すいとん鍋。

ちょいとTVつけたら「すいとん鍋」ってのをやってた。

「すいとん」というのは小麦粉を水でどろどろに練ったやつをスープで煮た汁もの。私の母親世代には戦争中、米がなかった時の代用食のイメージが強い料理。私が子どもの頃、たまーに作っては、「昔のすいとんはこんな真っ白じゃなくて、こんなにおいしくなくて…」って必ず言ってた。母の友人の中には「すいとん」なんて見たくもない、聞きたくもないって人がいたんだけど、そーゆーのをTVの料理番組でふつーにやるようになったってことは…(。-`ω-)ンー まあ、そういうことかなと。

私が子どもの頃にTVでやってた戦争がらみのドラマはどれも怖くて恐ろしくて見てたら夢に出てきそうなものだったんだけど、いつの間にか変わった感じ。そういえば、とある朝の連ドラについて「戦争中にあんなきれいな手ぬぐいを持っていた人はいなかった。現実的ではない」って投書が新聞に載ってたの覚えているな。だんだん作り手が戦争から遠い世代になっているからかもしれないけど。その投書から30年以上経った今の戦争映画って…どうなんだろね。見ないからよくわからんが。その辺の変化をまとめたら卒論の1本も書けるんじゃないかと思ってしまう文学部卒です。

永井豪の『真夜中の戦士』みたいな感じになってきてやしないかと思うわけでした(ん、ちょっと外れたかな…ま、いいや)。

真夜中の戦士 (KCフェニックス)真夜中の戦士 (KCフェニックス)
(1997/05)
永井 豪

商品詳細を見る


てか、これ続編が出てたんだ~知らなかった~あ~どうしよぉ~筒井御大の『年間ベストSF集成』で読んだきりだ~気になるぅ~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪






RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR