一日、ラジオを聴いているわけだけど、一番すごいなーと思うのは「ファイトォ~いっぱぁつぅ」でおなじみのリポビタンDのCM。テレビでは筋肉もりもりのイケメンおにーさんがかっこよく危機から脱出するんだが、ラジオではこれを再現するのは不可能。てなわけで、心に残る"ギャグ"をかましてくれる。〆は例の決めゼリフ「ファイトォ~いっぱぁ~つ」。たとえば、私と旦那のお気に入りはこれ。
課長:(元気よく)この仕事は後輩のおまえらにまかせた。

部下A:(内緒話)オイ、今度の課長ってラグビー部出身らしいぜ。

部下B:(内緒話)どうりで面倒な仕事は後ろにパスするわけだ。

課長:(のんきそうに)前に投げたら反則だぞぉ

「ファイトォ~いっぱぁ~つ」
前々からブログで紹介したいなぁと思ってたけど、ラジオで全国ネットされている番組というのは少ないので、この周波数でこの時間に聞いてね(CMの時間というのはだいたい決まっている)というのは不可能だしぃ…と思っていて気がついたのがこのサイト。
リポラジマニア→

http://liporadio.hp.infoseek.co.jp/
同じことを感じている人…いや、さらに"うわて"がいたんですね…録音までしている…感動。テレビCMのおかげで"決めゼリフ"が浸透しているからできるおふざけといえばそれまでですが、それにしても常に面白いショートコントを考える頭に感服いたします。お時間がある方は聞いてみてください。

たまには(失礼!!)いいことするじゃん

飼い主に捨てられ、保健所に収容されたペットたちを全国規模で検索できるサービスを環境省動物愛護管理室が今年の春をめどに運用開始するそうです。
ソースはここ→



http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1670943/detail?rd
これにより、殺処分される捨て犬や猫の数を減らすことができるとか。



先日、図書館の帰り、茶色とクリーム色の2匹の小型犬に翻弄されながら歩く初老の男性が私に向かってやってきました。"翻弄される"というのは、たとえば、茶色い方がいいにおいに惹かれて立ち止まっても、クリームの方はひたすら前進したり、片方が何に気づいたか後戻りしているときに、もう片方は引き綱を巻きつけるように飼い主の股の間をくぐって身動きが取れないようにしたりという感じでそれぞれの犬が自分の好きなことをしているのです。よく見ると、その男性は知り合いの自治会役員Bさんでした。でも、あそこの家には茶色い小型犬しかいなかったけどな…



にっちもさっちもいかなくなって、立ち止まっているBさんに挨拶をし、クリーム色の犬のことを聞くと、娘さんが保健所でもらってきたとのこと。

「明日、殺されちゃうって言われたそうで…」

その犬は誰もが知っている高級犬。お金で表せば数十万円します。

「そんな高い犬が保健所にいたんですか?」

「いやぁ、獣医さんが『歯を見ると10歳は超えている』っていうから…」

おとーちゃーん、立ち話はいい加減にしてよぉというように、今まで勝手気ままに振舞っていた犬たちが急にそろって前進しだしたので、そこで話は終わってしまったのですが…10年以上もいっしょに暮らした犬を保健所に渡すというのはよほど事情があったのでしょうね…でもぉ…



捨てられるペットにもいろいろあって、たとえば、買ってみたら手に負えなかったとか、引越し先ではペット禁止だからとか。高齢者が施設に入所するんで泣く泣く手放したなんていうのもよく聞きます。でも、どんな理由でも飼い主の身勝手なんですけどね…



早くこのシステムが稼動を開始することを心から望んでおります。

Turin or Torino

またまた『The Japan Times Weekly』(1月28日号)で読んだ記事です。
同じ記事がここに載ってます。ちょっと重いです→



http://cnews.canoe.ca/CNEWS/WeirdNews/2006/01/17/1398899-ap.html
要するに、冬季オリンピック開催地"トリノ"を英語でどう表記するかで意見が真っ二つに分かれてもめているということです。



「トリノ」は英語で"Turin"なんですね。知りませんでした。そーいえば、同じアルファベットを使っているのにミュンヘンは"Muenchen"じゃなくて"Munich"で、ローマは"Roma"じゃなくて"Rome"だね… 変なの。



ひとつわからなかったのは、この記事の中に"Turin is the English translation of the Italian word Torino"とありますが、地名を翻訳するというのはどういうことでしょうか?日本語や韓国語ならその地名の音をカタカナなり、ハングルなりで表記するということを翻訳と言うかもしれませんが、英語とイタリア語では同じアルファベットを使っているわけですし… アルファベット26文字では表せないアクサンとかウムラウトのような記号がついているにしても、現地語の音と英語が表している音はあまりにも違うような気がするんですが… 地名の持つ意味を訳しているのかなぁ… どなたか、言語学に詳しい方、教えてください。
余談ですが、この論争、けっこう広まっているみたいでインターネットではいろいろな意見が読めます。私は"You Say Turin Torino"で検索しました。興味のある方はぐぐってください。

アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語

小鳥が入試を受けている間、ぶらぶらしているときに本屋で見かけ、あーかわいい表紙の本だなぁと思った。そのときは環境問題を訴える本かなと思った。次の日、図書館に行ったらこの本が新刊のところにあったんで借りてみた。読んだら…実にいろいろなことが読み取れる本だった。



ナウル共和国は太平洋の真ん中、赤道の近くに浮かぶ品川区(大阪なら池田市)とほぼ同じ大きさの小さな島。この島は、アホウドリの糞が変化したものと言われるリン鉱石からできています。物語は100年前、ヨーロッパ人が良質の化学肥料の原料となるリン鉱石の採掘を目的に上陸したときから始まります。そこから始まる波乱万丈の歴史。第1、2次大戦中はヨーロッパ諸国や日本に翻弄されますが、1968年に独立してからはリン鉱石の採掘と輸出だけで国家を運営する仕組みが出来上がり、税金はなし、教育や病院は無料、電気代もタダ、結婚すれば政府が家をプレゼントしてくれる、おまけに採掘は他国からの出稼ぎ労働者がやってくれるから働かなくてもいいという国になりました。人々は働くことを忘れ、毎日を楽しく過ごし、ぶくぶく太っていきました。



しかし、資源には限りがあります。リン鉱石がほとんど掘りつくされてしまったとき、人々は国を立て直そうとしますが、今までずっと遊んでいたから働くとはどういうことかわかりません。国が豊かだったときに行った投資はことごとく失敗してしまいました。そこで、国籍を販売し、インターネット・バンクを設立して、世界中からお金を集め始めました。税金逃れのお金持ちのお金からマフィアやテロリストの資金まで… うまく行ったと思ったときに2001年9月11日がやってきて…



その後も混乱は続きます。やさしい語り口とかわいらしいイラストとは裏腹に非常に重い内容です。現代世界とその歴史の縮図になっているように感じられました。漢字にはすべてふりがな付き。お子さんと読んでみてください。



アホウドリの糞でできた国―ナウル共和国物語 ISBN:4757210981

古田 靖 寄藤 文平 アスペクト 2004/12 ¥1,050
18:29 追加

meggyさんのコメントへの返事です

> この前行ったUAEとナウル共和国が重なります。

私はブルネイと重なりました。ブルネイに駐在していた人と話したことがありますが、その"すばらしさ"を聞いて、この先、原油が枯渇したらどうなるだろうと思ったんです。ナウルの人は「自給自足の生活」→「強制労働の植民地生活」→「働かずに遊ぶ生活」しか知らないので、働いてお金をもらいながら生きていくということがわからないとか。わずか100年間でこうなってしまうのだから、何代にもわたって、「出稼ぎの外国人労働者が中心の雇用市場」だった国はそのときが来たらどうなるんでしょうね。日本も他人事ではないと思います。

YOKOSO

sallyさんのブログを読んで思い出したこと…

   (こちらです→

http://blog.alc.co.jp/d/2000525?nid=20060126)




あるラジオ番組で聞いた話です。そのパーソナリティーは海外から帰国し、成田から都内に向かって首都高を走っているとき、都県境のあたりに「YOKOSO」と書かれた建物があるのを見て、いつも「海外からきた人を『ようこそ』と迎えるのはいいことだな」と思っていたそうです。



が、ある日、突然気がつきました「海外からのお客さんを歓迎するならローマ字で"YOKOSO"ではなく、少なくとも"Welcome"でないといけないではないか!!」そこで調べたところ、その建物は"横浜倉庫"という会社の持ち物で、"YOKOSO"は"ようこそ"ではなく単に会社の略称"横倉(よこそう)"をローマ字で書いただけだったんだそうです。



sallyさんのブログにあったキャンペーンが成功して、海外からのお客さんの間に「YOKOSO」が定着するといいですね。

念のため、『YOKOSO Japan! Weeks』へのリンクを張っておきます→



http://www.vjc.jp/weeks2006/index.html

小鳥の読書記録【ありえない…1月】

昔、アメリカに住んでいた頃、庭にりんごの木がありました。直径5cmほどの小さな緑の実がなる木でした。でも、おなかを壊すといけないからと、摘んだ実は小鳥の手のとどかないところに置いておいたのです…が、ある日、台所の隅から、しゃりしゃりという小さな音が… 見ると、小鳥が台所の隅に向かって隠れるようにりんごを食べていました。食べたいものをとめるわけには行かない…私は笑いながらビデオを撮りました。皆さんに見せたいです。



てなわけで、欲しいものはどんな場合でも手に入れる小鳥は、天王山とも言うべき今月もあらゆる手を尽くして本を読んでいました。確かに、やさしい娯楽要素の強い本ばかりですが…私は半ば諦めモードです。はい。がんばれよぉ~



『Left Behind: The Kids』1~24

聖書の「ヨハネの黙示録」を素材にした近未来小説です。1冊150ページほどで、小鳥だと1時間弱で読んでしまいます。私でも2~3時間で読めます。3~4年前に買って、そのときは登場人物の多さと人間関係の複雑さに6巻あたりで小鳥は投げてしまったのですが、何を血迷ったか、正月明けから積んで読んでました。とても面白いのですが、アメリカでは賛否両論あると言われています。大人用の『Left Behind』もあります。



『Ralph S. Mouse』

『Emily's Runaway Imagination』

by Beverly Cleary



『Family Picture - Will David find a home』 by Dean Hughes

『Rabbit Hill』 by Robert Lawson

『Arthur and the Crunch Cereal Contest』 by Marc Brown

『The Cricket in Times Square』 by George Selden

『The Voyages of Doctor Dolittle』 by Hugh Lofting

『May's Riding Lesson』 by Bonnie Bryant



『The Berenstain Bear Scouts: Scream Their Heads Off』

『The Berenstain Bears and the Ghost of the Auto Graveyard』

by Stan & Jan Berenstain



『101 Ways to Bug Your Teacher』 by Lee Wardlaw

いちおう読み物ですが、最後に先生への嫌がらせ方法が101種類ちゃんと書いてあります。姉妹編に『101 Ways to Bug Your Parents』というのがあるそうで、買ってくれといわれましたが、丁重に断りました。9~12歳向けの本を今度中学生になる小鳥に買ってあげるほど私は優しくありません。



『The Keys to the Kingdom: Mister Monday』 by Garth Nix

『The Seventh Tower』や『Sabriel』3部作などでおなじみのGarth Nixの作品ですが…7巻まであるとは思わなかったぁ~現在、"Wednesday"まで出ているそうです…お年玉で買ってくれい。



入試が終わったら、またインターの図書館に行けるようになります。でも、中学になるとそうそう通えなくなりますね… 代理で母が読ませたい本を借りに行ってあげましょう ↑_(ΦwΦ;)Ψウケケ 悪魔のつもり

SAYURI

私の周りではまったくいい評価を聞かない…というか、やたら評判の悪い『SAYURI』ですが… 中国では公開されないようで…

ソースはここ→



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060123-00000079-mai-soci
友人・知人が悪い評価を与えている第一の理由は「芸者の立ち居振る舞いすべてが日本人ではない」。そして、この芸者さんたちは中国の方々から見れば中国系の女優さんが演じているから「貧しさゆえに売られて日本人に使われる中国人」。



まあ、日本の女優さんたちもオーディションに参加したけど、実力がなかったから中国人の女優さんを使ったということですが… でも、この評価って、これは失敗作ってこと…?まあ、架空の世界として映画を見ることができる立場の人たちと、どうしても実世界・実体験を映画に重ねて見てしまう人たちの差が現れているのだと思いますが… アジア人以外の方の評判はどうだったのでしょう?



そういえば、日本人男優のどなたかが「日本人風の英語を話せ」と何度もダメ出しされて苦労したとか。別にその方は英語が達者というわけではなく、むしろ不得意な方で大変な思いをしていたのに「英語が日本人らしくない」と言われて相当悩んだそうです。日本人だっていろいろあるのにね… 制作側の持つ日本人のイメージってのにあわせて"日本人を演じる"のも役者の仕事なんですね。



テレビでやったら見るかも… まあ、原作読んだからいいか…

ハードウェア・エンジニ屋に言わせると…

センター試験の前、リスニング装置に不具合が発生するんじゃないかと人の不幸を待ち望むかのようにいろいろなメディアが予言していた。不具合に年中悩まされているハードウェア・エンジニ屋曰く「まあ、不具合のないハードはないからね。初期ロットだろうし。0.1パーセントくらいは出るんじゃない?」



月曜日の新聞によると、不具合のあるリスニング装置に運悪く当たってしまったのは1100人に1人、つまり約0.1パーセントだったそうだ。大当たりぃ~ 新聞に品質管理に詳しい大学教授の見解として"全数検査をしたのにこの割合というのは不具合がちょっと多い印象だ"と書いてあったのを読んで旦那は「そんなことはない、0.1%なら上出来だ。教室にいる人に何がわかる、不具合は現場で起きているんだ」と言っていた(どこかで聞いたセリフ?うちの旦那もテレビを見ないので、おそらく若い人が現場で上の悪口を言っているのを聞いているのだと思います)。"全数検査をした"といっても、使用する機能を最初から最後まですべてチェックをしているわけではないから、確実とは言えないそうで。それに、使用している人の個人差もあるだろうし。



私が最初に英語のリスニング・テストを受けたのは高校の入試。当時(今も?)、埼玉の公立高校の入試には英語のリスニングが含まれていたんですが、放送室から全校一斉放送でしたね。次は大学4年、就職に必須だからといって英検2級を受けたときかな…(若い人向けの注:当時は就職活動は大学4年でするものでした。また、英検には"準"のつく級はありませんでした)。そのときも一斉放送。その後、何回かTOEICを受けたけど、やっぱり一斉放送。だったら、センター試験だって一斉放送でいいじゃないですか。TOEICに昇進や昇給がかかるサラリーマンもいると思うけど、一斉放送は不公平だって言う声は聞いたことないけどな…



もっとテストをして、装置だけでなく実施方法とか、使用者の印象とかきちんと把握してから導入すればよかったのに。そんなにあせってリスニングを課さなければならない理由ってあったのかな?

おしゃれ障害―健康を害する誤った「おしゃれ」に警告

本の表紙画像がないですね… Amazon本体にも…

ピアス、茶髪、ミニスカなどなど、若い子に人気の「おしゃれ」がどのように健康に影響するかを写真入りで説明した本。図書館のヤング・コーナーにありました。



まあ、センセーショナルにするためでしょうか、おもわず目をそむけたくなるようなオソロシイ写真もありました。
詳しくはこちら。出版社のサイトです→



http://www.schoolpress.co.jp/book/karada/oshare.htm
小鳥はこんながさつな母に育てられているためか、化粧にもおしゃれにも一切興味なく、できればジーンズにスニーカー、上から下までユニクロですごしたいというこのごろには珍しい12歳なので今のところはあまり心配していないのですが、中学校に入ったらねぇ~どうなることやら。そうなったらこの本を図書館で借りて見せてやろうと思っています。専門家の意見を聞いて(読んで)から、あとは自分で判断しなさいってことで。



興味のある方は「おしゃれ障害」でぐぐってみてください。いろいろ出てきます。



おしゃれ障害―健康を害する誤った“おしゃれ”に警告 ISBN:4879811629 岡村理栄子 少年写真新聞社 2003/07 ¥1,995

縁起もの

このへんの中学入試は1月から始まる。まず、埼玉の学校、続けて千葉の学校。塾は2月1日の東京の学校を本命と考えているので、たとえ、第1志望校が埼玉や千葉の学校でも、塾的には前哨戦と捉えられている。だから、1月は入試を受けながら塾に通う日々が続く。



でも、子どもにしてみれば、1月、松の内があけると、本番気分なのである。そりゃ、お試し受験よぉなどとうそぶいている子もいるが、内心はドキドキ。なので、自然と縁起物に手が出るようだ。



年が明けてすぐの塾の授業から、小鳥は塾友にキットカットを配っている。「キットカット」で「きっと勝つ」というのは数年前から大学受験生の間で流行っていて、今では小学生でもちょっとした常識である。



その他のお菓子メーカーも遅れをとらじとがんばっているようで、スナック菓子の「カール」は頭に「う」をつけた「うカール」というのを出している。また、「コアラのマーチ」は「コアラは寝てても木から落ちない」というので"合格"の文字が入った特別パッケージで。今日見つけたのは「ポッキー」 の特別バージョン。"ポッキーで吉報"だそうだ。なかなかしゃれている。



小鳥がほんとに欲しいのは「合格」と書いた鉢巻をつけたタコのぬいぐるみ。"置くとパス"なんだそうだ。昨年の入試シーズンにニュースで読んだのだが、今年は通販ではすでに売り切れ。外出ついでにLoftで探してみたけど、置いてなかった。まあ、そんなものはなくても受かる人は受かるからがんばれ!!

そんな相談されても…

うちの母親はちょっとした病気を持っている。で、その病気(糖尿ではない)の治療によく効く薬が出たのだが、週に2回、自分でその薬剤を注射しなければならないそうだ。



「どーすればいいかねぇ」



と相談を受けたが、どーしていいか、わからない。どうせ時間はあるんだから、週に2回、注射してもらいに行けばいいんだけど、一人では通院できないため、片道1時間近い手間をかけ、誰かの手を借りて病院にいくのには抵抗があるようだ。薬は支給されるそうだから、近所の顔なじみの医者に頼んで注射してもらえばいいのかなとも思ったけど、そうすると、その"技術料"はいくらになるのだろう?というか、保険はきくのかな?



あーなんか、複雑すぎてわかんない。小鳥の受験が終わってから相談して欲しいわと思うんだけど、そーも言えない微妙な立場でありました。

どこに○をつけるか?

アンケートには[職業]欄がつきもの。さて、ほんやくやさんはどこに○をつけようか?



会社員とか学生ではないのは確かだし、家事は2の次だから主婦でもない。では、[自営業]か?あれ、[自由業]というのもあるぞ。はて、この違いは?[商工自営]と書いてあれば、お店や工場を経営している人のための選択肢だなと思うけど、[自由業]っての"自由"って言葉にちょっと抵抗がある。何でも屋みたいな雰囲気はあるけど、何でも引き受けているわけじゃないしぃ…あ、こういうときには辞書ね。

じえい 0 【自営】(名)スル

自己の力で経営すること。また、自立して生計を営むこと。

「―業」「豆腐屋を―する」

じゆう-ぎょう ―いうげふ 2 【自由業】

時間や雇用契約にしばられない職業。著述業・弁護士など。
あら、そしたら、"商工"がつかない場合はほんやくやさんは「自営業」でも「自由業」でもいいんじゃないですか。



[自営業]、[自由業]、[専門職]と3つの選択肢が並ぶことがある。たいてい、"専門職"のあとには「(弁護士・医師など)」とついているが、この「など」にはほんやくやさんも含まれるのかしら?「自由業」と「専門職」だったら、どう考えても「専門職」の方が聞こえはいいよね…



また、こんなのもあった。
 ○ フルタイム      ○ パートタイム、内職
フルタイムって言いたいけど、仕事が数週間ないことだってあるし、今みたいに自分の意思で休むこともできるから…パートタイム?でも、内職って言うのはね…ラジオを聴きながら、小さな机の上ではんだ付けしているみたい(うちの母親のイメージです)…でもこれが一番近いのかなぁ…



一番困ったのが、女性向けのアンケートにあった選択肢。
 ○ 会社員   ○ 主婦   ○ 学生   ○ 無職
おーい…選ぶのがないぞ…



18:15追加

今日、見つけたアンケートには[自営・自由業]と[在宅ワーク]というのがありました。そういえば、[自営業]、[自由業]、[SOHO]とゆーのも昔、何度か見かけたな…アンケートを作るほうも苦労しているんでしょうね。

Better safe than sorry

小鳥の話題が続きますが…



各校の入学試験が進行中ですが、勉強の進み具合以外にもいろいろ気にしなければならないことがあります。たとえば、持ち物。上履きは必要かとか、使える定規の種類(三角定規はいいけど分度器はダメとか)とか、携帯を持って校内に入っていいかどうかとか、学校によって異なります。ま、そーゆーのは入試要項に書いてあるとおりにすればいいんですが、面倒なのが入試要項に書かれていない持ち物。たとえば、マスクとかブドウ糖のサプリメント(脳の食べ物)とか。天気予報で当日は雨かもしれないといったら、替えの靴下とか大き目のタオルはどうするかとかも相談しなければなりません。



てな具合で、私が「○○はどうする?」と聞いたときの最近の小鳥の答は必ず「とりあえず持っていく。"Better safe than sorry"だから」



英辞郎によりますと
Better safe than sorry.

念には念を入れろ。/用心するに越したことはない。/《諺》転ばぬ先の杖。◆「危険を冒してあとで後悔するより、まず安全策でいった方が良い」という意味。
だそうです。"Safe is better than sorry."ともいえるとか…



めったに英語と日本語をちゃんぽんで使わないんですけどね、小鳥は。それに意味もわかりやすいフレーズだったので最初は気にしないでいたのですが、何回か聞いているうちにちょっと気になりました。どこでこんなセリフ覚えたんだぁ~?



「え、本読んでいればよく出てくるじゃない」



子どもの本といえども侮れませんね。使えるフレーズと思いました。



コンピュータのマニュアルには出てこないフレーズだなぁ…あ、でも、もしかしたらチュートリアルやお気軽な手引書なんかには使われているかもしれない…

みんながんばれ(含む旦那)

1月15日にも書きましたが、私はレジ袋の代わりに自前の買い物袋を使って、ポイントやらスタンプやらを貯めて、金券と換えています。



ある日、私は塾の前で小鳥が出てくるのを待っていました。その日は旦那が中国出張の折、上海の空港で買い物をしたときにもらったというレジ袋を買い物袋として使っていました。パンダがついていてかわいいの♡そこへやってきたのが小鳥の友達のAちゃん。Aちゃんのご両親は上海出身の中国人で家では中国語しか話さないというのに、小鳥より日本語が達者で、国語の成績はずーっと上です。



「あ、上海の空港で買い物したの?」

Aちゃんは私にはタメ口で話します。

「うん、小鳥のお父さんがね、出張に行ったの」

「だめだよ、空港なんかで買い物しちゃ。闇市にいかなきゃ」

「やみいちぃ~?」

「そうだよ、闇市に行って値切らなきゃ。空港は高いだけだよ。値切るのは楽しいよぉ」



でもねぇ~小鳥のお父さんは中国語がそこまで達者じゃないんだよぉ…無理だってばぁ…



「そっかぁ、損だねぇ~」



そういって、Aちゃんはレジ袋に書いてある、私が読めない簡体字も読んでくれました。今は受験で英語はお休みしているそうですが、彼女は5年生のときに英検4級も取得しています。これで中学に入ってさらに英語も伸びていくんですね。すごいなー。小鳥も負けて入られないと言っております。みんながんばれぇ~

読書の時間を増やすために…

…読みたい本をジムに持って行くことにした。昨年夏の駅前転倒事件以来、あっちが治れば、こっちが痛いの繰り返しで、とうとう筋トレは諦め、ヨガとピラティスに賭けることに。でも、こっちはスタジオで行われるトレーニング。ジムでの時間はひたすら有酸素運動に費やす。
駅前転倒事件はこちら→

http://blog.alc.co.jp/d/2000204?nid=20050801
普段からよく歩く方なので、ジムではトレッドミルよりも、ステップマシン(階段昇りを模したマシン)とエアロバイク(動かない自転車)で日常生活ではあまり使わない筋肉を鍛えてやろうとしている。が、これがちょっと退屈。ジムの天井からはTVモニタが下がっていて、民放各局+NHK第1と衛星が見られるようになっているんだけど、もともとTVに興味のない私。スポーツ中継を除いては見るものなし。というわけで、もっぱらMP3プレイヤーをポケットに入れてラジオや録音しておいた語学番組を聞いていた。



話し変わって、少し前から当市の図書館システムが改善され、インターネットを使って、自宅から本の予約が出来るようになったのだが、調子に乗って予約しておいたら、まとめて何冊も貸し出し可能になるという恐れていた事態がついに発生してしまったのだった。
図書館の予約の話はこちら→

http://blog.alc.co.jp/d/2000204?nid=20050822
ここのところ忙しくて本を読む時間をこれ以上作るのは不可能。半身浴中の読書にも限界がある(くらくらしてしまうの…)。てなわけで、ジムで有酸素運動をしながら本を読むことにした。漫画や小説を読みながら有酸素運動している人は結構いるし、ジムにもそのための雑誌が置かれているから別に目立たない。ステップマシンは電車の中で立って本を読んでいる雰囲気(てか、ほとんど二宮金次郎?!)。エアロバイクはハンドルの上に本を乗せて読む感じ。先日、こんな感じで漫画を読みながら自転車に乗っている高校生を見かけて、なんちゅーバカだと思ったけど、私の場合はだいじょーぶ。エアロバイクは前には進まないし、よそ見してても倒れない。BGMはかかっていても、耳障りではなく、意外に集中できるのできついトレーニング(結構、負荷をかけてます)も短時間に感じられるし、本もかなり読めます。この調子で勉強できるといいんだけどなぁ… 究極のながら族でしょーか…

小鳥が今朝見た夢

小鳥が今朝見た夢のことを話してくれた。



塾のビルの1・2階が4年、3・4階が5年、5・6階が6年のクラスになっていて、たとえば、2階に行くと4年の頃、3階に行くと5年の頃に戻れるのだそうだ。そのことに気づいて、みんなであっちの階、こっちの階に行って昔の友達に会いに行ったり、先生を驚かせたりしたのだと。



「不思議なのはね、5年から入った子が2階に行くと、先生には姿が見えなくなるんだよぉ~ すごーく楽しかったぁ~」



受験のプレッシャーが見せた夢か?それとも、4年生の頃に戻って、みんなとの楽しい日々を続けたいということか?



小鳥はとっても塾が好き。受験が終わるのは嬉しいけど、塾が終わってしまって、学校に行くだけになってしまうのが悲しくてしょうがない。小鳥の塾には、2月のうちは新6年生を励ましに行くという習慣があるので、週に1度は友達に会えるけど、中学校が始まってしまったら会えなくなってしまう。



一番仲のいい子達の第1志望校は小鳥の第2志望校。「もし、第1と第2と両方受かったら第2にしたくなっちゃうかなぁ…」などと妙なことを言い出した。「新しい学校に行けば、また新しい友達ができるから初志貫徹すれば」などとも言ってみるが…(ま、受かればどっちでもいいけどね)。涙腺の弱い小鳥のことだから、塾の最後の日はたいへんなことになるだろーなー…

温度差…

都内在住の友人と話をしていたところ、彼女の家の近所にある公立小学校では3学期の始業式で校長先生が「6年生は学校に来なくていいから受験勉強をがんばってください」と言ったとか。なんでもその学校では来年度、開校される都立の中高一貫校を含め、6年生の約85パーセントが中学受験をするそうだ。彼女もまた聞きなので真偽のほどは定かではないが、私の住んでいるあたりの小学校での話とは先生の対応にかなり温度差がある。



隣の駅の近くにある小学校では例年、受験するのは学年の15~20%程度。そのせいか、あまり学校側が協力的ではなく、わざわざ1月にいろんな行事を入れるそうだ。友人の娘さんが受験の年は1月31日に球技大会が行われたとか。都内の私立中の入試は2月1日から始まるのに。



塾からもらった出願関係の資料にも、担任教師に書類の作成をお願いする場合「そのような書類の作成に積極的でない先生」もいるので「根気よくお願いしましょう」と書いてあった。たしかに、小学校教師の職務範囲外かもしれないけど、あまりにも非人間的な…と思っていたら、掲示板にも似たようなことが書いてあったので、担任によってはあたり、はずれがあるのかも…確かに、公立の先生としては公立を嫌って私立に進もうとする子ども(および子どもを私立に進ませようとする親)が気に食わないかもしれないけど、腹を立てる相手はそういう教育システムにしてしまったところ(さて、どこだろう?)だろうがと思うけど。



その他、受験については勉強以外にもいろいろなところで不思議な場面に遭遇したし、現在も驚かされることが多い。まあ、その辺は全部終わってからぼちぼち思い出話として記録したいなと思う。

予定外のミシンかけ

昨年末あたりに"余裕があったら・長期的な目標"として掲げてきた"古いタオルの再利用を図る(足ふき、雑巾などの作成)"を達成しました。



事の発端は、小鳥が"姿勢正しく座るためのクッション"のカバーを破ってしまったこと。これのクッションは、7~8cmの厚みがあるソラマメ型で、中に硬いプラスチックのチューブが入っているもの。小鳥はこれがお気に入りで勉強中に座るだけでなく、昼寝枕にも使っていたのですが、私が再三再四注意しているにもかかわらず、何かにつけてこの上に立つ。だもんで、とうとうクッションのカバーの真ん中から裂けてしまったのでした。



3~4年前に生協経由で買ったもの。替えのカバーなどあるはずありません。てなわけで、作り直す羽目になったのです。本来なら"ずっと注意していたのにそれを聞かなかったあんたが悪い。自分で作り直しなさい!!"というべきなのでしょうが、相手は受験生。かてて加えて、このクッションは勉強の友(らしい)。しょーがありませんね…



とゆーわけで、カバーの破けてない面をコピーして型紙を作り、リサイクル用に取っておいた古着の中から、旦那のトレーナーを選び、裁断・しつけしてミシンかけ。はい、いっちょあがり。ミシンを出したついでに、古いタオルをリサイクルして台所のマットを2枚とバスマットを1枚。それからほころびかけていた買い物袋(死語?レジ袋の代わりに使っているものです。レジ袋を断るとスタンプ1個もらえて、スタンプ20個で100円分のお買い物券になるから…)を修理し、ひざの抜けたジャージを膝のところで切って短パンにしました。うーん、楽しいにゃー♡



縫うものがなくなってしまったけど、まだ何か作りたい気分。トップだけ作ってほっといてあるキルトでも仕上げようかな… トップばーっかりたまっているから… あー、私ってお気楽な人…

14日のエントリ…

書いたんですが、なぜか消えてしまいました。今は書き直す元気がないので、またあとで…

大変ねぇ…

今朝の『The Japan Times Weekly』に面白い記事がありました。韓国の恋人たちの"特別な日"に関するお話です。同じ話がYahoo!にも載ってました。リンク切れのため要点をコピペします(06/02/15)
Love comes at a hefty price in South Korea

 There are up to 21 anniversaries, special days and celebrations a year for couples to shower each other with affection and gifts, and as a result some relationships are crushed under the weight of festivities.

 South Korean companies looked at the wild success of Valentine's Day celebrations in their country and found ways to sell their goods and services through a tie-up with love, marketing officials say.

 Thanks to shrewd marketing in a society focused on commerce as well as love and matrimony, there is a special day on the 14th of each month for lovers to celebrate as well as a few other goodies along the way.

 For example, January 14 is Diary Day in South Korea when sweethearts are encouraged to buy gifts such as planners and mark all their red-letter days of love.

 Next on the calendar is February 14 and Valentine's Day, where South Korean women buy chocolates for their boyfriends. Army trucks are regularly deployed to deliver chocolates from women whose boyfriends are in uniform as part of South Korea's mandatory military service.

 March 14 is White Day. This celebration was born in Japan, imported to South Korea and is marked by South Korean men returning the favor of their Valentine's chocolates with candies for their girlfriends.

 April 14 is Black Day and is purely Korean. This is a day where those who have not found love mark their status as lonely hearts by eating black food. The dish for the day is Chinese noodles topped with a thick black sauce. Single students at universities order scores of bowls and eat them together in the hope of finding a soul mate over noodles.

 May 15 is Yellow Day-Rose Day. Lonely hearts gather for curry and companionship. Those who find love by this day exchange roses. Dressing in yellow is also recommended.

 The rest of the celebrations that come each month on the 14th have yet to gain a strong following.

 Some of the little-known days for lovers include August 14 Green Day when couples are supposed to dress in green, walk in the woods and drink cheap liquor that comes in green bottles.

 On Silver Day, couples can freely ask their friends to give them money to pay for a date while couples are supposed to exchange gifts made of silver.

 Nov 11. is Pepero Day and is named after a pencil-shaped cookie stick covered in chocolate that is purchased in abundance on the day and exchanged mostly by young South Koreans as an expression of their affection.

 Many couples celebrate the milestone of 100, 200, 300 and 1,000 days since the first time they met or went on their first date. Since calculating the milestones is quite difficult, ... there are sites that calculate the special days for a person and send notice of an upcoming milestone with an e-mail or a text message over a mobile phone.

 "It must be so difficult for young people to keep their relationships going with so many special days," said Yoko Tagami, a Japanese essayist living in Seoul who has written on the subject. "It could even scare single men away from marrying."

 Newspapers and lifestyle magazines often get into the act, especially for "First Snow Day." Lovers are supposed to mark the first snow of the winter season with a romantic date. Several media sources are awash with recommended spots and activities that will make young lovers' hearts flutter as they enjoy the sprinkling of snow.

 Christmas Eve is one of the biggest date nights of the year. It also marks the season of high prices as many businesses try to make a few extra won off lovers.

 And of course, birthdays and actual one-year anniversaries are also major events on the calendar for couples.

 Couples, however, can feel the pinch of too many festivities. "I gave my boyfriend a gift soon after we went out and that just made his expectations bigger for more expensive gifts. I had to ask my parents for money for gifts, and in the end, we broke up because of the cost," said Kim Mi-yeon, a student.
年に最高21回の"特別な日"があるということは、最悪(?)の場合、少なくとも月に一度は何かしら、プレゼントしたり、お返ししたりしなければならないわけでしょ。おまけに、付き合い始めてから100、200、300、1000日目をお祝いするなんてねぇ~ いくらインターネットにお助けサイトがあるとはいえ、なんかうざったい気が… なに、初雪もお祝いするのか?! 暖冬だとほっとしたりして… しかし、そこまでしないと気持ちが伝わらないのかなぁ。どこかの国で、"I love you"と言ってもらえなくなったことが離婚の理由として認められるというのと似ているかも…



この記事で書かれているような習慣は、韓流ドラマのファンの方はすでにご存知のことなのかもしれませんが、私はその方面の知識はまったくなかったのでびっくり。ずぼらで、人付き合いの悪い私や旦那には絶対無理です。でも、逆に言えば、私も旦那も相手にこのような"お付き合い"は期待していないから、うまく行くかもしれませんが。



まあ、常に相手に気にかけてもらっていると実感したい人にはとても嬉しいことなのかもしれません。
この記事に出てくる日本人エッセイストYoko Tagamiさんは「田上陽子」さんです。興味のある方は「田上陽子 韓国」などでぐぐってみてください♪


15:58

先ほど、小鳥が帰ってきたのでこの記事を見せたら、朝、学校へ行く前に読んだとのこと。感想は?と聞いたら、「お金ばっかりかけて、バカみたい」だって。この親にして、この子ありという感じです…

よく似たり…

『谷亮子選手:長男の名は「佳亮」ちゃん 母子そろって退院』
亮子さんは「(出産は)柔道より大変。お母さんってすごいなあと思いました」と笑顔で語った。
おめでとー、でも、出産なんて始まりよ、これからもーっと大変だから…出てきたものは二度と腹には戻せないと…思ったのは私だけ?



『出産無料化を検討 猪口担当相が表明』
入院を含む出産関係費用を国が全額負担する「出産無料化」制度の導入を検討していく考えを明らかにした。若年夫婦らの経済的負担を軽減し、少子化の進展に歯止めをかけるのが狙いだ。
あのぉ…子どもを一人成人させるのにかかる費用は最低で約2000万円で、そのうち出産費用は50万円程度なんだそうですけどぉ…残りの1950万円は親の負担ですか? 無料化するところを間違ってませんか? 第一、出産費用は健保から結構返してもらえるからだいじょぶです。ほかの事を心配してください…



出産てのは単なる始まりなんです。そこからが長いので…と、たかだか1羽の小鳥を12年間めんどうみてきただけの私が言うセリフではないかもしれませんが…



"出てきたものは二度と腹には戻せない"とは私の出産に際して、先輩ママである会社の同僚からいただいたありがたーいお言葉です。

翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった

タイトルに惹かれて借りた本。翻訳の話と、翻訳にまつわる思い出話で構成されています。実務ほんやくやさんの私でも「そーだよねー」と同意したくなるようなお話がいくつか載ってました。だから出版翻訳は大変なんだよな…としみじみしてしまいます。でも、IT関係文書の無味乾燥とした英語を訳すよりもよほど楽しそうです。



実は、私は金原先生の訳書は読んだことありません。が、小鳥が夢中になって読んでいる本の多くは金原先生が訳しているのでちょっと気になっておりました。翻訳した作品を読んでも翻訳者さんのことはよくわからないけど、こういうエッセイを読むとその人が見えてきます。今度、訳書を借りてみようかなと思いました(小鳥の本棚にある原書を読むよりも早いし…)



翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった ISBN:4895000834

金原 瑞人 牧野出版 2005/12 ¥1,575 

子どもに食べてもらえる幼稚園のお弁当

…みたいなタイトルの料理本を持って、本屋をうろうろしているおばあさんがいた。右手には本、左手には孫らしき男の子。この子のおかあさんは働いているのか、下の子が生まれるのか、何らかの理由でおばあさんに子どもの面倒をまかせているのだろう。



しかし、いつからお弁当は「食べさせていただく」ものから「食べてもらう」ものになったんだろう?



「食べてもらえる」と「お弁当」をキーワードにぐぐると460件あまりのヒットがあった。「子どもに喜んで食べてもらえる」、「残さず食べてもらえる」、「たくさん食べてもらえる」…って…



小鳥が幼稚園のときも、お弁当に小さなお菓子を入れていいかと先生に質問したお母さんがいた。「お弁当を全部食べたごほうび」だそうだ。全部食べたらお菓子を食べなさいってことだそうだ… だから、この傾向は今に始まったことじゃない。では、いつから?



戦前生まれのうちの親にとって、食べ物に文句をつけるのはとんでもないこと。旦那の両親も同様に戦前生まれ。お義母さんは疎開経験者なんでサツマイモとかぼちゃは食べないけどね。でも、出されたものは黙って食べるのが当たり前…と育てられたそうな。日本はそれほど貧しい国ではなくなってきていたけれど、子ども向きに調理法を変えるとか、食欲をそそるような盛り付けにするなんて考えはなかった時代に子育てをした人たちです。



あのおばあさんは、おそらく戦中派。いや、孫の年から言って戦後生まれかな。孫に「食べてもらう」ためにお弁当を作ると言うことに抵抗はないのだろうか?自分の子どもに対してはどうしていたんだろう。今はこういう時代だからって、諦めているのかな。



きっと、「お弁当を毎日残さずに食べてきたら、クリスマスにサンタさんが○○を持ってきてくれるよ」と言って、カレンダーにしるしをつけている家庭もあるんだろうな… 今の子どもだから○○に「iPod」が入っても決しておかしくはないよね…

いざ出陣!! (付・あやかちゃん続報)

といっても、小鳥ではなく、おやぢ(旦那)のこと。小鳥の出願書類を提出しにいってくれるというのである。私は自分で行く気だったから、大慌て。ま、寒さの中、並ばなくていいんだから嬉しいといえば嬉しいのだが…



書類は私が整えて、これとこれを渡してね、受験料入金の確認ができないというトラブルがあったら、この振込み証を見せてねと指示。その学校には旦那は一度しか行っていないので、地図を…とちょうどいいから入学試験要綱をまるごと渡す。これなら地図だけじゃなく、受付時間から万が一の連絡先まで全部書いてあるもんね。



…と、着替え中の旦那を見ると、スラックスの下は素肌。昨年の情報によると、並んだ順番によっては建物の外で1時間以上待たされるってよ…「だいじょうぶ?」と聞くとちょっと不安げな様子。でも、まだ、ズボンの下に肌着をつける年齢ではない(らしい)し…スキーをしないのでタイツもないし…と、出してきたのがナイロンのトレーニング・パンツ。裾をストリングで絞れるようになっているやつ。多少、がばがばするが、見た目にはそれほど響いていないのでそれでいいという。ま、会社に着いたら脱げばいいんだから。背広の上はサッカーの選手が着ているようなグランド・コート。カジュアルすぎるかもしれないけど、この寒さだから許されるでしょう。



寒さと言えば…トイレは大丈夫かな?出願先は女子校。おぢさんたちのトイレは数が少ないはず…並ぶ前に、確認するように念を押す。ついでに、携帯カイロも3つほど持たせる。あー、私って心配性。自分で行く方がよほど楽だわ…



そんなこんなで出発…しばらくして携帯からメールが入る。予定よりも20分ほど早くついたようだ。父親と母親の割合は1対3くらいだと。運よく、暖房の効いているロビーに入れたが、前に100人ほど並んでいるそうだ。受付開始まで1時間20分。メールのやりとりをしながら励ます。



40分後、「受付開始が繰り上げになった」というメール。と、続けて「ロビーから小ホールに通されたら、そこにすでに200人くらい待ってる人がいた」だって。皆さん、何時から並んでるんでしょう… 小ホールには椅子があるというので「寝ないでね」とメール。返事は「隣のおじさんは寝てる」。



しばらーく、音沙汰なし。と、電話。

「終わったから一度家に帰る」

思ったより早く終わったので、どうせ半休取ったから…ついでにトレーニング・パンツも脱ぎたいしね。ご苦労様でございました。



で…小鳥は何を心配していたかというと…旦那がゲームボーイを持っていったこと!! いや、昨年の情報で、受付開始1時間前に並んでも手続き終了まで3時間以上かかった人もいたと聞いたので、旦那は"念のため"持って行ったらしい。「塾友の親に見られると恥ずかしい」というのだが…とりあえず、おとーさんはおとーさんの職をまじめにこなしたようで、ゲームボーイには手を出しませんでした…ってゆーか、その時間がなかったんだろーけどね。



持参による出願はとりあえずあと1校(最悪の場合は…3校?4校?あああああ、それだけは勘弁してぇ~受験料が…)あります。おやぢ、がんばれぇ~



あやかちゃん、1歳のお誕生日に退院だそうです。よかったね。



http://www.asahi.com/national/update/0110/TKY200601100073.html

   あやかちゃんを救う会   

http://save-ayaka.com/

わかったこと…

1日に1度、きちんと『脳を鍛える大人のDSトレーニング』で頭を鍛えています。といっても、3つのトレーニング+脳年齢診断テストすべてこなしても20分程度で終わるので、息抜きってところでしょうか(まだ入試が山場を迎えていないので、ちょこちょこと仕事はしているんですよん)



で、気づいたことですが、PCを1時間とか、2時間とかぶっ続けに使った後で脳年齢診断テストを受けると脳年齢が一気に上がります。特に、PCでゲームをしたあとは… それがスパイダー・ソリティア(勝率13%って自慢になりますか?)のように多少、頭を使うゲームであっても影響があります。落ちゲーなんてやってたら脳年齢が10くらいあがっちゃいます。何ででしょうね… これがゲーム脳というやつでしょうか?ゲームボーイでシミュレーション・ゲームに熱中している旦那で今度試してみたいと思います。



さて、これまで計算100での最高評価は自動車級でしたが、トレーニングを続けた結果、今日、初めて新幹線級という評価をいただきました。それでも、小鳥の最高タイムとは30秒も違います… あ~若いっていいなぁ…

あらためて…ヒロシくんの成長がわかる本…

12年前、1994年に出版されたものですが、『ヒロシ、君に英語とスペイン語をあげるよ』のヒロシくんが大学生になって、アメリカに留学している間、お父様(北村崇郎先生)と交わした手紙をまとめた本です。「本にすること」を目的に書かれた手紙ではなくて、留学中に「一つ一つのことがらについて自分で考え、自分で決断しなければならなかった」ことを「誰かに聞いてもらい」たくて、「手紙の形式をかりて、自分の考えたこと、感じたこと、あるいは疑問に思ったことを父に書き送った」手紙だそうです。一時帰国した折に、お父様から本にまとめることを提案されたと、"まえがき"に書いてありました。



この本はずーいぶん前に読んだのですが、そのときの印象は「ヒロシくんのご両親は英語とスペイン語以外にもいろいろなものをヒロシくんに"あげて"いる」でした。ヒロシくん自身は「僕は甘えん坊で意志が弱い」と書いていますが、文章からはそんな様子は微塵も感じられません。とてもしっかりした考えを持っていると思えます。とかく、「英語とスペイン語と日本語子育て」の方が話題になりがちですが、それ以外の面でもしっかりとした教えを受け、しっかりと身につけているようです(お母様は父親のしつけが非情に厳しかったとどこかで書いていましたよね…『ヒロシ、君に…』でしたっけ?この本は手元にないのでわかりませんが…)。また、お父様の"あとがき"によると英・西・日の3ヶ国語に「自らのイニシアティヴと大変な努力で中国語が加わった」そうです。すごい。



ヒロシくんを知らない方でも、他国で一人暮らす息子と、それを見守る父親のやりとりは興味深く読んでいけると思います。



余談ですが… カバーに手紙の写しが掲載されていますが、手紙は日本語で書かれていたようです。どこの時点で「おとうさんは英語」の役割が解消されたのか、ちょっと興味あります。うちの場合は、小鳥が小学校に入って「国語」の勉強を始めたときに「おかあさんは英語」の役割は自然消滅しました。今は「おかあさんは国語」です。すごく気楽♡



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794205457/momlittlebird-22



ただいまアメリカ留学中―息子と父の往復書簡 ISBN:4794205457

北村 洋 北村 崇郎 草思社 1994/03 ¥1,680

こんなのも出るんだ… ふーん

おなじみ『えいご漬け』がDSのソフトウェアになった…なるそうです(1月26日発売)。



PC版のほうは評判を聞いて買ってみました。英語のレベルとしては楽勝だったんですが、私はスペリングが曖昧+瞬間的な記憶力が下降気味なので、頭の体操として仕事の合間にけっこうむきになって遊んでました。



さて、DS版ですが、キーボードがないのにどうするんだろう…と思ったら、手書きだそうです。だるっ!! ベータユーザーとおぼしき方の評価では、あまり早く書きすぎると文字の認識に問題があるようですね。これは先日紹介した『脳を鍛える…』でも同様で、DSの思うとおりの文字を書かないと非情にも×を食らうことがあります。



でも、その他に、"単語早解き対戦"や"書き取りマラソン"、"クロスワード"なんてのもあるし、自分の発音を録音して例文と聞き比べるなんて、PC版にはないおもしろそーな機能もある。うーん、PC版ユーザーまで取り込もうとしているな…



問題は中学1年生レベルから用意されているそうです。新入学のお祝いにどうぞって感じかしら?とにかく、興味をそそられる商品ではあります。どなたか、発売の折には体験してレビューしてください。



英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け ISBN:B000BQT6XK 任天堂  ¥3,800

KENさんへ:ヒロシくんのその後がわかる本…

ちょっと古い本になりますが、「慶応を中退して、ミネソタのカールトン大学に留学した若者」つまりヒロシくんが「アメリカで考えたこと」をお父様との往復書簡の形で表した本です。これから夕食の支度をしなければならないので(小鳥の英語を見てやっていたらこんなに遅くなっちゃった!!!)とりあえず、ご紹介まで。詳しくは下のリンクからAmazonのページを見てください…ってあんまり詳しくないか…すみません。



http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794205457/momlittlebird-22





ただいまアメリカ留学中―息子と父の往復書簡 ISBN:4794205457 

北村 洋 北村 崇郎 草思社 1994/03 ¥1,680 

大根は届いたけれど…

今年初の野菜ボックスがやってきた。大根入ってるかな~♪あ、あったあった…でも葉っぱがない…



この野菜ボックスには、契約農家が生産した野菜が泥つき、葉付きで入っている。キャベツやレタスは外側の硬い葉までついていることがあって、食べられるところまで剥いていくととっても小さくなってしまうこともあるし(この硬い葉を使ってロールキャベツを作ったことがありますが、旦那に"噛み切れない"といわれましたので、冬の間はなくなく捨てております。でも、夏場は捨てずに、糠床の"こやし"にします)、ほうれん草は念入りに洗ったつもりでも、葉っぱの付け根、根の辺りがじゃりじゃりすることもある。でも、ご愛嬌ということで。



で、大根の葉っぱですが、これを細かく刻んで鰹節とか油揚げのみじん切りとか、じゃことか入れて醤油とみりんで味付けし、汁気がなくなるまで炒り揚げたのをご飯に乗せて食べるのを小鳥は楽しみにしています。でも、スーパーで売っている大根の葉っぱはあらかじめ落とされている(八百屋のおばちゃんの話だと、近ごろは、市場に届いた時点で葉がないんだそうで…)から、野菜ボックスまたは有機野菜のお店を頼らないといけないんです。その葉っぱがない…



まあ、昨年末からのこの寒さですから、地上に出ている部分は寒さでやられてしまったんでしょう。大根の葉がついていなかったことは初めてですが、白菜はここ数回、葉の先端が茶色く霜焼けしていますから。



それでもスーパーで葉もの野菜がとてつもない値段をつけている中、普段と同じ値段で野菜がいただけるのはありがたいことです。はい。
大根の葉の代わりに、にんじんの葉っぱでもおいしいです。でも、こちらはなかなか手に入りませんが…

カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR