スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X-Ray。

さっきまで無料だったんですが、今見たら有料に戻ってました… 『ドラゴン・タトゥーの女』の原書ですよ~面白いですよ~登場人物多すぎて大変だけどw

The Girl With the Dragon Tattoo (Millennium Series Book 1) (English Edition)

昔から登場人物の多い小説は苦手でして。名前とか関係とか覚えるのが大変。家系図とか相関図とか作らないでも読める人が羨ましいと思っているザルの脳みそです。そういえば、一度、何かの推理小説で一生懸命家系図作りながら100ページくらい読みすすめたら、事件の概要や主要な人物が出尽くしたあたりで主人公の探偵が「まとめてみよう」とかいって家系図出してきたのにはがっかりしたな。

さて、KindleにはX-rayという機能があります。
X-Rayは、本の内容からキーワードやキーフレーズを拾い出したり、登場人物の情報を表示したりすることで、書籍の「骨格」をレントゲンのように映し出す機能です。
出典:Kindleヘルプ
読んでいるページに登場する人物や地名、物語のポイントとなる言葉などをまとめて表示してくれます。人によってはおせっかいな機能なんでしょうけど、私のようなザル頭には便利。『Under the Dome』で初めてお世話になったときには感動したですよ。

モノクロのKindleだとこんな感じですが
fc2blog_2015080516380173c.jpg

iPod touch(第3世代)だとこんな感じ。名前の隣にある帯の青い部分はその人が登場している部分を表しています。つまり、主人公のMichaelさんはほとんど出ずっぱりなんですな。
kindle.png

iPad miniのKindleアプリで「用語」を表示するとこんな感じですね。『Under the Dome』を読んでた頃には「用語」のまとめはなかったな。Kindleアプリはけっこう頻繁にアップデートされますからねぇ~こういうところも変えているのね。
fc2blog_201508051729102cd.jpg

もちろん、電子書籍側がこの機能に対応していなければ使えませんので念のため。余計なお世話かもしれないですが、コマ切れの時間にちょこちょこと読書している、それも英語だったりするとなかなか進まないし、忘れちゃう~という私には便利な機能です。はい。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Susie

Author:Susie
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
いつでも里親募集中♪




RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。