かぁなぁりぃ…ヤヴァイです…

PCの調子が悪い…ってかさぁ…デフラグもできないほどハードウェアを酷使している私が悪いって言えばそれまでなんだけど…1週間に一度くらい、電源を入れるとFlying Windows がすごく長い間ひらひらしていて…黒い画面が出る。最後にちゃんと終了操作をしなかったか…何とかかんとか。まあ、この黒い画面と2~3回、お付き合いすれば立ち上がるんだけどね。(´Д`)ハァ…



ちょぉっと仕事に余裕ができたら、ハードディスクのダイエットを…と思っていたのですが、いつの間にか仕事に余裕ができたら、確定申告を…の時季になってしまいまして…というか、確定申告のために仕事をセーブするみたいな?本末転倒のような気がする。収入を減らしてまで税金申告するんだから、大切に使ってね。



閑話休題。とにかく、私は「マシンフレンドリー」な人間ですので、PCが体調不良を訴えたら、それなりに使ってあげることができますけど、そろそろ限界かもしれないし、XP PCが店頭から姿を消す前に(すでにウチの回りでは消えている…)なんとかしないとね。
そーそー、旦那がPCを買いに行ったとき、本人はXPが欲しかったんだけど、「Vistaを買えば、XPダウングレードパックというのが付いてくる(ダウンロードできるだったかな?)から、Vistaを買って、ダウングレードしなさいよ」と店員さんに勧められたそうな。結局、旦那はVista PCを買って、そのまま使ってますけど(たぶん、ダウングレードが面倒なのだと思う。私としてはVistaマシンが1台家にあると、Windows インタフェースを実機確認できるので便利だから、あえてダウングレードしないの?とそそのかすことはありません)、結構、長いこと"インタフェースが使いづらい"ってぶーぶー言ってました。

スポンサーサイト

そーそー

こちらの続きです》支払調書と帳簿を付け合せたのですが…あいませんでしたw( ̄△ ̄;)wおおっ!



経理の方(前任者+今の方)との1年分のメールのやり取りを見て、請求書と振り込みログとつき合わせても…あわない。どう足し算しても支払調書の数字が得られない。
支払調書に載っている数字の計算の元となる期間は会社によって異なります。たとえば、カレンダーで1年間に依頼した仕事の合計というところもあれば、こちらの請求1年分ってとこもあるし、あちらの支給1年分って所もあるし…頭どっかーんです
というわけで、指定された期限ギリギリに白旗を振って、こちらの帳簿の写しを添付した上で、どこからどこまでが支払い調書の期間なのかを聞きました。そしたら…昨年、最後から2番目に出した請求書が見逃されていたのでした…詳しいことは省略しますが、要するに引継ぎのときに「Susieさんはずぼらなので、複数月間の請求書を数ヶ月に一度まとめて出す」という申し送りがされていなかったようで…で、1つのExcelファイルに数か月分の請求書をまとめてだしたものですから、Excelを開いたときに表示された請求書(デフォルトの状態で言うとSheet1ですね)だけを処理して、残りの請求書(Sheet2、Sheet3、…)は無視されていたという次第で。何でも、このやり方は「反則」なのだとか。まあ、わかりづらいですね、うん。でも、前の担当者さんはこれで処理してくださってたので…甘えた私があほでした。



というわけで…丸く収まった…のかな?とにかく、2008年は、忙しくても帳簿をちゃんとつける、請求書は期日どおりに出すというのを目標に、みなさまにご迷惑をかけないように頑張ろうと思ってます。



…納期には遅れたことないんですけどね…(´Д`)ハァ…

急な仕事

急な仕事なんですけど…大丈夫ですか?という切羽詰った声で電話。胸を張って「大丈夫です!!」といえる状況&分量(-_-;)ではなかったのだけど、いつもお世話になっているんで、お請けしました。



幸い、マーケとか営業とかの仕事ではなくて ― この辺の仕事で急ぎだとロクなものがない…社内資料とかね ― 普通の操作説明書だったから楽勝ペースで進められました。が、しかし、ライターの方もかなり焦って書いたようで、ライターのメモ("More detail"とか"ask dev"とか)が残っているだけでなく、あちらこちらに「?」な記述が…たとえば、前の操作で作成したファイルが、次の操作では名前が変わっていたり、見出しでコピーするといってたのに操作では移動してたり…いつものとおり、コメントファイルに書き出していっしょに納品しましたけどね。英語の方の間違いが"おおもと"にちゃんと伝わるのかしらと思いつつ…



昔、もう15年以上前の話ですけど、ソフトウェア会社で似たような仕事をしていたときに、日米同時に同じソフトウェアを発売するって頑張っていた頃も、アメリカから送られてきたヘルプやマニュアルの原稿もこんな感じでしたけど…日本語化するに当たって、日本でその内容をチェックするみたいな感じで…間違いを見つけると、「間違ってたよ~」って報告するの。日本側としては「おめぇらの方が人数多いし、英語もわかるんだから、チェックしてから渡せよな」と思っていたんだけど、同時に「翻訳に時間がかかるから早く出してね」っていう気持ちもあるし…なんたって、ソフトウェア開発と並行してドキュメントを作っていますから、それこそ朝令暮改で…開発中にソフトウェアの仕様が変わって、前に訳したファイルがまったく使えなくなるなんてのもざらでしたから…



よく私のブログに出てくる「翻訳支援ツール」というのはこーゆーときに役立つのです。バージョン1の原文と訳文を1対1でデータベースに登録しておくと、バージョン2が出たときにその原文をデータベースに登録されている原文と比較して、変わっていないものにはデータベースの訳文を自動的にあてはめて、変わっているものについてはツールのユーザー(翻訳者)に翻訳を促す…文芸では絶対にありえないことです。よく、「翻訳支援ツール」と「翻訳ソフトウェア」をごっちゃにされる方がいらっしゃいますが、翻訳支援ツールは翻訳はしてくれません…今のところ。これから翻訳もする支援ツールをつくろうって話があるらしいが…うーん、どぉなんでしょう…



私が会社にいた頃はまだそのようなツールはなくて、せいぜい、バージョン管理をしてくれるツールだけでしたから、前のバージョンと新しいバージョンのDIFF(difference)をとって、その部分の翻訳を前のバージョンの翻訳に挿入するみたいな感じで…まあ、地味な仕事でしたね。私には向いていたのかもしれないけど。



あれから長い年月がたちましたが、やっていることは変わりませんねぇ…ま、こちらの意見がきちんと伝わっているかどうかという心配の種は増えましたけど…

TalkMaster Slim 《その3》…ファイルをPCに取り込んでみる

たびたび書いているCyberBuzzで、先日、書いたICプレイヤーの最新型、"ポケットに入るLL教室"『TalkMaster Slim』のモニターに当選しました。1月19日に発売されています♪その1はこちら、その2はこちら
さて、1週間録音しましたので、データファイルをPCに取り込んでみることにしました。まずはドライバのインストールかな…とマニュアルを見たら…いきなり、"USBケーブルでPCに接続する"と書いてある…仕様が変わったのかな?とさらに読み進めると、どうやら、プラグアンドプレイになったようだ。すごい!!



TalkMaster Slimは大容量デバイスとして接続されます。だから、その後の操作は普段、USBなどのメモリやCDからファイルを取り込むときの操作と同じ。必要なファイルをクリックして、目的の場所にコピーするだけ。不要になったファイルは選択して削除するだけ。以上。簡単。また、旧型では「I199_0820.RVF」とか「I067_1353.RVF」とか、録音開始時間以外はなにもわからないファイル名だったのだけど、新しいTalkMasterでは「080125_0820AI0693_02004.MP3」と、録音日、時間、周波数までわかるようになっています。また、予約ごとにフォルダにまとめられるので、整理も簡単。たとえば、私が聞いているラジオ中国語講座は予約番号が2なので、「予約2」というフォルダの下に入っていますから、このフォルダをPCにドラッグするだけでおしまい。これまではディレクトリ構造がフラットだったんで、Ctrlキーを押しながら数個おきにクリックして選択しなければならなかったんで大変だったんですよぉ~マウス嫌いの私には。

さらに、旧型ではファイルの更新日時がPCに取り込んだ日時になったため、ファイルの整理を後日にまとめてしたりすると、録音内容を聞かないといつのものかわからないという、ずぼらな人間には不向きな仕様だったのですが、新型は録音日時が更新日時になっている♪すごい~!! で、ファイル形式はいきなり「MP3」じゃない~あぁぁ…



【旧型を知らない方に補足…余計なお世話?】旧型のTalkMasterでは特殊なソフトウェアをインストール、起動してからTalkMasterとPCを接続して、ファイルを取り込まなければならなかったのです。で、なぜか、私のPCではこのソフトを一度閉じてしまうと二度と開かない…というか、起動中にハングするという不具合がありまして…ソフトウェアはちゃんと最新版にアップグレードしてました。製造元のHPを見てもそのような不具合の報告はなかったので、たぶん私のPCが悪いのだと思います。なんせ、いろいろなソフトウェアがごちゃごちゃ入っているもんで。というわけで、ファイル転送のたびに、つまり、1週間に一度、このソフトウェアをいったんアンインストールし、インストールしなおして起動するという作業をしていました(私はマシンフレンドリー♪)。

加えて、前にも書きましたが、取り込んだファイルの形式が特殊だったので、小鳥のiPodに転送するには、ファイル形式の変換が必要なのに一発でMP3に変換できなかったため、TalkMasterの形式→Windows Media Playerの形式→MP3と…とにかく手間がかかったのです。




…はぁ…これ、モニターだから返さないといけないのよねぇ…どうしようぉぉぉ…旧型がまだ使えるってのがネックですね。



次は単語帳機能ってのを使ってみようと思います。なので《続く》

簡単で美味い

とある有名ブログのこのエントリを読んでいたら、どうしても作りたくなってしまった水炊き。リンクをたどって、レシピを見ると、多少時間はかかるが手はかからないということがわかったので、何かと忙しい日曜日の夕飯に作ってみた。



結論としては美味かった♪レシピの手順3にあった「余熱の効果」を試す時間はなかったけど十分。あと、肉の量は半分でも3人なら問題なかったです。ま、これはうちの鍋が普段から野菜中心で、肉はあまり入れないからかもしれませんので、食べ盛りの男の子を抱えるご家庭では参考になさらないように。また、うちでは白菜が山ほどあったので白菜を使いましたが、キャベツの方がよかったかもしれません。今度試します。



もっとも、スープの味は、前に書いたシャトルシェフで作った鶏肉のスープとほぼ同じなのですが…ネギとショウガが入っていない分、すっきりした味わいだったかと。省エネのため、今度はシャトルシェフでスープを作って鍋にしてみようかとも思います。ただ、洗いものが増えるよねぇ…鶏の脂って意外にしつこいんだよなぁ…

金曜日にそれも…

金曜日の夕方、昨年の1月にクローズしたと関係者に連絡したアドレスにとあるメールが来ていたことに気付いた。



…||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン||||||||||||||||



"源泉徴収票を送ります。問題がある場合は28日までにご連絡ください"…28日って…今度の月曜日じゃん!! 月曜納品の仕事があるのに~ひぇ~



この経理のおねえさん、最近入社したかなんかの新顔なのだけど、このアドレスに送ってくるのは3度目なんだよなぁ…最初に間違えたときに、アドレスの訂正をお願いしたんだけど…前任の方はちゃんと正しいアドレスを使ってくれてたのに、どこをどう間違って引継ぎしたんだろう…翻訳コーディネータの方は新しい人でもちゃんと正しいアドレスにメールを送ってくれるから、会社のデータベースの情報が古いとは思えないけど…まったく、急に言われても…困るよねぇ…



と、自分がきちんと帳簿を整理していれば何も問題はないということを棚に上げて忘れてしまっている私です。週末に紙の整理とともに頑張ります。(´Д`)ハァ…

紙が増えてきた…

ポストをのぞいたら幅8mmの輪ゴムでとめられた封書の束が入っていた。年賀状のシーズンは終わったのに…はい、そうです。支払い調書(源泉徴収票ってヤツ)やら各種領収書やらです。ここんとこ、毎日、いろいろやってきます。何かの区切りなのか銀行からも日に2~3通。私のだけじゃないんですけどね、とにかく毎日封書が届く。



あのうざいツールを使いながら、わけのわからん英文のお守りをするだけでもしんどいのに、この紙の束、どうしよう?読んで捨てていいものではない―最も長居した場合、3月15日まではウチにいる―のだよ。とにかく、まず、意味を持った集団に分けて、日付順に整理して、かすかにつけてある帳簿と比べて…あああああ…考えただけでもいやになる。



すみませんね、毎年、毎年。この時期になると花粉症予報と確定申告のお知らせはお祓いして追い出してやりたくなりますです、ハイ。



こーんなに苦労しながら税金払ってるのだから、無駄遣いはやめてくださいねぇ~とかなり感情を抑えながら紙の山に目を遣る私でありました…いっそ、焼いてしまおうか…×( ̄^  ̄ )ダメー ×( ̄-  ̄ )ダメーーーーー

今日のお仕事から…

Immersive Visualization System

没入型ビジュアライゼーション・システム

◆ユーザが、あたかも自分がその環境の中にいるように感じることができる高度な可視化システム

英辞郎の訳


ふーん。



私が訳していたのはテレビ会議システムなんだけど…まあ、仮想的な会議室で世界各地に散らばる人々とまるで膝を突き合わせているかのようにミーティングができるシステムってことで…それは「Immersive Visualization System」のおかげなんだと。Second Lifeなんかも没入型のサイトなんだろうなぁ…もっとも、個人的にはあのカクカクしたグラフィックにはちーとも没入できないんですけどね。

ぼつにゅう ―にふ 0 【没入】

(名)スル

(1)すっかり沈み入ること。「黒暗(くらやみ)の水の中に―して/露団々(露伴)」

(2)没頭すること。もつにゅう。「研究に―する」

三省堂「大辞林 第二版」より


ついでにもひとつ…
midway

【名】 催し物会場、催し会場
形容詞としての"midway"を調べていたときに気付いた定義。なんで?と思って調べたらすんなりとヒット。

midway

Function: noun

Etymology: Midway (Plaisance), Chicago, site of the amusement section of the Columbian Exposition 1893

Date: 1893

: an avenue at a fair, carnival, or amusement park for concessions and amusements
ふーん。ちなみに、ファスナーが初めて世に現れたのはコロンビア博覧会なんだって。



こんなことをやっているのは仕事に集中できないからです。あ、さっきの会議システムとは別の仕事ね。原文はどの国の人が書いているんだろう…微妙に聞きなれない表現ばかり出てきて…没入型の仕事ではありません。(´Д`)ハァ…。

気温3℃、朝から冷たい雪が降っています…

…というのに…さきほど、こんなメールが届きました。
さいたま市あんしんメール 防犯情報(○○区)‏

2008年01月23日13時25分、防犯情報(○○区)が発表されました。

▼発表内容【変質者】本日午前8時20分頃、○○区○○の霊園付近で、下半身を露出した男が、自転車で登校途中の女生徒を追いかけたもの。男は、30~35歳、小太り、茶髪。不審者・変質者に遭遇、目撃した場合は、110番通報をお願いします。(犯罪情報官NEWS)


…風邪ひきますよ…



それから、女子生徒も自転車で登校しないようにね。朝から雨が降ってたんだから…あ、それとも男が自転車で追いかけたの?読点の位置から言っても自転車に乗ってたのは女子生徒だよね…



これはさいたま市から配信されるメール(要登録)で、気象情報のほか、2~3日に一度は変質者だの、空き巣狙いだの、ひったくりだのの情報が届けられましてね…なのに「あんしんメール」ってタイトルは変ではないかと思うんですけど…

コネタ:労働意欲をそぐ誤変換

私の入力している文章が特殊なんだと思いますが…だだだぁっと入力して、ふっと見直したときにこーゆー変換をされていると気分が萎え萎えになります。



■かくだいずです → 書く大豆です (拡大図です)

     飲む大豆ってのもありましたね…



■はっこうごのすくりぷと → 発酵後のスクリプト (発行後のスクリプト)

     糸引いてます…



■ていたいいきはば → 手痛い域幅 (低帯域幅)

     まだ「停滞域幅」の方がわかる気がするんですが…



■たいいきはばりそーす → 帯域は罵詈ソース (帯域幅リソース)

     罵詈ソースってのはどんなもんでしょ?



■こいみどり → 鯉みどり (濃い緑)

     広島出身の演歌歌手?



■こきゃくまんぞくどの → 顧客満足殿 (顧客満足度の)

     お客様は神様です



■てんぼうです → テンボウドウゾ(*_ _)/⊂●⊃です (展望です)

     いや、これは私も悪いんですが…こーゆーときだけ学習するな、IME!!



■たんしゅくだいあるりすと → 短宿題あるリスト (短縮ダイアルリスト)

     だって、dialは「ダイアル」と訳せって指示があったんだもん!!個人的には「ダイヤル」が好き



■これくしょんないのあいてむすうが → コレクション内の相手無数が (コレクション内のアイテム数が)

     かかってこい!!



■ぴすとるのれんしゃおん⇒ピストル暖簾謝恩 (ピストルの連射音)

     爆。ちなみに、ゲームのスクリプトのト書きです。



ここからは仕事ではないところでの誤変換。仕事とプライベートの区別をつけた変換をしていただきたいところです。



■きわめてきけんながいちゅうです。→ 極めて危険な外注です。 (…害虫…)

     8月12日のブログの入力中の誤変換。私のことかな?



■がんばたいかしま → ガンバ退化島 (ガンバ対鹿島)

     ガンバサポの方すみません。他意はありません。



失礼しました…

TalkMaster Slim 《その2》…予約してみる

たびたび書いているCyberBuzzで、先日、書いたICプレイヤーの最新型、"ポケットに入るLL教室"『TalkMaster Slim』のモニターに当選しました。1月19日に発売されています♪その1はこちら
昨日、届きまして…まずはマニュアルを読んで充電しました。私は寝る前にセットして充電しましたので正確な時間はわかりませんが、マニュアルによると空の状態から4~5時間かかるそうです。なので、買ったらすぐに使えるわけではありませんので、4月の新講座開始から使おうと思っている方はご注意ください。←左が旧型、右が新型。



使用を開始する前には、充電の他、日付・時刻合わせとラジオ局の設定をしなければなりません。日付・時刻合わせの方法は予約機能の付いている電子機器での設定とだいたい同じです。そんなに問題なし。ラジオ局の設定は [地域設定] というメニューで自分の住んでいる地域(全国42か所・私は"東京圏")を選択するだけで、その地域に応じてあらかじめ設定されている周波数が自動的に登録されます。簡単。



また、時計には自動時刻修正機能が付いていて、ラジオの時報を受信し、自動的に時刻を合わせてしてくれるそうです。旧型のTalkMasterはけっこう時計の進みが早くて、たまに時刻合わせをしないと番組の最後が切れていることがあったのですが、その心配はなくなりました。



さて、次は予約です。旧型のTalkMasterと決定的に違うのはディスプレイのサイズと表示される情報の量。旧型では基本的に時計の時刻合わせと同じようなインタフェースで、ラジオ局を設定、曜日、開始時刻、終了時刻を1画面ずつ設定しなければならないから確認がしづらい。途中で間違えたとわかっても、いったん、最後の画面まで言ってから、もう一度その予約番号を呼び出して修正… 加えて、予約できる曜日が各曜日1日のみ、月~土、毎日の3モードしかなかったので、たとえば、小鳥にはある言語の「入門編」、つまり月~木の分だけを録音してと頼まれていたのですが、そうすると、予約設定を4曜日分しなければならず管理が大変になるので、月~土で録音し、応用編は削除するというメモリスペース+電力の無駄をしておりました。さらにさらに、こちらは電池でしたので、気が付くと切れていて録音されていなかった…ってこともありましたので、本番の録音は朝一番の講座、予備に午後の再放送を予約しておいたのですが、予約のオン、オフ機能というのがなかったので、気をつけていないと、1日に2回録音されてしまう日があったりして…こちらもメモリと電力の浪費…



TalkMaster Slimではこれらの問題がすべて解決されていました。予約は確定するまで画面をスクロールしながら何度でも修正できます。曜日はチェックボックス式で選択できるので、月~木のみの予約も可能。月、水、金とか、土日だけの予約もできます。万が一、録音し損ねた場合の予備予約のオン、オフもできます。おそらく、ユーザーからの意見をすいあげたんでしょうねぇ(死ぬほど使いづらい社内向け翻訳支援ツールを使っている某社に見習って欲しいです)~技術が進歩したというのもあるだろうし。



マニュアルは基本編と応用編に分かれていて、ここまで書いた操作と、録音した番組の再生および不要になったデータの削除は基本編だけ読めばできます。機能が増えた分、メニューが増えましたから、多少操作が複雑になって、どのボタンを押したら、どうなるんだっけってのに慣れるまでにはかなり時間がかかりそうです(年なんで(^▽^;)が、まあ、なんとかなるでしょう。



さて、1週間使ってみて、上手くできるようだったら、モニター期間中に旧型を修理してもらおうっと。《その3に続く

嫌いなものは嫌い

私、ある特定の翻訳支援ツールが大嫌いで、そのツールを使った仕事は極力避けているのですが…やはり、戸籍上の年齢から言うと"大人"ですから、Susie、これ嫌いだもん、嫌だもんとだだをこねて済ませられないこともありまして…ここんとこ、そのツールと格闘しています。



まあ、翻訳支援ツールってぇのは多かれ少なかれ、翻訳者にとっては論理的な思考の邪魔になるものなんですけどね…詳しい説明は省きますが、ほとんどのツールで、意味のある文章の集まりの全体を見ながらの作業ではなく、ピリオドからピリオドまでの一文ずつ、それもHTMLのタグやら変数やらの入ったパズルのような文章を訳すことになります。頭が柔軟なら苦もなくできるんでしょうけど、最近、寒くて脳みそまでかじかんでおりまして。



それでも、ある程度、使っていればそのツールのクセに慣れてなんとかなるものなのですが、最初に言ったこのツールはどーもだめでね…もう、2年以上使っていて、その間、まったく使い勝手は変えられていないってのに…ってか、使い勝手が改善されていないから慣れることができないんだよね。たぶん、開発した人は実際にこのツールを使って翻訳作業をしたことがないのではないかなと思ってます。市販されているものではなく"社内"ツールだから、何があっても使ってもらえるわけで、「開発したが売れない→理由を考える(調べる)→使いづらいのだ気付く」ってことがないんだろうねぇ…下請けの下請けみたいな立場の私のようなものが文句をいったところで、果たして大元まで届くのかどうか…



とにかく、いったん、翻訳したら、おいそれとは原文を参照できなくなってしまうというのはなんとかしていただきたいと思います。ま、ディスプレイの大きなPCを使って、ツールの他に原文のWordファイルなり、PDFなりを参照しながら作業すればよいといわれればそれまでですけどね。



しょーがないから仕事しよぉっと…(´Д`)ハァ…

うほっ♪《TalkMaster Slimのモニター当選♪》

たびたび書いているCyberBuzzで、先日、書いたICプレイヤーの最新型モニターに当選しました。私が持っているのはTalkMaster、買おうかどうか思案していたのはTalkMaster IIで、今回のモニターさせていただくのはそれよりも新しいもの、"ポケットに入るLL教室"『TalkMaster Slim』です。1月19日発売だって。今日じゃん。



私が現在使っている旧型のTalkMasterはAM・FMラジオの番組を予約録音できます。内蔵メモリは小さいけど、SDカードが使えるので問題なし。当然、ポッドキャストをダウンロードして聞くこともできます。だから、長距離通勤・通学をしているくせにラジオの聞けないiPod(小鳥)やFMしか聞けないNetworkWalkman(旦那)にこだわるやつらの気持ちがわからない…もしものときにどうやって情報を仕入れるんじゃ…



これよりも2世代上位の機種ですから…どんなになっているかな。今から楽しみです。もっとも、モニターなので期間終了後は返さないといけないのですが、買うかどうかを判断する前に実際に使えるってのはいいですね。

こちらに続く》


こたつの周りは…

こたつの周りはものがたまる…私は一日の大半をこたつで過ごしているしね…紙の資料はどうしても手元に置きたいしね…さらに、特に今年は寒いので、うちの唯一の暖房器具であるこたつには家族全員が集まってくるから…



これからあの確定申告の季節が来ます。どうなることやら…

コネタ:言語・方言変換サイト

もんじろうβ - 言語・方言変換サイトってのを見つけて遊んでみました。今までも「方言」変換サイトはいろいろあって、ここでも何回かいじってみてましたが、こちらは「武士語」とか「ギャル語」とかお遊びテイスト満載で楽しいっす。私のお気に入りは「死語」、小鳥は「2ちゃん風味」がツボにはまったようでした。



たとえば、上の文章をそのまま武士語変換すると、
もんじろうβ - 云語・方云変換さいとってのを見つけて遊んでみましたでござる。今まなれど「方云」変換さいと御意ろゐろあって、ここなれど何回かゐじってみてましたでござるが、こちらは「武士語」とか「ギャる語」とかお遊びていすと満載で楽しゐっす。それがしのお気に入りは「死語」、小鳥は「弐氏風味」がつボにはまったでござるようでござった。
ギャル語変換すると
もωι″зぅβ - 言言吾・方言変才奐廾ィ├っτy@を見⊃レナτぇ方字ωτ″ゐまιナニ。今まτ″も「方言」変才奐廾ィ├レよレヽзレヽзぁっτ、⊇⊇τ″もイ可回ヵゝレヽι″っτゐτまιナニヵヾ、⊇ちらレよ「武士言吾」ー⊂ヵゝ「≠″ャ」レ言吾」ー⊂ヵゝぉぇ方字ひ″〒ィス├満載τ″楽ιレヽっす。禾厶y@ぉ気レニ入丶)レよ「歹ヒ言吾」、ノ丨ヽ鳥レよ「zちゃω風ロ未」ヵヾ/朮″レニレよまっナニょぅτ″ιナニ。

…文字化けではありません。



これで遊んでいるうちに自分の文章は「死語」+「2ちゃん風味」だということに気付いてorz←これがいけない…



変換サイトには、ニュース、謝罪文、ラブレターなど例文が用意されてますので、変換して遊んでみてください。

不調ですっ!!

不調というわりに元気がいいといわないでくだされ。年末年始休みが明けてから、自分がやりたいことと、私の世話を必要とする人・ワンコの都合がうまくかみ合わなくて、空回りしているんです。それだけのこと。こっちが「お、仕事が乗ってきたぞ♪」とか思うと時計はもう「夕飯の支度の時間」をさしていたりするって感じ?あと○ワードだから○分で終わるなってときにワンコが膝に上ってきて「散歩」の催促するとかそんな感じかも…



小鳥は中学・高校の入試で学校が休みだったり、短縮だったりするし、旦那は旦那で出張だのディナーだのあるしで、とにかく、リズムが元に戻るまではまだまだ時間がかかりそうです。



…って思っているときにラジオから流れる「青色申告会」のCMはプレッシャー以外の何者でもありませんぜ…またあのヤな季節がやってくる…

_| ̄|○

[この内容で書き込む]ボタンをクリックすると同時に、あ、バックアップとらなかったって気付いたんだけど…遅かった…また勝手にログアウトしてやがった…この前は[戻る]ボタンで救われたんだけど、今回はだめだった…仕様を安定させてくださいよ…



書き直す気にはなれません…『潜水服は蝶の夢を見る - goo 映画』という映画とその原作『The Diving-Bell and the Butterfly (Stranger Than...)』についての話題だったということで…



仕事しろってことですね…

何もしなかった日

洗濯とか食事のしたくとかそーゆーどうしてもしなければならないこと(私でなくてもできることだが)以外、取り立てて何もせずに1日が終わってしまった。したいことはあったんだけどね、どうも人口密度が高くてね。



まあ、週の大半をワンコと二人きりで過ごしているわけだから、たまには人口密度が高くてもいいのだけど、それが連続すると…やはり、連休はツライわぁ~

便利なんだか不便なんだか…

今日はちょっと時間があるので、これまでに録りためておいたラジオ語学講座のデータファイルを一気に変換。いえ、私のではありません。小鳥の。私は録音に使っているICレコーダーでそのまま聞けますが、このレコーダーの録音データ形式はレコーダー固有のものなので、小鳥のiPodで直接聞くことはできないのです。このため、録音データ形式→WAV形式→MP3形式という2段階の変換処理が必要なのですが、このレコーダーはiPodがこんなに普及する前のものなので、WAVファイルへの変換以外はサポートしていなくて。加えて、録音データからWAVへは一括変換ができない=ファイルを1つずつ選んでメニューからコマンドを選択してという作業をしなければならないため、ついつい後で時間のあるときに…となってしまうのでした。今日できることは昨日する(汗)というのがモットーの私でも、眠くなる作業はついつい後回しにしてしまうのよね…



まあ、小鳥がゲームをするのを眺め、左手で膝上のワンコをなでなでしながら右手だけでできるのはこんなことくらいしかありませんが。



ほんとは、私は今のICプレイヤーを新型に買い換えようと思ってたんですけどね。古いほうを小鳥にあげて。そうすれば、こんなデータ変換なんて手間はかからないのだけど…iPodをもらっちゃったんだからしょーがない。ラジオの入らないプレイヤーを持ち歩いていても、緊急時には何の役にも立たないじゃないか!!ってのが私の主張なんですが(長距離通学をしていますから心配です)…おそらく、かなりの少数派の意見だろうと…



ただ、このICプレイヤー、最新型の3代くらい前のもので、未だに乾電池式、ディスプレイも内蔵メモリも小さい… ついでに、不具合があって修復対象になっている… 買い換える理由は山ほどありますが、それでも正常に何事もなく動いてますから… 私みたいなヤツが日本の消費拡大の障害になっているんだろうなぁ…

エゴグラム性格診断

kajimamaさんがブログでHiromixさんのブログで見つけた…と引用していた(ややこしいにゃo(^・x・^)o ミャァ♪)エゴグラム性格診断』ってのをやってみました。以下、大笑いの結果。
このタイプのアナタは・・、理想が高すぎて、いつも欲求不満!

このタイプになったアナタの特徴

  ・ひがむ

  ・物事を曲げて解釈し、ひねくれる

  ・理想が高い

  ・忍耐力や根性はある

  ・他人と比較して自分を買いかぶりがち ←これは当たってないと思う…と思うところが「買いかぶり」といわれる所以だろうか?

  ・気に入らない人にも調子をあわせる ←これも違うな…

  ・ネガティブだ

  ・グチが多い

  ・心から楽しめることがほとんどない

  ・不満と妥協の綱引きが延々と続く

  ・他人のちょっとした欠点が鼻につく

  ・人を信じられない

  ・自分も他人も愛せない

  ・いつも悪い予感に付きまとわれている

  ・シラケる

  ・コツコツした仕事が合っている
はい、私はこんな人です()。



この性格診断は性別を入力した後、表示される50個の質問に「はい」「いいえ」「どちらともつかない」のいずれかで答えるだけなんですが、"6000人に対する実験で90%以上の的中率が証明されている"そうです。1回やったあとで、結果をコピーし忘れてたため、もう一度最初からやり直したんですが、絶対に1回目と同じ答をしなかったと思う問題もあるのに、同じ結果が出た( ▽|||)。



kajimamaさんHiromixさんのブログにもそれぞれの結果が載っていますが、ブログから受ける印象とほぼ一致した結果が出ているのがおもしろいです。



お試しください♪

気持ち悪いなぁ…

今朝から右耳の奥で誰かがでんでん太鼓を振り回している。簡単に言えば耳鳴りがしているんだけど不快。以前から、右耳はたまに深いな音を立ててくれてるんだけど、今日は特にひどい。右耳の下も痛いし…イライラ



調べたら、耳鳴りの原因はストレスってのが多いんだけど、今はそれほど仕事は詰まってなくて、ストレスがないっていったらウソになるけど、体が壊れるほどの圧力はかかってない気がするけどなぁ…



これって、やっぱり、症状が出ているときに受診しないといけないのかしら…今すぐ耳鼻科に行くのは無理なんだけどなぁ~めまいのときにかかったのは「症状が一番ひどいときに来い」なんて、症状が一番ひどいときは目も開けられない人にへーきでいう医者だったなぁ…大学病院だから患者を客とも思っていなかったんだろうケド…



まあ、最近、ある特定の高さの音が聞こえづらくなってるし、事故で傷つけたほうの耳だから、耳鳴りが収まったとしても一度、耳鼻科にいっておこうっと。

最初に覚えたことが最後まで残る

送られてきたファイルを解凍してフォルダを開いたら、だらだらだらとファイルが出てきた。あらら、いくつあるのかしら…え?300個超えてる…なのにログが付いてない。クライアントさんに確認すると、最初から付いていなかったということ。はぁ…



この仕事で使うツールはファイルの解析ができないんだよなぁ…まあ、仕事自体は全部新規なので、解析しなくても発注書に書いてあるワード数=仕事量だから、仕事時間の見積はそれだけでできるんですけどね。でも、どのファイルを処理したかを記録するためにファイルのリストが必要なんだよな(なんたってマヌケなので…飛ばして処理せずに納品したら困るし)…こういうとき、Windowsにはディレクトリの内容をテキストに出力するためのコマンドあったっけ…って思って調べると、フリーウェアなど要するにWindowsのオリジナルではないツールしか検索にひっかからないのですが…あるんですか?ない場合はフリーウェアを使っても安全ですか?



などということを気楽に相談できる相手もおらず、かといって、今調べられるかといえばそんな暇もなく、暇のあるときにはそれを確認しておこうなんてことは頭の端にも浮かばず…コマンドプロンプトを開いてMS-DOSコマンドを使う私…情けない。でも、DOSコマンドでリストを作って、Excelで読み込むときに区切り位置を指定して…これが一番早い。



そぉいやこないだ多数のテキストファイルを処理するときもええい面倒だとDOSプロンプト開いてなんとかしたよなぁ…



やはり、最初に覚えたことが最後まで頭に残っているんですよね。小中学生のときに覚えた歌は今でも歌詞カードを見ずにフルコーラス歌えるし、高校時代の友達の家の電話番号はそらんじている。すでに結婚してそこには住んでいないってのに。でも、今の歌は覚えられないし、電話番号は携帯に覚えさせてるし、ってか、どちらも覚える気がないし。だから、こーんなにITが進歩しても新しいことを覚えるよりは、昔取った杵柄で…って。



なんか若い人には笑われそうですが…こーやって年をとってくるのだとしみじみしてしまう冬の午後でありました。

数字嫌い…

日本語だって100を超えた数字はアヤシイのに…中国語の話し言葉で数字を言うときの仕組みを聞いてびっくり。

■位が飛ぶときは零(ling)を入れる

  8033 - ba qian ling san shi san

  8003 - ba qian ling san

  8300 - ba qian san

最初の2つは日本語で言う「八千とんで三十三」とか「八千とんで三」というのと似ているといえば似てますが…最後のは何?「八千三」といったら「8003」じゃない…2番目の規則を知っていても間違えると思う。うん、絶対に間違える。万が一、中国で買い物をするようなことになったら絶対に筆談しよう。



私にとって、外国語の学習では結構数字がネックになってます。よく間違える。アメリカのカレッジでAccounting関係の授業をいろいろとりましたが、先生によって数字の言い方が違うんで、結局、先生がその値を板書するまで待ってたし(ま、これは私だけではなくて他の生徒も同様でしたが…母国語が英語ではない人が多かったんすよ)。フランス語もちょっとかじったけど、100までの数字を言うためにさえ、計算をしなければならないような恐怖に襲われて、ああ、会話は絶対にできないと投げ出したり。丸暗記すればといわれればそれまでですが、できれば苦労しません。



とはいえ、旦那を見ていると結局は「慣れ」なんだろうなと思います。家から会社支給の携帯で電話会議に参加している様子を聞いていると億単位の数字がぽんぽん会話に出てきてますからね…小鳥に笑われるのがいやでTOEICを避けているやつとは思えません(笑)。慣れが大事とわかっていても、家にいてPCに向かって仕事している私は慣れる前に日本語の数字がわからなくなってしまうのではないか…と。



まあ、とりあえず、1から10までちゃんと数えられるようになってから、その先を心配することにしましょう。

君のためなら千回でも

またラジオネタですが…今日の『コラムの花道』で聞いて、どうしても読みたくなった本です。
全世界800万人が涙に濡れた衝撃のデビュー長篇。マーク・フォースター監督映画の原作。



「君のためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。知恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。しかし12歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。許されざる仕打ちだった。だが26年を経て、1本の電話がわたしを償いの旅へと導く…。

※Amazonから、日本語版の商品の説明を引用しました
映画は来月日本公開だそうです。見ても読んでもいない私が説明しても説得力ないんで、詳しくは番組のポッドキャストを聞いてください。



映画のHPはこちら



ところで、上の本は「Movie tie-in」とあるけど、そうでないバージョンと内容は同じかしら?映画の内容に合わせて編集されているとかあるのかな?初版から時間が経過したり、映画化されたりすると、いろいろなバージョンが出ることがあるのでよく分からないです。日本語訳は早川文庫から『君のためなら千回でも』というタイトルで出ています。

休みすぎ…

休みすぎ…平常営業に戻らないといけないのに、なんか心身ともにぼやーっとしている。手のかかる連中が学校、会社に戻っていって気が抜けたのか、一日中、ぼーっとしているワンコをぼーっと見ているのがいけないのか…



12月分の請求書を書かないといけないし、確定申告もあるし、遅れ気味の和訳を軌道に乗せないといけないし、正月のストレスで引きこもりに戻りそうなワンコを刺激しないといけないし…なのに私が動けないぃ~



正月太り解消のためにも動きましょう。やれやれ。

嫌な宿題…

小鳥の冬休みの宿題の1つに書初めがある。課題はその年の目標。つまり、自由。よって手本なし。



ここだけの話だが、小鳥の通っていた小学校で「毛筆」の授業があったのは、3年生のとき週に一度だけ。1年は52週だけど、長期休みの期間やら行事やらあるからおそらく学習時間は40時間未満だったのではないかと。教えてくれたのは書道専門の先生だったけど、その先生が都合の悪いときは担任で、これがまたひどいもといどうしようもない専門外の先生で…とにかく書道の授業の初回、初めて習字をするという子供に新しい筆の下ろし方として小鳥曰く、「のりで固まった状態のまま墨汁につけて、すずりに押し付けてほぐせ」といったのだそうで…私、凍りつきましたわ…(ちなみに正しい筆の下ろし方はこちら



ま、こんな状態ですから、小鳥の書道歴は皆無に等しくて…中学でも今のところ書道の授業やってないみたいですから、単独で書初めの宿題をこなすのはほぼ不可能で…ああ、こんなときに書道教師であった実家の母が元気だったら…いや、元気なんですけどね、以前も書きましたが、病気で手が多少不自由になりまして…筆は持てないんですよ。私は気にしないで書けばいいと言っているんですが、自尊心が邪魔しているようです。



閑話休題。早い話、私が手伝わなければならないってことで。昨年よりも進歩していたのは習字の道具をどこに片付けたのか覚えていたことくらい(片付けたのは私だけど)。下敷きの使い方から筆の持ち方、とめ・はね・はらいをすべて解説しなおし。おまけに手本を書いてときたもんだ…この悪筆の私に…



何度も書いておりますが、私は元祖丸文字…というか、ガリ版文字というか字幕の文字というか…読みやすいとは言われますが、上手いといわれたことはない…自慢してどうする…



まあ、この辺は小鳥も心得ていますから、あまり細かいことは言ってこないので。小鳥にしてみれば、かーちゃんは習字が不得意で、細かいことを言わないとわかっているのがいいのではないかと。小鳥が選んできた「今年の目標」を半紙にとにかく書きまして、名前の見本まで書いて。あー、はずかしい。



小鳥は3枚書いて満足のいくものができたということでオシマイ。筆を持ってたのは合計約…20分?大山鳴動してネズミ1匹みたいな気分でした。やれやれ。来年もこの拷問があるのかしら…



で、小鳥が選んだ今年の目標は「明窓浄机」。クリックして意味を見て、笑ってください。私はこの目標の達成を切に願っております。



「窓」と「机」がすごく難しかったです…

年の初めの…

昨日からお仕事だった会社もあったようで…ってか、あったから、いろいろお仕事が入ってまいりました。今年も春から縁起がいいです、たぶん。考えてみれば、海外には2日からお仕事の国もあるわけですから、日本の会社が正月休み明けで出てくるのを待ちかねているところもあるわけでありまして… まあ、直に、海外からお仕事が来る可能性もあったのに、3日間、ゆっくりお休みできたのはよかったっす。



うちは親戚は少ないのですが、小鳥はそれなりにお年玉をいただきまして。お年玉袋をひとつずつ開きながら、ちゃんと、お小遣い帳をつけてたのですが…「"オトナ"ってなんだ?」…見ると、「大入」袋に入ったお年玉でありました…( ̄  ̄;) うーん…先が思いやられる…



例の「3000ワード/半日」のお仕事は無事に終わりました。どのくらい、加速処理したかをお察しください。で、別の会社の別の仕事に入ったのですが…こちらも7万ワード中、翻訳対象はその1割で…でも、使っているツール(こないだのとは別のもの)はたまに翻訳対象ではないところで処理を休んでしまうので、つきっきりでなければならないという…これって、"今年を占うお仕事"ぢゃないですよね?



まあ、小鳥は今日から部活ですし、旦那も自分の道楽に1日を費やしていてくれましたんで…朝5時おきの平常営業に戻るためのリハビリとしてはちょうどよかったかなということで。

あけましたか?そうですか

家の中も片付いていないし、仕事も(さすがに3が日は手をつけなかったけど)引き続きありますし、ラジオはいつものレギュラー番組をやってるし、今日と明日はゴミ置き場の掃除当番だし…てなわけで、年を取ると正月を迎えるってのはこんな感じかと思った次第です。



昨年もお越しいただきましてありがとうございました。今年もよろしくお願いします。もっとも、最近はお仕事に関してはあまり役に立つことは書いていませんが…



あ、洗濯止まった。干さなきゃ…
昨年からブランクになっている部分はメモをもとに埋めていきます。いろいろあったんだよぉ~

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR