使い方を間違ってる。

仕事中に見つけてしまった英語の歌詞を"日本語訳"してくれるサイト。これがすごい。仕事中に見つけたのは別のページなんだけど、わかりやすいし、ポールも来ていることだから、BeatlesのHey Judeのページをリンクしますね。

Beatles, The - Hey Jude翻訳

リンクを開くのが大変という方のために"日本語訳"の歌詞だけコピペしておきます。
ヘイ·ジュードは、それが悪いことはありません
悲しい歌を取り、それを改善する
あなたの心に彼女を聞かせすることを忘れないでください
次に、それを改善するために始めることができます

ヘイ·ジュードは、恐れることはありません
あなたが外出し、彼女を得るために行われました
あなたの皮膚の下に彼女を聞かせて分
次に、それを改善するために始める

そして、いつでもあなたは、痛み、ちょっとジュードは、ご遠慮を感じる
あなたの肩に世界を運ぶしないでください
よくあなたはそれをクール果たし馬鹿だということを知っているために
彼の世界は少し寒いことにより
nahのnahのnahのnahのnahのnahのnahのnahのnahの

ヘイ·ジュードは、私をがっかりさせないでください
あなたが彼女を発見した、今行くと彼女を得る
あなたの心に彼女を聞かせすることを忘れないでください
次に、それを改善するために始めることができます

だからそれを聞かせて、それをでてみましょう、ちょっとジュード、始まる
誰かが使用して実行するためにあなたが待っている
そして、あなたは、それだけであなただとちょっとジュードを知らない、あなたがやる
あなたが必要とする運動は、あなたの肩にある
うんnahのnahのnahのnahのnahのnahのnahのnahのnahの

ヘイ·ジュードは、それが悪いことはありません
悲しい歌を取り、それを改善する
あなたの皮膚の下に彼女を聞かせすることを忘れないでください
その後、あなたはそれを作ることから始めましょう
ああ、良い良い良い良い良い良い

nahのnahのnahのnahのnahのいや、いやいやいや、ちょっとジュード
nahのnahのnahのnahのnahのいや、いやいやいや、ちょっとジュード

: (長いので省略)

nahのnahのnahのnahのnahのnahの、いやいやいや、 hey Jude
Nah nah nah nah nah nah, nah nah nah, hey Jude (fade out)
まあ、何かつらいことがあった時に見ると笑えていいかもしれないけど…

おそらく、英語の歌詞を機械翻訳機に通して、その結果をただ貼り付けただけのサイトなのだと思いますが、こういうのが増えているというのが困りもの。ただ、漢字、ひらがな、カタカナで書いてあれば、日本語という認識なのかな。今日、ツイッターでちょいと話題になっていたこれみたいに。なにか機械翻訳を信用し過ぎているようですが、機械はあくまでも機械で、機械的にしか処理できません。だから、パターン化された操作マニュアルみたいなものならまあまだ読める日本語にできるけど、ちょっとでも詩的な表現とか入ってきたらもうだめ。例外やら間違いやらについては、現時点では人間が手を貸してあげなければ正しい方向にはいかない。

これがまだ英語から日本語だから、変な日本語だ、通用しないかもしれないとわかるけど、もし日本語から他の言語だったら…?日本語から「多言語に翻訳して発信」しているサイトを最近、よく見かけるようになりましたが、果たして、誰か内容をチェックしているんでしょうか?恐ろしいことになっているのではあるまいかと日本語への機械翻訳を見るたびに思うわけですよ。「機械で翻訳しているから間違っているかもしれないよ~」って言い訳は書いてありますけどね…
スポンサーサイト

Flowers for Algernon。

いつものようにKindle洋書のベスト100を見てたら有料版の1位が『アルジャーノンに花束を』の原書だった。テレビドラマが始まったからかな?

Flowers for AlgernonFlowers for Algernon
(2007/12/01)
Daniel Keyes

商品詳細を見る

私は多分、大学の時に翻訳版を読んでそのあとにすぐ原作読んだと思うんだけど…

もともとは原作をそのまま読みたいと思ってたんです。萩尾望都さんの『毛糸玉にじゃれないで』という漫画の中で中3受験生が(高校生になったら)「…やりたいことやるんだ クラブで走りまわったりあっちの本原語で読んだり…キースのアルジャーノンなんかさ……!わくわくするな」っていう場面がありまして、それで「キース」の「アルジャーノン」ってのがキーワードとして頭に残ってて。ただ、私は英語劣等生でしたんでね…実際に原書を読んだのは大学4年かそれ以降だったと思います。どちらかというと原書の方が好き。チャーリーの変化がよくわかるんですよ。ムスメは読みづらいと言っていたという記録が残っていますが…。

多少の専門用語は出てきますが全体的にはそれほど難しくないんで気軽に読めると思います。私も初めて読んだ時はTOEIC750点くらいでしたから。BGMはこちらで…と難波弘之の『アルジャーノンに花束を』のYouTube動画を貼ろうと思ったらなくなってる…?前はあったような気がしたんだけどなぁ…ではその代わりに同じアルバムに入っていた『夏への扉』で。楽曲としてはこちらの方が好きです。



興味。

Instagramで見つけたニューヨーク図書館の投稿。

Happy #bookfacefriday everyone! We are over the moon about this great #bookface of The Future is Japanese from @mnsulibrary.

The New York Public Libraryさん(@nypl)が投稿した写真 -



いやぁ、このままでは日本人に未来はないだろ…それにしてもこの本、気になる。

古い本なのかと思ったら意外に新しい本でした。で、SF。あ、だからこのタイトル…(殴)これは私向きかも。Kindle版もあるし。

The Future Is Japanese (English Edition)The Future Is Japanese (English Edition)
(2012/05/13)
Pat Cadigan, Toh EnJoe, Project Itoh

商品詳細を見る


同じタイトルの本が「和書」にあったんで見てみたら日本語版でした。

THE FUTURE IS JAPANESE (Jコレクション)THE FUTURE IS JAPANESE (Jコレクション)
(2012/07/20)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る

とりあえず日本語版の方を図書館に予約してみようかと思います。

ところで、「伊藤計劃」さんを英語表記すると「Project Itoh」なんですね…知らなかったの私だけ?

(^-^)Vカッタ。

Cincinnati Reds Debut Stadium Nursery for Mom-Baby Baseball Fans

シンシナティ・レッズが大リーグの球団で初めて球場に授乳室を設けたよってニュース。意外。アメリカにはなかったのね。

日本のRedsは埼玉スタジアムにずーっと前から授乳室や託児室を備えてますよ。もっとも、知り合いのサポはみなさん、子連れで参戦していますが。妊娠中も参戦してた人と、してなかった人では、応援に対する生まれてきた子供の反応が違うとかで、胎教を受けてなかった子は応援の声に驚いて泣きだしてしまうとか。うちのムスメも初めて参戦したとき(年長さん。場所は駒場でしたけど)は前に座っていたおねえさんたちが試合前はとても優しかったのに、試合が始まった途端、大声で応援(非常に控えめな表現です)し始めて、怖い…とびびってましたねぇ…w

どのようなスポーツでも普及させるには子どものころから実際に見てもらうのが大切と思うし、そのためにはいろいろなサービスを充実させる必要があると思うんですけどね。見てなきゃ実際にやらないし。ほんとはテレビの地上波で試合の最後から最後まで見られるのが一番いいと思うんだけどさっ。

そういえば、シンシナティ・レッズの授乳室はパンパースがスポンサーのようですが、埼スタはコンビの子会社のようだ…
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR