スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万歩計の洗濯(滝汗)。

先週の土曜日、ワンぽの最中に万歩計をつけたままトレーニングウェアを洗濯機にぶち込んでしまったことを思い出しました。そしてつぶやく。

「今、ワンぽ中なんだけど、もしかしたら、万歩計を洗濯しちゃったかもしれない…」

帰宅後、洗濯機をのぞき、ウェアのポケットを見ると…あ~やっぱり洗っちゃってた…こーゆーときに限ってうちのエンジニ屋はいない…

しおしおのパーで、PCに戻り、

「万歩計、お亡くなってました…乾かしてもダメですよね…(◞‸◟ㆀ)ショボン」

とつぶやくと、ベテランのエンジニヤさんたちから天の助けが…

「ダメ元で、分解して水洗いし、よく乾燥させてみましょう。部品次第では生き返るかも・・。」

「電池を外して、急いで乾かしてみてください。生き返る可能性はあります。」


急いで工具箱からドライバーを取り出して、電池を外し、

「電池外しました~ドライヤーかけちゃいけないんですよね?」

とつぶやくと…

「ドライヤーは部品が反る可能性があるので、今は止めましょう。何か、エアブロワーがあれば、それで隙間の水を吹き飛ばしてみてください。あとは自然乾燥で。」

「内部をよく見て、多分、水が付いているところがあるでしょうから、吹き飛ばして、時間をかけて(天日で)乾燥させてはどうでしょうか。ドライヤーは避けた方が無難ですが、高温にならなければOK。」


乾燥させるためにさらに分解しようかと思ったら、基盤を止めているネジの頭が一番小さなプラスドライバーよりもさらに小さくて、無理やりやると頭をつぶしてしまう…そうしたら旦那でも修復できなくなるんで旦那が返ってくるまで待ちました。

さて、洗濯から約3時間30分後、ようやく帰宅した旦那、一番小さなマイナスドライバーでさっさと分解。さすが若いころ、アメリカ横断修復の旅を何度も繰り返しただけのことはあります。
内蓋と基板の間には細いゴムが入っていました。これで水の侵入はある程度、防げたと思われますが、上の写真にも写っているように、液晶とカバーの間に水滴が入っていましたから、念のため、基盤を水洗いして干しました。

そして夕方、旦那が基盤にドライヤーの冷風をあてて完全に乾かし、組み立て直して、万歩計は無事復活。今も元気で動いております。

さてまとめると…

万歩計を洗ってしまったら、あわてず騒がず、電池を外して、分解し、基盤を洗って、日陰で乾かして組み立てれば生き返ると。

もっともこれを何回も繰り返したらダメとは思いますが…

あと、何かあったらツイッターで呟いてみると誰かが助けてくれる♪

検索すれば答えが出てくるものもありますが、リアルタイムで疑問に答えてもらえるのは嬉しいし、支えになるものです。

ほんと、ありがとうございました m(_ _ )m
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。